人気ブログランキング |

タグ:Sigma 18-200 DC OS ( 4 ) タグの人気記事

世界に出ようよ!なんて簡単に言えない。

e0110461_13483127.jpg

僕たち家族が住んでいる家は、人口80万の大都市の中心街にほど近い場所にある。
築30年以上の古い家だが、部屋数も多いし子供たちが自転車で走り回るぐらいの庭もある。
そして、この家には前オーナーの人生と想いがつまっている。

この家を買ったのは、日系一世のご夫婦との出会いから始まる。

我が家の前オーナーでもあるご主人の話だ。
日系企業(サンパウロ駐在)の人事部長としてブラジルに赴任してきたが、当時のブラジルは超インフレで不況真っ只中、会社はしばらくして日本へと撤退した。
「役員待遇で迎えるから日本へ帰って来い」
日本の本社は再三帰国をうながしたが、「僕は骨をうずめるつもりでブラジルに来た」「ブラジル人の首を切って自分だけのうのうと役員になれるか!」と帰国の要請を断り、ブラジルに住む決意をしたという。

ご主人はすでに40代。しかも、この時すでに奥さんのおなかの中には7番目の子供がいた。
しかも、ご主人は若い頃から体が弱く、寝たきりになったことさえある。
さて、この立場でどれだけの人が管理職の立場を捨てて途上国で一から人生を始められるだろうか?

前オーナー夫婦は退職金でクルマを買い、僕たちが今すんでいる街に引っ越してきた。
最初に始めた仕事は、朝市で仕事をする人たち向けに飲み物と食事を提供する小さな屋台。
Kombi(バン)に食器や食材、コンロなどを積み、野菜の朝市(青空市)が始まる朝5時から店を開けた。
当時小学生だった長男や長女は冬の凍える中、冷水でコップを洗い、家族を支えた。
仕事が終われば学校に通い、学校から帰れば仕込みの手伝いをした。
「パパィ、コップを洗う水は冷たかったけど本当にいい思い出だよ」、子供たちは笑ってあの頃を振り返るという。

それから25年近くの月日が過ぎた。

彼の子供たちは、脳外科医、弁護士など社会の中ですばらしい成功を収めている。
ある息子さんなどは、日本企業のトップからのたっての頼みで入社、ブラジル進出に欠かせない人材として活躍している。

ある日、そのご主人に「新しい家を建てるので、できればあなたにこの家を買って欲しい」といわれた。
25年近く、夫婦と子供7人の家族が一緒になって住み、人生を刻んできた家だ。
値切ることなく二つ返事した。苦労と運勢が染み込んだ家を値切ることは本心が許さなかった。

世界には多くの日本人が生きる場所を求めて根付いている。
その日本人達の多くは、日本人としてのアイデンティティをしっかり持ち、子供たちも国際感覚豊かだ。
しかし今までの所、日本という国はこれらの日本人を日本人として、日本に必要な人材として認めていない節がある。
実にもったいないことだ。もったいない、なんて言葉を世界ではやらせようとしている割にはね。
フランスなどは、フランス国民というだけで、フランス国外(海外)では上流師弟が通うフランス政府運営の学校に無料で通うことができる。
その気になれば、優秀な子弟は義務教育から大学まで無料だ。

海外で活躍する有名人の物語はいくらでも日本で報道されている。
海外で活躍する!でも、全て自己責任でね!?

それじゃ、世界に出ようよ!なんて簡単に若い人達に言えないと思うんだよ。おぢさんは!
ちなみに、世界に出るというもう一つの解は、その国で生きて生活しその国を愛することだよ。そこから自分のルーツと未来も見えるんだ。
せめて、開拓精神を受け継ぐ2世をサポートする体制ぐらいは作ろうよ。長い目で見れば安い投資だと思うよ。

ね、鳩山さん(笑
by Pombo_Brasil | 2009-09-04 12:35 | スナップ・ブラジル

葉きり蟻

e0110461_21515519.jpg

ブラジルの「葉切り蟻」。体長一センチ弱。
ブラジルの郊外を歩く時には気をつけないといけないことがある。蟻の巣を踏まないことだ。
へたに蟻の巣を踏んだまま撮影していると、恐ろしいことになる。
想像してほしい、何百匹もの蟻があなたの足に群がって噛みついている様子を。
痛みは想像を超え、あまりの痛みとかゆみに気が狂いそうになる(笑)。

アルコールと「ムヒ」、虫除けスプレーは常備品。

P:撮影とレタッチ、接写は素人だから許して(笑)。
この写真は新藤先生の月例展でも見られますが、葉の色を強調しようとしてレタッチやりすぎたー。

ま、いっか。
by Pombo_Brasil | 2009-07-20 22:01 | 新藤先生・月例展

イジメ(いじめ)に負けるな!

さて、僕が珍しく子供達の写真と話題を出したのにはわけがある。次女が「いじめ」にあっているのだ。
海外にもいじめはある。むしろ米国やブラジルでは日本より暴力的だ。
e0110461_14283369.jpg

NY在住時代、クイーンズ地区で中国人大家が住む一軒家の地下室に住んでいたことがある。
金がなかったのだ。地下室にベニヤ板一枚で部屋をしきって密入国の中国人達と一緒に生活していた。
家賃は月150ドル。ワンルームのアパートが700ドルぐらいしていた時代の話。
その大家の子供達が、毎日のように黒人や白人の学生達からいじめられて帰ってきていた。
“あざ”や“擦り傷”などはいいほうで、血を流して帰ってくることも。
「このままだと命にかかわる」ということで、大家家族はその後、子供のためにニュージャージーへ引っ越した。

ブラジルでもいじめはいくらでもある(もちろん良い公立学校もある)。
サンパウロに住む知人は、どうしてもお金の工面がつかずに息子2人を3カ月ほど公立へ入れた。
その3カ月、子供達は毎日にようにあざを作って帰ってきた。
学校のいじめっ子の一人が家のすぐ近くに住んでいたのだが、その両親が子供を感情的に叩く人だったらしい。
「いじめないでほしい」と相手の両親と子供に言ってもダメだ。
モンスターペアレンツとモンスターチャイルドには倫理や道徳は通じない。
いじめられたらやりかえす、もしくは「力」を見せるしかない。

ただし、世の中には心やさしくてどうしようもない子だっている。
我が家の次女がそのケースだ。僕には分かる・・・・・
家庭を持ったり守る対象が出来て初めて、周りの環境に抗う力や勇気を得る人もいる。

次女のケースは、私立で「いじめ」というのは少ないのだが、その少ないケースに当たってしまったわけだ。
次女が「学校に行きたくない」と言い始めたので、色々と学校の話などを聞いていたのだが、
そのうちに「数人の男の子にバカにされる」というような話が出てきた。
そして、昨日は学校で数人の男のに追いまわされたうえで、蹴りを入れられたりはがいじめにされた。
学校へクルマで迎えに行くと、次女がなきじゃくっていた。

「許せん!!!」、マグマが爆発していじめっ子をとっつかまえて怒鳴りつけてしまった。
担任や主任がすでにいなかったので、週明けに学校へ怒鳴り込む(いやいやお話です)つもり。
いじめは、100%いじめっ子といじめっ子の親が悪い。
いじめられるほうにも問題がある?冗談じゃない、グローバルスタンダードはいじめっ子に問題ありだ!

対処は色々ある。大手の歴史ある私立学校なのでその辺はきっちり対処できるようになっている。
まず、最初は担任に説明した上で、いじめっ子にちゃんと次女に対してあやまらせる。
その次は、いじめっ子か次女のクラスを変えてもらう。
いじめっ子とその親にカウンセリングを受けさせるのも当然。学校付のカウンセラーがいる。
それでもダメなら、いじめの証拠を集めた上で弁護士から書類を出させる。大体はこれで、学校は本気になっていじめに対応する。
ま、証拠なんか集めなくても弁護士つれていってちょっと脅せば・・・・というのは実際に友人が使った裏ワザ。弁護士は交渉事のプロなのだ。

子供を守るのは親の努め。どこまでも守ってやるから安心しな!
ついでにいじめっ子、容赦しないしどこまでも追い込んでやるからな!いじめっ子の人権は反省してから考えてやる。
by Pombo_Brasil | 2009-02-22 14:28 | スナップ・ブラジル

長距離バスの友

4年ぶりに音楽プレーヤーを新調した。iriverの「E100」だ。
e0110461_1094386.jpg

通勤も必要なければ、車の中で音楽も聴かない人なので、音楽プレーヤーには無頓着だった。
ところが、昨年から撮影旅行などで12時間以上の長距離バスに乗ることが増えた。
苦痛の長距離バスの旅・・・動画と音楽が楽しめるバスの友は欠かせない。
最初はiPodを買うつもりだったのだが・・・・安かったのだ「iriver E100」。
簡易ライティングセットなどをアメリカのB&Hに発注するついでに見つけた価格が59ドル。
一緒に買った580EX2は2灯で740ドル・・・べらぼうに安い。
サンニッパまでポチしそうになったが、今年から子供3人を私学に送るのだ・・・トホホ。

さて、持ち運びができる簡易ライティングセットは以前からほしかったものの一つ。ブラジルで非常に高い。日本の倍以上はするかも。

アメリカなどのスポーツカメラマンはウエディング、ポートレートなどなんでもこなす。ライティングも上手い。
スポーツイラストレイテッドのカメラマンがメキシコのプロレス取材に大量のライティング機材を持ち込んでいるビデオを見て、「これは勉強しないと駄目だ」と思っていた。
もう一つ、ブラジリアで撮影を共にしたアメリカの編集者が、「ライティングを使いこなせるほうが仕事の幅が増えるよ」と助言してくれたことも大きい。
言い換えれば「あんた、まだまだだよ」と言われていることなのだが(苦笑)。

今回、B&Hや日本のカメラ店に発注した機材等はかなりの量・・・・。
もちろん、抱えて持って帰るのは日本へ一時帰国していたママィだ(笑)。
子供3人が一緒だから、税関もよほどのことがなければフリーパス・・・のはず。
海外取材をよくされるプロの方なら分かると思うが、国によってはカルネをしっかり書かないと本当に危ない。とんでもない税金を取られることもある。

そうそう、iriverを買ってはまったことがある。今更ながらのYou Tube(笑)。
四国の田舎高校でスティーリー・ダンやプリンスを聞いていたませガキだったので元々音楽は好きなのだ。
でも、今日のつぼは、「コロッケのものマネ特集」。
You Tubeを見ながら、コロッケの「五木ひろし」や「サブちゃん」にママィと二人して死ぬほど笑ってしまった。

PS:ちなみに、iriverの「E100」は僕は気に入ってますが、初心者にはまったくお勧めできません。
なんだかんだで、iPodが一番。不満も後悔もないと思いますよ。
by Pombo_Brasil | 2009-01-24 10:54 | その他