人気ブログランキング |

タグ:580EX2 ( 5 ) タグの人気記事

カズさんの長男がブラジルに、サントスと言えばネイマール!

e0110461_12192334.jpg

三浦知良選手のご長男がブラジルを訪問されているという。
カズさんのご長男が、近い将来、ブラジルのチームに本格的に留学すれば、ブラジルサッカーにもっと関心が集まるのだけど・・・と夢を見てみる。

そして、カズさんと言えば、僕にはカズさんがプレーした、ブラジル・セリエAの「サントスFC」が頭に浮かぶ。
そのサントスは、これまでに「王様ペレ」など多くの選手を輩出してきたが、現在の顔はなんといってもこの人。

ネイマール!

日本では、どうしても欧州で活躍する選手に目が行ってしまうのだけど、
ブラジルでのネイマールの人気は、これはもうブラジルに来てみなければ分からない。
僕の長男がブラジルの小学校に通っているが、ネイマールは子供達のアイドルそのもの。

ちなみに、この写真は「ブラジル全国選手権表彰式2012」のイベント会場内で撮影した。
ブラジル全国選手権表彰式の様子は今後紹介するとして、実はこの写真、僕とネイマールの一対一で撮影したものだ。
イベント終了後に、ハイヤー待ちをしていた彼を偶然捕まえた。
当然、彼の周りには何人ものセキュリティが張り付いているので、セキュリティを通じて話を通してもらい、撮影の許可を得る。

いやぁ、これが超一流選手のオーラかと本当に思いました。
まず、存在感が半端じゃない。それになんていうか、実にリラックスしているんです。
気負いがない・・・とでも言えば良いんでしょうか。

で、撮影。
設定もなにも頭の中がぶっとんでしまって、プレッシャーを感じている余裕もない(笑)。
他にも色々と撮影をさせていただいたけど、ブログではここまで。

ブラジル全国選手権表彰式は、日本でもなかなか紹介されないものだと思うので、後ほどゆっくりと記事にしたいと思っています。

サッカーユニフォーム 【2013モデル】 ◆サントスFC ホーム ◆ネイマール 背番号11 ◆レプリカサッカーユニフォーム ◆大人用 M
by Pombo_Brasil | 2013-04-02 12:43 | その他

機材用ローラー自作。

e0110461_106449.jpg

サントスFCのネイマールとガンソがヨーロッパに移籍してしまう前に彼らを撮りたい。ナイターなので全機材出動だ。
そうなると、機材が持ち運べるローラーケース(キャリーバッグ)が欲しい。
ところが、ブラジル国内で機内持ち込みができるサイズとなるとなかなかいいのがないのだ(日本よりサイズの制限が厳しい)。
LoweProもThinktankもサイズ的に微妙だし、おまけに異常に高い。

「では自作してみるか」ということで、日本で数千円で買ったキャリーバッグに厚めのウレタンを全面に埋め込む。
かなり使い込んでいるキャリーバッグだけど、このぐらい古いほうが目立たなくて盗難防止にもいい。

「できたー」。工作費「0円」。

サンニッパをフードとカメラを付けた状態で、そのまま収納可能。これが欲しかった。
もちろん、ブラジル国内便の機内持ち込みサイズ。

サンニッパの右は頂きもののジッツオ1脚(なんとフランス時代のもの)。
使ってびっくり。使いやすいし、ブレにくい。

ついでに、2台目の7D(EOS7D)も日本から到着。
サブカメラのEOS 40Dと縦グリ、使っていないシグマのテレコンを知人のブラジル人に売却して購入費用に宛てる。
ほとんど追金無しで2台目の7Dを獲得。

ええ感じです。
by Pombo_Brasil | 2011-08-25 10:21 | 機材ネタ

オトコの生き様

まず、最初に東日本大震災で亡くなられた方々に心からの追悼の意を表明すると同時に、
被災地でご苦労されている、また現地で支援活動等に尽力されている方々に心からのエールを送らせていただきます。

ということで、超久々のブログ記事更新です。

e0110461_23165799.jpg

随分前になるが、ブラジル柔術の伝説の鉄人こと「ヒクソン・グレーシー」のインタビュー記事を読んで感銘を受けてしまった。
当該のインタビュー記事はこちら

「まずは最高の自分になること。そうすれば人のために何かができる。そして、最終的に自分という枠を超えて、人の役に立てるようになればいい。誰の役にも立たない人生なんて意味がない。自分のことしか考えず、人のためには指一本動かさない人間はただの自分勝手だ。しかし、人を助けるために自分の力を蓄えるのなら、それは立派な行動だ。だから自分を優先させる」(ヒクソン・グレーシー)。

このインタビュー部分だけでは、誤解しかねないので、是非インタビュー記事全文を読んでみてほしい。
ヒクソンが伝えようとしていることが、うっすらと分かってくると思う。ま、反発する人もいるわな。

個人がしっかりと立ち、幸せへの垣根が低い社会。
今までの常識や人生、家族、会社、社会への関わり方、色々な物が違って見えてくるはずだ。

プライドやメンツ、オトコなら誰もが抱く数多くの欲望。
誰だって、金も地位も、美人の彼女、最後にはケチな名誉だって欲しい。
「現代の日本人はしゃぼん玉の中で生きているかのようだ」(ヒクソン・グレーシー)。
そんなオトコでも、持って生まれたサガにしがみつきながら生きている。

そんなものを飲み込んでしまい、猛々しい、それでいて優しいオトコの世界を勝ち得てみたい。
プロサッカーを身近で撮影していると、何故かそういう世界に引き込まれていく自分を感じる。
そして、そんな世界に関わることは決して嫌いじゃない。

J選抜vs日本代表のチャリティーマッチ。44歳でドラマのようなゴールを決めたカズさん、本当にすごいよ。
カッコいいよ、最高。

近況:
現在、ブラジル選手権参加チームのフォトグラファーとして、シーズン通しで写真撮影の仕事を請け負っています。
現在は州選手権のまっただ中、7月は決勝リーグで9月からはブラジル選手権が始まります。
ということでコパ・アメリカの撮影旅行は日程的に無理。日本代表の勇姿は、2013年のコンフェデ杯で撮影することにしましょう。
できれば、同郷の長友選手の写真を撮影して、日本に今度帰った時に地元の子供達に見せてあげたかったんですけどね。
長友選手、地元の子供達のヒーローなんですよ。
で、仕事の写真は、ほとんどが州内の各メディア配信用なので、撮影はチームの広報という視点からやっています。
責任はあるけど、こういう撮影好きなんですよ。マス向けの仕事は評価されてなんぼだしね、
それと、メディア学科受講中のサブカメラマンに現場での写真撮影などを教えている最中で、これもなかなか楽しい。

ちょっと今年は「エキサイト」かもよ。

写真左の監督は元ブラジル代表のミランジーニャ。1974年のドイツW杯で活躍、日本にも来たことがある。
サンパウロの名門コリンチャンスの現役顧問です。
写真右の選手はセンターフォワード。試合前半の仕事ぶりが最低で、鬼のように怒られた後で励まされている所(笑)。
彼、怒られた後なのでちょっと引いています(爆)。
by Pombo_Brasil | 2011-03-30 23:17 | サッカー・プロ

第2回、沖縄県西原町出身者の集い(移民祭) Part2 本編

やっとのことで朝9時頃にタイラさんのシャカラに着く。
e0110461_1038396.jpg

僕が着いた時にはすでに実行委員の方々が準備を始めていた。
e0110461_10174267.jpg

e0110461_1094195.jpg

真ん中に写っているのがタイラさん、この農場の持ち主だ。
e0110461_1013790.jpg

数百人規模の小さな移民祭だが、地元の企業や政治家が後援・協賛を行っている。
地元で一番大きなチェーン系スーパーの協賛を示すバナー。会場入り口にかける。
e0110461_10142188.jpg

e0110461_10272653.jpg

何本もの釣り竿を用意している係りの方。何の準備かは、そのうち分かる。
e0110461_1010417.jpg

昼食のメインはシュラスコ、膨大な肉の量に見えるが、ちょっとしたパーティーだと普通の量だ。
e0110461_10244756.jpg

早速味見が始まる。僕もお相伴に預かることに・・・美味い!いい肉(ロース・フィレ)使ってる!!!!
e0110461_10265545.jpg

会場の入り口で来場者を待つタイラさん。
タイラさんは連邦大学(国立大学)に籍を置いていた元経済学者。6年前に仕事を引退してこの農場を買った。
購入時、土地は荒れ放題で建物さえなかった、自分の手で農地を切り開き、建材を運びこんで家を建てた。
土をいじることが大好きで、今の生活がとても楽しいと本当にうれしそうに語る。
週末は州都にある家で過ごし(日曜日は教会の礼拝がある)、平日を農場で過ごすそうだ。
e0110461_10335747.jpg

「(農場に咲く)花までもがこの日を祝ってくれているね」。タイラさんが僕に語りかける。
数十年の時を経て、地球の裏にある小さな街を同じ郷土としてゆかりある人達が集う。
e0110461_11361024.jpg

西原町ゆかりの人達が次々と到着しはじめる。
e0110461_11103799.jpg

e0110461_11111796.jpg

e0110461_11125972.jpg

e0110461_11135841.jpg

e0110461_11312075.jpg

e0110461_11373274.jpg

e0110461_1134289.jpg

e0110461_11324132.jpg

e0110461_11333133.jpg

e0110461_11344854.jpg

沖縄太鼓、エイサーを披露する若者達も到着。
e0110461_11154881.jpg

農場内にいくつかある池ではすでに釣りが始まっていた。この後、子供達の釣り大会がある。
e0110461_11502844.jpg

e0110461_1149938.jpg

e0110461_11505531.jpg

e0110461_11554045.jpg

僕がブラジルに惹かれた一番大きな理由が日系人をはじめとするブラジル人の笑顔だ。
e0110461_1157551.jpg

e0110461_115826100.jpg

e0110461_11585388.jpg

e0110461_11593234.jpg

e0110461_11595662.jpg

e0110461_120175.jpg

つづく
by Pombo_Brasil | 2009-11-18 10:21 | 日系ブラジル移民

「セレブ」なお誕生日会

次女(小学2年生)のクラスメートのお誕生日会がありました。
私立校なので、当然のことながらご両親は(超)リッチな方々が多いです。
うちですか?授業料払うのが精一杯です。教育係数むちゃくちゃです。クルマも家もボロです(涙)。

クラスメートの家に「プールやフットサルコートがある!」なんてことは慣れてますが、さすがに今回の誕生日パーティーは引きました(汗)。
誕生日会があったのは、市街にある高級レストラン兼パーティー会場。もちろん貸切です。
僕たちはクラスメートのご両親と親しい間柄でもないので、子供だけを預けてあとで迎えにきます。
(基本的なマナーとして、ご両親と近い親族・友人以外は会場に滞在することを遠慮します。もちろん、会場には子供を責任持ってケアするスタッフは何人もいます)。

誕生日パーティーの会場の入り口。テーマは「アラジン(ディズニー)」です。入り口からしてハイソな雰囲気。
次女のクラスメートはアラブ系です。ブラジルはアラブ系の移民が多いことでも有名。
「アラジン」のテーマもなるほど、うなづけます。
e0110461_13295429.jpg

軒先をくぐると、そこは「アラジン」の世界!Bem Bindo!!(ようそこ!!)
e0110461_13335012.jpg

ケーキを置く場所です。ここに主役の子供が立ち、みんなでお祝いします。
e0110461_13341561.jpg

会場の中はまるで遊園地です。この他にも各種ゲームや空気式のドームなどが・・・写真の奥には超シックな「大人向け」の食事コーナーが用意してあります。
e0110461_13343667.jpg

e0110461_1351146.jpg


学校の友達もたくさんいたので、長女と次女をまとめて預けてきましたが、それは楽しい一夜の夢(アラビアンナイト)だったそうです。
パーティーの途中ではアラジンにちなんだ寸劇やゲームなども盛りだくさん、おみやげも豪華の一言でした。

おっと忘れてた、〇〇君お誕生日おめでとう!
by Pombo_Brasil | 2009-09-12 13:44 | その他