人気ブログランキング |

タグ:スナップ ( 170 ) タグの人気記事

イジメ(いじめ)に負けるな!

さて、僕が珍しく子供達の写真と話題を出したのにはわけがある。次女が「いじめ」にあっているのだ。
海外にもいじめはある。むしろ米国やブラジルでは日本より暴力的だ。
e0110461_14283369.jpg

NY在住時代、クイーンズ地区で中国人大家が住む一軒家の地下室に住んでいたことがある。
金がなかったのだ。地下室にベニヤ板一枚で部屋をしきって密入国の中国人達と一緒に生活していた。
家賃は月150ドル。ワンルームのアパートが700ドルぐらいしていた時代の話。
その大家の子供達が、毎日のように黒人や白人の学生達からいじめられて帰ってきていた。
“あざ”や“擦り傷”などはいいほうで、血を流して帰ってくることも。
「このままだと命にかかわる」ということで、大家家族はその後、子供のためにニュージャージーへ引っ越した。

ブラジルでもいじめはいくらでもある(もちろん良い公立学校もある)。
サンパウロに住む知人は、どうしてもお金の工面がつかずに息子2人を3カ月ほど公立へ入れた。
その3カ月、子供達は毎日にようにあざを作って帰ってきた。
学校のいじめっ子の一人が家のすぐ近くに住んでいたのだが、その両親が子供を感情的に叩く人だったらしい。
「いじめないでほしい」と相手の両親と子供に言ってもダメだ。
モンスターペアレンツとモンスターチャイルドには倫理や道徳は通じない。
いじめられたらやりかえす、もしくは「力」を見せるしかない。

ただし、世の中には心やさしくてどうしようもない子だっている。
我が家の次女がそのケースだ。僕には分かる・・・・・
家庭を持ったり守る対象が出来て初めて、周りの環境に抗う力や勇気を得る人もいる。

次女のケースは、私立で「いじめ」というのは少ないのだが、その少ないケースに当たってしまったわけだ。
次女が「学校に行きたくない」と言い始めたので、色々と学校の話などを聞いていたのだが、
そのうちに「数人の男の子にバカにされる」というような話が出てきた。
そして、昨日は学校で数人の男のに追いまわされたうえで、蹴りを入れられたりはがいじめにされた。
学校へクルマで迎えに行くと、次女がなきじゃくっていた。

「許せん!!!」、マグマが爆発していじめっ子をとっつかまえて怒鳴りつけてしまった。
担任や主任がすでにいなかったので、週明けに学校へ怒鳴り込む(いやいやお話です)つもり。
いじめは、100%いじめっ子といじめっ子の親が悪い。
いじめられるほうにも問題がある?冗談じゃない、グローバルスタンダードはいじめっ子に問題ありだ!

対処は色々ある。大手の歴史ある私立学校なのでその辺はきっちり対処できるようになっている。
まず、最初は担任に説明した上で、いじめっ子にちゃんと次女に対してあやまらせる。
その次は、いじめっ子か次女のクラスを変えてもらう。
いじめっ子とその親にカウンセリングを受けさせるのも当然。学校付のカウンセラーがいる。
それでもダメなら、いじめの証拠を集めた上で弁護士から書類を出させる。大体はこれで、学校は本気になっていじめに対応する。
ま、証拠なんか集めなくても弁護士つれていってちょっと脅せば・・・・というのは実際に友人が使った裏ワザ。弁護士は交渉事のプロなのだ。

子供を守るのは親の努め。どこまでも守ってやるから安心しな!
ついでにいじめっ子、容赦しないしどこまでも追い込んでやるからな!いじめっ子の人権は反省してから考えてやる。
by Pombo_Brasil | 2009-02-22 14:28 | スナップ・ブラジル

ブラジルには関西人が似合う?

その昔、インドを放浪していたときに気づいたのが日本人旅行者の「関西人」の多さだ。
商売人の気質が強い関西人だからこそ、何事にも交渉が必要なインドに会うのかもしれないと当時は思った。
e0110461_861523.jpg

さて、中南米も実は関西人が会うのではないかと思っている。
とにかく、“これ”という値段がないものが多いし、相談事で役所に出かけてもとにかく交渉次第で事が進む。

細かい事ではパンク修理も胸先三寸。
「おっちゃん、これ修理するのいくらや」
ちょっと間が空いて、目がちらちらとこっちを見る(おーおー、値踏みしとるわ・・・)。
「うーん、ちょっと込み入った仕事やな(どこがや!)、これでどうや・・」と値段をふっかけてくる。
相場さえ分かっていれば簡単、相場の値段を言ってお互いに納得する値段で落ち着く。

で、いきなり話は変わるが、今日は、長女と次女、長男の学校(小学校と幼稚園)の値段交渉の日だ。
学校は市内でも有名な進学校。スポーツにも力を入れていて、フットサルではブラジル代表(女性)も出している。
幼稚園から大学(医学部まである)まで揃っていて、「勉強するならここ」という感じの学校。
午後3時に校長室に行くと、すでに4組の親御さんが待っていた。みな、学費交渉が目当て。
控え室の親御さん達が緊張しているのが分かる(笑)。

補足説明をするが、ブラジルでは私立学校が信じられないほどに多い。
公立学校のレベルがあまりにも低いためだ。
田舎に行けば「雨が降って傘がないから行けない」という理由で先生が学校に来ないこともある。
本当の話だ。
また、僕の知人には公立小学校へ子供を送っていたものの、校長先生に
「あなたの子供さんは良く勉強が出来ます。このまま公立学校に入れておくには忍びない」
「経済状況が大変なのも分かりますが、なんとかして私立学校に入れてあげてください」と言われた。
そんなこんなで、教育に熱心な親は、着るもの食べるものを削ってまでも子供を私立学校に入れる。

さて、20分ほど待ってやっと僕の番だ。
もちろん、身なりはそれなりに整えている。本気で良い学校を探しているという姿勢を見せるためだ。
校長「(白々しく)どのようなご用件でしょうか?」
僕 「いやぁ、子供の学校を探してましてね。いろいろ(な学校)と交渉しているところです」
僕 「学校を探しているのは、僕の子供3人と知人の子供3人、合わせて6人です」
(校長の顔付が変わったのを見逃さない・・・大口の客なのだ)
校長「そうですか、で、どちらの学校を交渉中ですか?(きたきた~)」
僕 「アップタウンの〇〇学校です、かなり良い条件をいただいています」
校長「え?そこの学校に今日の朝電話したら、もう定員オーバーで締め切ったという話ですよ」
僕 「(きたきた~~~~!)定員の件は大丈夫です、もう2週間も前から交渉していますから」

その後も話は続く、どこそこの学校はどうこう、教育方針が〇〇など・・・
お互いに化かしあいだ(笑)。

で、唐突に向こうが紙を出してきて条件を提示する。
校長「授業料の20%引きでいかがでしょう」
僕 「いや、30%は引いていただきたい」
校長「分かりました。25%引き、これ以上は無理です」
僕 「そうですか・・・・知人と相談してみます」

席を立とうとすると、
校長「最後のオファーです、入学金を割り引きします」
僕 「悪くないですね、考えておきます(よっしゃ!)」

ま、こんな感じでブラジルの楽しい日々は続く。
関西人なら願ってもない楽しい国ではないだろうかと思うのだが。
え?ステレオタイプで関西人を見るなって?失礼しました~
by Pombo_Brasil | 2009-01-28 08:06

エサ(餌)、別名を出血大サービスとも言う。

某一流企業を退職して国際ボランティアへの道を取った日本の若者がいる。
「学生時代に留学した中国で寒村を見たことが、僕の人生を変えた」
その一言が、僕の心に今でも突き刺さったままだ。
なぜか・・・僕にはそのような心の器がないからだ。
他人への思いやりを持ち、その想いで実際に人生を変えることができる心の持ち主に嫉妬する。
ま、僕はその程度の人間だ。

でも、これからも撮りたい写真を撮るし書きたいことを書く。だから当面はブログランキングもやらない。

ただし、たわ言ばかりでは「じゃあ、世界がどんなところか一発見てやろうか!」なんて気にもならないだろうと思う。

ということで!えーい、今日は出血大サービスだ!
e0110461_420194.jpg

南米に来ればこんなカワイコちゃんがたくさんいるぞ~!(金遣い荒いけど・・・)
日本人は金持ってるし、まじめだからモテルよ~(半分本当)。
結婚すれば永住できるし、子供はハーフだからかわいいぞ~。
でも、「貧乏でもいいわ、あなたと一緒なら」なんていってくれるカワイコちゃんは天然記念物なのでご注意を。
e0110461_325594.jpg

e0110461_334474.jpg

胸に目が行ってるうちは「ガキ」だと思う?!
by Pombo_Brasil | 2009-01-27 03:06 | その他

ノブレス・オブリージュ

e0110461_3484066.jpg

「ノブレス・オブリージュ」、社会的な地位には義務が伴うという言葉がある。
いわゆるところの「高貴なる義務・責任」というやつだ。

日本では、麻生総理大臣が公務を終えた後に、ホテルの高級バーに通っているのが話題になっているらしい。

「アホじゃないか」。
本当に幸せな国だね。

ひがみや妬みを売り物にする前に、自分がなにをできるか考えようよ。日本人。

写真は、カナダのジャスティン・トルドー議員。
カナダの多文化主義を築く礎となった伝説の故ピエール・トルドー首相の長男だ。

ジャスティン氏の環境・国際問題に関わるスピーチに聞きほれてしまった。
政治家のスピーチに聞きほれたのは、「CHANGE」(フジテレビ)のキムタク総理以来だ(笑)。
2世議員というところも何故かキムタク演じる「朝倉啓太」に重なる・・。

それにしても、ファインダーを覗いていても実に大きなオーラが伝わってくる。
こんな人物を撮影したのは生まれて始めてだ、ほんと。
思わず、マナブさんブログの「オーストラリア緑の党」のボブ・ブラウン党首を思い出した。
親の七光りもあるが、それ以上にピエール元首相が残した「血と魂(精神)」が長男から滲み出す。
ブラジルにはこういう政治家、なかなかいないねぇ・・・・・汗。日系議員ぐらいか。

「他人は関係ない。自分がどう生きるか、それが問題なんだ」。
ファインダーを覗きながら、本当にそう思った。
小人ボボちゃんもがんばろう!

おっと写真撮るのを忘れないようにしないと。
スピーチを聞きながら、人物に対するイメージを描く。後はそれをどう表現するかだ。
ジャスティン氏の場合は、まっすぐな姿勢(瞳)と芯が通った燐とした明るさが印象的だった。

ジャスティン議員は、弟さんをスキーの事故でなくしている。
その事故がきっかけで社会活動をはじめたとか。
明るく社交的な中に垣間見える"静かに燃える芯の強さ"。
悲しみが人を強くすることもあるのだろうかと、ふと思った。
by Pombo_Brasil | 2008-10-24 04:25 | スナップ・ブラジル

思案中

blog ranking(クリック)
e0110461_102507.jpg

ちょっと写真のことで思案中の案件あり・・・。思い切り悪いんだよね、オレ。
でも、遠いんだよな~~~(はぁぁぁ)、それに金どうしよ。
とりあえず、散歩しながら頭の中を整理中。

思い切りのよい人生なんてあるのか・笑 → 人気ブログランキングへ
by Pombo_Brasil | 2008-09-17 09:48 | サッカー・プロ

野球ファンと来年の話

blog ranking(クリック)
e0110461_10133096.jpg

e0110461_1014195.jpg

e0110461_10152673.jpg

e0110461_10163091.jpg

ブラジルの日系社会ではベースボール(Beisball)が盛んだ。
大きな日系社会がある街にはほとんどといってよいぐらい球場があるし、少年スクール、セミプロのチームもある。
サンパウロに行けば、素晴らしい球場にヤクルト・ベースボール・スクールもある。
将来は、間違いなくブラジル出身の野球選手が日本や大リーグで活躍するに違いない。

日曜日の午後、ブラジルの各都市の野球場には、日系人やブラジル人の野球ファンが集う。
真剣にボールを追う選手達に、野次を飛ばすおじさん達。ビールやマテ茶片手に人生を楽しむ。
こんなすばらしい空間があったのか・・・いやはや、サッカーに気をとられていた(苦笑)。

僕は野球大国(笑)の愛媛出身、野球が嫌いなわけがない。
少年時代は、学校から帰ればランドセルを投げ出して町内の友人達と空き地で野球。
ジャイアンツの帽子を被り、ファールボールを田んぼの中で泥まみれになって拾っていた。
運動オンチにも関わらず、「甲子園だ!」などと夢みていたっけ。

こりゃ、しばらくは野球撮らないとねぇ・・・・

さて、来年の話になるが、実は小さな農地(2ヘクタール)を買わないかという話が来ている。
ママィが実に乗り気(最近、知人の農場を手伝ったりして農業にはまっている・笑)。
政府の土地の払い下げなので(開墾済)、資金融資も税金控除もなんでも付いてくる。

僕も前向きに検討中なのだが、農地の場所が今住んでいる場所からクルマで数時間の所。
周りは、牧場やとうもろこし、大豆畑がどこまでも広がる大地。
日本の方から見れば、「地球の果て」かも知れない。
生活、仕事、住居、子供の教育、すべての環境が変わる。
さて、どうなることやら・・・・

来年の話は鬼が笑う。しかし、撮れるうちに写真を撮っておこうと思う。

ドラマみたいな人生だと自分でも思う。 → 人気ブログランキングへ
by Pombo_Brasil | 2008-09-16 10:42

まとめ買いならここだ!

blog ranking(クリック)

今日はこれからお買い物。町外れにある卸専門店に行ってきます。
ばら売りもしますが、箱・ケース単位が買うと安い。レジ紙は自分で買う必要があります。
ということで、レジ袋代わりにダンボール箱をクルマに積んで、では~~~
おっと、キャッシュをたくさん持っていかなくては・・・
e0110461_22344199.jpg

ん?本当に安いですよ。全般的には専門業者から仕入れるより安い。
コカコーラなんて、地元の販売・製造会社から直接買うより安いんだから。

やっぱり現金が一番だよね。人気ブログランキングへ
by Pombo_Brasil | 2008-09-02 22:36 | スナップ・ブラジル

主人を待つ

blog ranking(クリック)

街道脇の小さな飲食店で、アイスクリームを食べながらバスを待っていた。
主人を待っているのだろうか、一匹の犬が木陰で身動き一つせずにじっと座っていた。
e0110461_1204694.jpg

最近、何か動物を飼いたいという衝動が起きて困っている。

まあ、理由の一つはわかっている。フラストレーションだ。
我が家には3人の子供達がいる。小学3年の長女、1年の次女、4歳の長男だ。
上の2人は私立学校に通っている(これが高い・・・涙)。
実は、ここ1年ほど、妻と4人目の子供をどうするか悩み続けた。今も悩んでいる・・・ほんと。
「子供は宝」。そして子供にとって、兄弟は最高の贈り物だ。

我が家は、3人目が生まれたことを境に子供達の世界が一変した。
なにもないところから創造することを覚え、兄弟姉妹の中で人間関係を学ぶ。
おもちゃなど、最低限のもので大丈夫。彼らは遊びの天才だ。
2人と3人では、この世界がまったく違う。
事情は分からないでもないが、一人っ子はかわいそうだよ、お父さん、お母さん。
(もちろん、日本はいろんな意味で大変だろう)

ちなみに、我が家にはテレビゲームなどというものは影も形もない(ブラジルでは人気あるよ)。
その代わりといってはあれだが、学校では課外授業でバレエや体操をやっている。
運動神経がいい長女は、側転は自由自在だし、開脚もほぼ180度。初めて見た時は驚いた。
ブリッジや逆立ちなんてお茶の子さいさいだ。
(ちなみにボボちゃんは運動神経ゼロなのだ、ママィは体育の通信簿は5だったとか・・・)

話は戻る。
「もう1人いてもいいよね」。いつの頃からか、時折そんな言葉が口をついて出た。
子供にしても、兄弟姉妹が多いことは将来、大きな精神的な支えとなるだろう。
僕達は移住一世。はなから自分の人生を後世の為に犠牲にすることぐらいは覚悟しているが、
悲しいかな、健康と体力、経済力など自分達の器の大きさだけは簡単には変えられない。

子供3人、精一杯がんばって教育など人並み以上の環境を揃えることはできる。
だが、もうひとり、この国でそれなりのスタートラインに立てるだけの後押しをしてやれるか・・・
「子供は子供の人生を歩めばいいのだ」「なんとかなる」
この国では、そんな希望論は通じない(と思っている)。
そんな考えが通じるようなら、なぜ数十万人もの日系ブラジル人が日本へ出稼ぎに行くのだ。

犬、飼おうかな・・・でも、そんな弱い心の発露で飼われる犬もかわいそうだね。

子供達をワルテルに会わせてあげたいこの頃(苦笑)。人気ブログランキングへ
by Pombo_Brasil | 2008-08-31 01:46 | スナップ・ブラジル

想像力を掻き立てるような写真を

blog ranking(クリック)

さて、今日は写真の話。
e0110461_7251685.jpg

ニューヨーク在住時代の後半、2年間欠かさずに毎日続けた事がある。
クイーンズのアパートからマンハッタンの職場まで、地下鉄で往復2時間。
この時間をニューヨークタイムズ紙(NYタイムズ)を読むことに使った。
途中、クリスチャン・サイエンス・モニター紙を半年ほど購読したこともあったがさすがに両方買う金がなくて止めた。
独特な言い回しに文体、読みこなしが難しい新聞の一つだが、辞書を片手に読みまくった。

最初は半ページ読むのにも一時間以上かかった。
それでも、一年以上続けたある日、俗に言う大衆紙がすらすらと読めることに驚いた。
おかげで、いまだに発音と会話は超下手だが、英文を読むことだけは自信がある(笑)。

おっと、今日の話題はそんなことじゃない。

NYタイムズを読むうちに気づいたのが、ニュースや写真が持つストーリー性だ。
読者の想像・知的好奇心を掻き立てるような世界にのめりこんだ。
僕が、アメリカンスタイルのドキュメンタリー写真が好きなのは、この頃の影響が大きい。
(ま、好きだけど撮れないのは"腕ややる気がない"ということなので・苦笑)

話は変わって、
最近、ブラジル人フォトグラファーの写真をよく見るようになって大きなショックを受けている。
彼らが撮る写真はど下手か、天才のどちらかだ。
ど下手の写真などどうでもいいのだが、天才の撮る写真にはもうお手上げだ。

「これは、努力がどうのこうので追いつける世界じゃない」
しばらくの間、真剣に写真を止めようかと思ったほどだ(冗談)。

彼らが撮る写真は、ニュース、ウェディング、スポーツを問わず「アート」だ。
そして、美しいだけでなく、見るものの想像力を掻き立てるような世界観がある。
加えて、驚くのがそれらの写真が持つ「説得力」だ。
写真自体が持つ情報量は決して多くない。それなのに、見るものを納得させる「力」がある。
「写真」などという言葉に捉われているうちは絶対に撮れないと思うほどだ。

「こんな写真があったのか」
セバスチャン・サルガドはその最高峰の一つだろう。

観るものの想像力を掻き立てるような写真と文章。
僕が今後、挑戦しようと思っているものだ。

e0110461_726511.jpg

最近、いい写真撮ってないんだよね~(涙)。人気ブログランキングへ
by Pombo_Brasil | 2008-08-26 07:58

"GR-D"で気楽にスナップ。

blog ranking(クリック)

GRDが手に入ったことでブログ更新もはかどりそうです(笑)
ブラジル中西部・写真の旅、バスの車窓から見える典型的な光景をどうぞ。

バスを待つ時間に。
e0110461_1450195.jpg

車窓から見える看板がなんとなく気になって。
e0110461_14505829.jpg

「ミランダ川」という名前のスーパーマーケット。
ミランダ川はパンタナール湿原に流れ込む川の一つです。釣りでも有名。
赤土の中に突如表れる街。
e0110461_14511613.jpg

地平線まで続くトウモロコシ畑。
米国の不作でとうろもこしの価格が上がったらいきなりこれです。去年は大豆でした。
昨年、知人が大豆に手を出しましたが、借金抱えてあきらめました。
最低でも数千万円単位の「現金」がないと、とても勝負できない世界です。いや、億単位かな。
e0110461_14513542.jpg

お気楽スナップもいいかな?人気ブログランキングへ
by Pombo_Brasil | 2008-08-24 15:05