防塵防滴は必須なのだ。

blog ranking(クリック)
e0110461_1595979.jpg

舗装された幹線道路を抜ければ、そこは赤土の世界。
乾季になると、市街地に住んでいても、机の上に砂塵がつもる。

サッカーフィールド、風景・動物写真、全てが砂塵との闘いだ。
試合中に、EF35-350Lが砂を噛んでズームリングが重くなることもしばしば。

今後、ボディーとレンズを1系とL(できれば防塵)に全て移行する予定。
この光景見れば、その理由はわかるよね。

EF35-350Lの中は砂だらけです→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by Pombo_Brasil | 2008-03-16 15:01
<< 船着き場 カショーホ・ケンチ >>