ブラジルは雨季

blog ranking(クリック)
e0110461_037234.jpg

なんでもかんでもEF35-350Lで撮ってしまうのが僕の悪い癖。
EFs10-22とこの一本は、身体の一部になっているので、使いやすい。
性能が出る焦点距離や絞り、パープルフリンジなどの癖もよく分かっている。
パンタナールの写真などを撮り始めて、IS付のEF28-300L(EF100-400IS)に買い換えようとも思った。
ただし、最近では、しっかりした三脚を買ってレンズ性能を出し切るほうが先決だと思い始めている。
カメラもレンズも同じ、性能を出し切っていないうちに買い換えても、自分の為によくないと思う。
EOS 20DもRawで撮ればまだまだ使える。
ただし、EOS 40Dは別、資金はすでにあるのだ(笑)。(初期型1Dもサッカー用に・・・?)

「何が撮れるかを考える」。とある師匠の一言が、いつも心の中にある。

ブラジルの地方カメラマンは、キスデジでとんでもないブライダルフォトを撮る。
先日、知人のポートフォリオ(ブライダルフォト)を見て腰が抜けそうになった。
機材の代わりにアイデアを振り絞り、実力を蓄積する。どちらのほうが大切な財産か、明白だ。
e0110461_214542.jpg

e0110461_242470.jpg

ボボちゃんの物欲解放も見てみたい?うーん。 → 人気ブログランキングへ
[PR]
by Pombo_Brasil | 2008-02-13 00:34 | スナップ・ブラジル
<< 空中戦をものにする ブラジルサッカーをシンプルに >>