第2回、沖縄県西原町出身者の集い(移民祭) Part2 本編

やっとのことで朝9時頃にタイラさんのシャカラに着く。
e0110461_1038396.jpg

僕が着いた時にはすでに実行委員の方々が準備を始めていた。
e0110461_10174267.jpg

e0110461_1094195.jpg

真ん中に写っているのがタイラさん、この農場の持ち主だ。
e0110461_1013790.jpg

数百人規模の小さな移民祭だが、地元の企業や政治家が後援・協賛を行っている。
地元で一番大きなチェーン系スーパーの協賛を示すバナー。会場入り口にかける。
e0110461_10142188.jpg

e0110461_10272653.jpg

何本もの釣り竿を用意している係りの方。何の準備かは、そのうち分かる。
e0110461_1010417.jpg

昼食のメインはシュラスコ、膨大な肉の量に見えるが、ちょっとしたパーティーだと普通の量だ。
e0110461_10244756.jpg

早速味見が始まる。僕もお相伴に預かることに・・・美味い!いい肉(ロース・フィレ)使ってる!!!!
e0110461_10265545.jpg

会場の入り口で来場者を待つタイラさん。
タイラさんは連邦大学(国立大学)に籍を置いていた元経済学者。6年前に仕事を引退してこの農場を買った。
購入時、土地は荒れ放題で建物さえなかった、自分の手で農地を切り開き、建材を運びこんで家を建てた。
土をいじることが大好きで、今の生活がとても楽しいと本当にうれしそうに語る。
週末は州都にある家で過ごし(日曜日は教会の礼拝がある)、平日を農場で過ごすそうだ。
e0110461_10335747.jpg

「(農場に咲く)花までもがこの日を祝ってくれているね」。タイラさんが僕に語りかける。
数十年の時を経て、地球の裏にある小さな街を同じ郷土としてゆかりある人達が集う。
e0110461_11361024.jpg

西原町ゆかりの人達が次々と到着しはじめる。
e0110461_11103799.jpg

e0110461_11111796.jpg

e0110461_11125972.jpg

e0110461_11135841.jpg

e0110461_11312075.jpg

e0110461_11373274.jpg

e0110461_1134289.jpg

e0110461_11324132.jpg

e0110461_11333133.jpg

e0110461_11344854.jpg

沖縄太鼓、エイサーを披露する若者達も到着。
e0110461_11154881.jpg

農場内にいくつかある池ではすでに釣りが始まっていた。この後、子供達の釣り大会がある。
e0110461_11502844.jpg

e0110461_1149938.jpg

e0110461_11505531.jpg

e0110461_11554045.jpg

僕がブラジルに惹かれた一番大きな理由が日系人をはじめとするブラジル人の笑顔だ。
e0110461_1157551.jpg

e0110461_115826100.jpg

e0110461_11585388.jpg

e0110461_11593234.jpg

e0110461_11595662.jpg

e0110461_120175.jpg

つづく
[PR]
by Pombo_Brasil | 2009-11-18 10:21 | 日系ブラジル移民
<< 命・笑顔・信じる心 第2回、沖縄県西原町出身者の集... >>