タグ:ブラジル サッカー ( 180 ) タグの人気記事

レギュレーション

e0110461_535740.jpg

今年からサッカー協会の報道レギュレーションがかなり厳しくなり、撮影位置もほぼ固定されることになった。
各試合の48時間前に撮影許可の申請が必要だし、ビブス着用など全国リーグのレギュレーションに近い。
ま、今年からテレビの生中継が入ることになったので、色々と厳しくせざる負えないのだろう。

試合中の撮影位置はコーナーに近い一角のみ。
この位置からの撮影は、技術も大して求められないし、楽といえば楽。
センタリングやコーナーからのゴール前を抑えるのも比較的簡単だし、
(相対的に視線を動かす量が少なくなるから当然だよね)
サイドを駆け上がる選手も絵になる。

ただし、個人的にはゴールネット近くからの撮影が好きだ。
ゴール前でのチャンスを抑える難易度は上がるが、うまく行けば迫力が違う。

レギュレーション1つとっても、豊かになるブラジルを実感するこの頃です。
[PR]
by Pombo_Brasil | 2012-02-22 05:48 | サッカー・プロ

Esperança

e0110461_21414485.jpg


日本の知人の大切な”家族”が深刻な病気になったと聞いた。
今はとにかく「がんばれ!」とエールを届ける他はない。

がんばれ、ワルテル!
[PR]
by Pombo_Brasil | 2012-02-20 21:42 | サッカー・プロ

闘う者

e0110461_12275595.jpg

[PR]
by Pombo_Brasil | 2011-09-14 12:30 | サッカー・プロ

Web時代への対応 / 専門学校のスポンサー

e0110461_12422390.jpg

写真は中央にあるバナー広告のスポンサーからの依頼で撮影したもの。

「バナーを絡めた試合中の写真を10枚以上お願いします」

州選手権決勝トーナメントの試合開始直前、決定的瞬間を絶対に外せない状況で入ってきた依頼。
「おいおい、簡単に言うなよ・・・」と思いながらも笑顔で「了解です」と答える。
依頼主は、クラブドクターの知人で急成長している専門学校のオーナー。
スポーツ活動に理解があり、自分でもバスケットのアマチュアチームを持つ。
写真は、HPでの使用や教室内に飾るために使うのだという。

将来、ユニフォームのロゴスポンサーになるかも知れない顧客だ。

さて、ホームページやブログ等で使うとなると、横長の写真も必要になる。
どんな写真を撮るか、通常の外せない写真も考慮しながら考える。
外せないのは、バナー、選手、ボール、観客、動き、といった記号。
e0110461_12383146.jpg

できあがった写真を持って、オーナーの事務所を訪問する。
「うん、いいね。これとこれとこれ、全部で13枚。学校内に展示するから半切1枚と4切12枚よろしく」
「とりあえずこれ前金だから。よろしくね」

あれ、HP用は?データ必要ないの?
これじゃ、ブログ用の記事にならないんですけど・・・・まあ、いいか(笑)。
[PR]
by Pombo_Brasil | 2011-08-02 09:13 | 写真の話

共有

e0110461_0472765.jpg

[PR]
by Pombo_Brasil | 2011-08-02 00:47 | サッカー・プロ

転換点

e0110461_2150084.jpg

半年間、リザーブ(控え選手)に甘んじてきた選手(FW)。
ブラジル選手権でサンパウロ州1部リーグのクラブをホームに迎え、ここ一番の試合で先発の機会を得た。
試合相手は、普段からサントスやコリンチャンスといった強豪とサンパウロ州選手権を戦っているクラブだ。

サンパウロのクラブに所属する選手1人の給料が、地方クラブの丸々1チーム分の給料に相当。
それほどの差が、サンパウロ州1部リーグのクラブと地方のクラブにはある。

ところが、長らく控えとして辛酸をなめてきた選手が、前半と後半を合わせて2得点の大活躍。
2点目を決めた後、感情が爆発した。

夜のテレビニュースでは、「この試合は地方サッカーの転換点になる」とアナウンサーが語った。
チームと一緒に更なる上を目指して、選手にとっても転換点となる試合だった。
[PR]
by Pombo_Brasil | 2011-07-31 21:56 | サッカー・プロ

歩留まり / EF300 2.8L IS + EOS 40D

e0110461_9375310.jpg

EOS 40D と EF300 2.8L IS の組み合わせでテスト撮影。
カメラのモニターでは良さそうに見えるが(炎天下だと全然見えない40Dのモニター、ヒストグラム必須)、
あとでMacbookProに取り込むと、

「あかん、歩留まり悪すぎ」

順光だとそれなりにピントも来るけど、40Dってこんなもんだったのか。
あらためて7Dの進歩を実感。
[PR]
by Pombo_Brasil | 2011-07-30 09:04 | 機材ネタ

アウェイの洗礼とチアリーダー!?

e0110461_2444919.jpg

完全なアウェイの試合になると、フォトグラファーにもそれなりの覚悟が必要になる。
ブラジルの地方競技場は、観客とフィールドの間が非常に狭い。
そのため、撮影地点から2メートルも離れていない柵の後ろにアウェイ側の観客が陣取ることになる。

相手チームの撮影をしていると一体どうなるか、それこそありとあらゆる罵詈雑言が飛んでくる。
先日も、「こら、ジャポネーズ、なめとんのか! 」「シカトすんなボケ」「お前、○○されたいんか!(放送禁止用語)」
などと言われつつも、後ろを降り向いて「ハイ、チーズ!」などと笑顔で対応しながら撮影を続けていた。
e0110461_2574549.jpg

しかし、いくら温厚なボボちゃん(僕のことね)とて限度がある(すみません、ここから文体が変わります)。
ヒートアップする罵詈雑言に堪忍袋の尾が切れて、「なめとんのかコラ!」と中指を立ててしまった。

後が大変だ。飲みかけのビールを入れたコップや小石が飛んでくる。
(安全対策上、ブラジルのスタジアムでは缶製品をそのまま売ることはしません、投げたら危険)。
すたこらさっさと場所を移動してサイド側に移動しました、はい。
罵詈雑言程度で撮影に集中できないとは、修行が足りんな。

そんな超アウェイの撮影の中でこの日一番の収穫が・・・!
e0110461_321245.jpg

ええびっくりしましたよ。
サッカーの応援でチアリーダーなんて始めて見ました。なんでこんな地方都市にチアリーダーが?
「ひょっとしてハーフタイムにショーか?」なんて思っていたら、すぐにいなくなってしまいました。
この日は猛暑だったので、仕方ないでしょう。読みが甘かった。

しかし、ブラジルのサッカーでチアリーダー、始めて見たかも。
[PR]
by Pombo_Brasil | 2011-07-22 03:06 | サッカー・プロ

上を目指して/サッカー選手の待遇

e0110461_8145017.jpg

ワールドカップ優勝を果たし、日本だけでなく世界を感動させたなでしこJAPAN。
日本サッカー協会から出る報奨金は一人350万円。
個人的にはもっと出してあげて欲しいと思うが、どうなのだろう。
努力して結果を出した人にもっと報いる社会になって欲しい。

ハングリーな精神は上を目指すために欠かせないものだが、清貧の美学を強調する論調もおかしい。
成功した者には次の仕事が待っていると思う。生き金にするかどうかはその人次第だ。

プロスポーツの世界は、とにかく底辺があまりにも広く、成功の実を掴むことができるのは少数。
だからこそのプロの世界なのだろうが、その実態は広くは知られていない。

写真のブルーのユニフォームを着た選手、今年の州選手権の得点王だった。通算22ゴールで歴代4位の成績。
得点王となったことで、ブラジル中のチームから注目が集まり、いきなりブラジルのセリエBのチームから声がかかった。

ブラジルのセリエB、移籍後に結果さえ出せば夢のセリエAはすぐそこだ。

ちなみに、彼が州選手権中に受け取っていた給料は日本円にして月に10万円程度。
ブラジルの地方でも、他に比較して決して多い給料ではない、少ないぐらいだ。
セリエBのチームからのオファーは月給25万円。今後、セリエAにあがれば、来年後半には月給100万円以上も夢ではない。
それでも、ブラジル代表クラスや、有名チームの主力級の選手とは収入の桁が違う。

ちなみに、地方のクラブだと最低給料(日本円にして3万円程度)しかもらっていない選手も多い。
我が家の電気代が月に1万円。ブラジルの物価は決して安いわけではない。

僕が知る、あるサッカー選手が昨年、真剣に引退を考えた。
戻ってきた理由はただひとつ。

「サッカーが好きだから」

どうか、スポーツ観戦としての女子サッカーを楽しむ観客が増えて、なでしこの花が咲き続けることができますように。
[PR]
by Pombo_Brasil | 2011-07-20 08:13 | サッカー・プロ

ルラ前大統領、セレソン(ブラジルサッカー代表)専属フォトグラファー

まず最初に、なでしこジャパン、優勝おめでとうございます!そして、素晴らしい感動をありがとう。
e0110461_10334067.jpg

で、いきなり今日の本題。
最近、ブラジルサッカー協会(CBF)のホームページを訪問して驚いたことがある。
ホームページに掲載してある一部の写真のクオリティが、去年までのそれと天と地ほど違うのだ。
クオリティが明らかに違うのは、最近のフル代表の写真。U17や女子代表と写真の質が違う。
画面の切り取りにセンスがある。キャリアのあるフォトグラファーが撮っているに違いないと思った。
e0110461_1033671.jpg
「セレソン(サッカーブラジル代表)」の公式フォトグラファー。
その重圧がどれほどのものか、ここブラジルのサッカー熱に触れればいやでも想像がつく。
そして、オフィシャルにしか撮れない写真、この一線がどれほど大きいか、分る人には分かるはず。
e0110461_1036419.jpg

そして、今日、あるビデオを発見した。
なんと、ブラジルセレソンを撮っているこのフォトグラファー、ルラ前大統領の公式カメラマンを8年間勤めていたのだ。
ルラ前大統領の公式フォトグラファーから、今度はサッカーブラジル代表の公式フォトグラファー。
ビデオを見て知ったのだが、2014年のブラジルW杯本大会まで契約しているのだという。
フォトグラファーの名前は「Ricardo Stuckert」氏。

こちらのリンク先に氏を紹介したスペイン通信(EFE)のビデオがあるので是非見てください。
http://mais.uol.com.br/view/11832795

しかし、ブラジルサッカー協会はなんと気の利いたことをするのか・・・W杯までの楽しみが増えてしまったではないか。

それにしても、彼と契約したことで、ブラジルサッカー協会のサイトの訴求力が全く変わってしまった。
「写真のパワーがここまでサイトのイメージを変えるのか」とうなった。
デジタルの普及に伴って写真界に厳しい流れが及んでいる、それはここブラジルとて同じだ。
しかし、訴求力を持つ写真は、以前にも増して「他に変わることのない」価値を持つと確信した。

ブラジルサッカー協会のフォトギャラリーはこちら
http://www.cbf.com.br/central-de-fotos
写真を見ていると、フォトグラファーの試行錯誤を見て取ることもできるので勉強用の素材にも。
全てがうなるような写真というわけではないですが、引き出しの多さなどは是非とも見習いたいところです。
[PR]
by Pombo_Brasil | 2011-07-18 10:40 | 写真の話