タグ:スナップ ( 170 ) タグの人気記事

忠犬ハチ公と防犯

確か先月だと思うが、ブラジルのテレビでリチャード・ギア主演の「忠犬ハチ公」をやっていた。
最後のシーンでうるうるしてしまったのは、仕方がないというものだ。あれは泣ける。

ブラジルにも犬好きが多いが、防犯の意味で飼われているケースも少なくない。
我が家に昨年来た「ハチ」もそうだ。雑種だが、プードルが混ざっているので頭がいい。

e0110461_9363156.jpg

自分の立ち位置を良く分かっているようで、我が家に関係のない人間が近づくと吠える。
加えて、子供達の良い遊び相手にもなっているようで、「この子が来てよかったねー」と本当に感謝している。
小型犬だが、防犯上、とても役に立つ。犬がいるだけで防犯効果が顕著に出てくるのだ。

昨年の話になるが、夜中に門戸のカギを壊されて庭の中に入られ、長女が買ったばかりの自転車が盗まれた。
奇跡的に、盗まれた瞬間に地元の警備員が通りかかり、泥棒は自転車を置いて逃げ去った。
我が家は市の中心街で治安がとても良いほうだ。それでも我が家の近所はみな防犯設備を常備した上で犬も飼っている。
高圧電線を壁の上に張り巡らしているのは我が家だけではなく、近所の家はほとんどがそうだ。
市郊外の治安の悪い地区になると、強盗が白昼堂々と出没、被害にあったことのない家のほうが珍しいということになる。
冗談ではなく、本当の話だ。

我が家も「ハチ」が来るまでは夜中に物音がすると、1脚を手にして家の外を伺ったりしたものだが、
犬が来てからは、安心して寝られるようになった。

e0110461_9365521.jpg

こうして書いているとブラジルは怖いところだと思うかも知れないが、要は安全感覚に対する「なれ」だ。
廻りの環境に対する緊張感を身につけること。こちらに住んでいれば自然と身につく。
しっかりと気を付けていれば怖い目にあうことも滅多にない。

街の中で、時折だが日本人観光客を目にすることがある。
日系人と日本人観光客、すぐに見分けはつく。あれだけ無防備な人達も滅多にいない(笑)。
それだけ、日本という国は治安で誇れる国だろう(最近はそうでもないようだ)。
緊張感など、生きる上で必要になれば身につければいいだけの話かも知れない。
[PR]
by Pombo_Brasil | 2011-08-03 10:01 | スナップ・ブラジル

未知との遭遇

はーるばる来たぜ東京~!ってな感じでやってまいりました日本。
ドアtoドアで40時間、JALとは言え40時間の旅は死ぬかと思ったw
時差ぼけが抜けきれていない体で出かけたのが高田の馬場、写真ブログ界のイケメンことburgちゃんと会うつもりが、なぜかそこにMashBossこと伏見先生が登場・・・・ええええ!?
伏見先生にお会いできるのは昼食の後だったよね、ね?ね?伏見先生と並んでラーメン食べろっちゅうの?
あせりましたよ。ハイ。
で、みんなでburgちゃんお勧めのラーメンを食べました。おおおぉ、由緒正しき日本の味噌ラーメン(号泣)。
あまりの美味しさに我が人生が脳裏を走馬灯のようにかけめぐり、思わずburgちゃんに「もう思い残すことないから・・・」。
e0110461_1139599.jpg

ラーメンを食べたあとは三人で地下の秘密基地で写真談義に・・何時間地下基地にこもったのでしょうか。
で、その後はなんとMASHのスタジオへ・・・汗。
いやもう、本当に思い残すことありませんって。
e0110461_11392294.jpg

さ、ラーメンも食ったしburgちゃんと伏見先生にも会ったし、もうブラジル帰ってもいいな。

あ、そうだマナブっちと会う約束してたんだ(爆)

しかし、それにしても忙しい日本訪問・・めっちゃスケジュール詰まってます。
[PR]
by Pombo_Brasil | 2010-05-05 11:53 | その他

相棒

e0110461_23302025.jpg

ブラジルの競技場では乱闘騒ぎは日常茶飯事。
サポーター同士の衝突で、過去には死者まで出したことも。

競技場に睨みをきかす相棒達に西日が当たっていた。

南米の地で“比較的”安全に暮らすこつは「危険の匂い」を嗅ぎ分けることだ。
シチュエーションにあわせた緊張感の持ち方、時間と慣れが解決する。

先日のことだ、日系人の知人宅に強盗が入った。

プールが二つにフットサル、テニスコートがある豪邸。
朝7時前、子供を学校に送ろうとクルマのガレージを開けたところ、三人組の拳銃強盗が押し入ってきた。
家族全員を縛り上げ、金品のありかを聞くために拳銃の柄でなんども家人の頭を殴りつけた。

クルマ、貴金属、現金などを全て持ち去られたというが、「命があっただけでもよかった」と・・・
もちろん、警報機もついているが、このような状況では警報機も役に立たない。
事件のトラウマで何ヶ月も苦しんだという。
映画のような話だが、僕の知人には警官隊と強盗団の撃ち合いに巻き込まれて、流れ弾を受けた人も。
交差点で拳銃強盗に襲われて、逃げようとして頭に銃弾を打ち込まれて即死した人もいる。

何事もなく平穏無事にブラジルの地で生きている僕達家族だが、一家の主として兜の緒を締めなおす必要があると感じた。
兜の緒?うん、慣れから緊張感が抜けた時が一番危ないからね。
[PR]
by Pombo_Brasil | 2009-10-27 23:25 | サッカー・その他

ピックアップブロガー/ 美人姉妹とバルセロナ

e0110461_259186.jpg

写真はセレソンの試合を見に来ていたサッカーファンの姉妹。
サンパウロFCのファンのようです。
ブラジル人は日本人の多くが特定の野球チームを好きなように、好きなサッカーチームを持っています。
特に多いのが、サンパウロFC、コリンチャンス、フラメンゴ、パルメイラスあたり。
サンパウロFCには比較的裕福な層のファンが多いとも言われます。
コリンチャンスのサポーターの熱狂さは有名で、フーリガン的なサポーターも。
都市だろうが、地方だろうが、カメラマンにまでビールや石が飛んでくるのはご愛嬌で・・・・

さて、本当に遅れましたが(汗)、写真界の“どS”こと馳星周さんピックアップブロガーおめでとう!
プレゼントはお約束どおり美人(しかも姉妹)の写真です(ビキニじゃないのは勘弁・笑)

これからも素晴らしいワルテルとソーラの写真を見せてください。

で、この美人姉妹写真にはオチが・・・・・

続きはMoreで。

More
[PR]
by Pombo_Brasil | 2009-10-20 02:56 | その他

話を聞くのが仕事

数日前の夜、日系人の知人から突然メールが入った。
体調を崩してベッドに倒れこんでいたのだが、「You've got Mail」(注1)の音に反応してしまった。
「明日の朝、議員事務所へ陳情に行くのでその様子を記録してほしい、時間ある?」
「朝の何時?」(ここからチャット状態だ・笑)
「朝8時に議員事務所で・・・・」
「・・・・・・・・(絶句)・・・・・・・・・分かりました」。

オレはガキの頃から朝が死ぬほど弱いんだよ!(号泣)。

陳情内容は、日系団体のイベント開催に関して日系議員の協力を受けたいというもの。
撮影後は、画像を何もいじらずにそのままDVDかCDにコピー、手渡しだ。
理想は写真のセレクトさえ必要ない状態、露出や構図は奇抜なものを狙わない。
コントラストや彩度、シャープネスは、こういった撮影内容のためにセットを用意してある。

いきなり話は飛ぶ。

日系議員はブラジル中を探しても数が減りつつあるが、日系社会の陳情を受け止めるパイプ役として欠かせない存在だ。
そして、日系の政治家の方々はとても真摯で仕事熱心な方が多い。あくまで僕の数少ない経験上の話だ。
さらに、「この人なら」というオーラがある。こんな政治家が日本にもいたらいいだろうな、そう思わせる雰囲気がある。
社会の上層が白人中心のブラジルで、日系ブラジル人はあらゆる分野でかなり頑張っていると思う。
僕の勝手な思い込みだが、社会的な理想や自分の信条に対して理念や倫理観といったものがコミュニティという大きさで存在する、それが社会で活躍する日系人の器を作り上げているのだと思う。
敗戦後の日本が亡くしたものだ。

それにしても、今回撮影した日系政治家の方は人の話を聞く(陳情を聞き入れる)ことが上手だった。
“政治家は人の話を聞くプロなのではないか”と思うほどだ。
そして、どのような意見に対してもその場では「できない」といわない。それは政治家の基本だろう。

この日、日系議員の話を聞く姿勢に感銘を受けながら日本の政権交代劇に思いが移った。
有権者の声に耳を傾ける。そして、約束は“できるだけ(笑)”守る。
簡単なことだが、一番大事なことなのではないだろうか。

写真に関わっていると、普段とても会えないような人々に会える。
そして、ファインダーを覗いていると、ファインダーの視点でしか見れない感じられないことがある。
写真が止められない所以なのだ。

e0110461_11572745.jpg

(注1)「You've got Mail」とはAOL(America Online)のメール機能で使用されているメール受信を知らせる音声機能。今でも使われているかどうかは分からない。メグ・ライアン(ボボちゃん大ファン!)が主演していた映画「You've got Mail」にも映画の主要なパーツとして利用されていた。


[PR]
by Pombo_Brasil | 2009-09-14 06:58 | その他

世界に出ようよ!なんて簡単に言えない。

e0110461_13483127.jpg

僕たち家族が住んでいる家は、人口80万の大都市の中心街にほど近い場所にある。
築30年以上の古い家だが、部屋数も多いし子供たちが自転車で走り回るぐらいの庭もある。
そして、この家には前オーナーの人生と想いがつまっている。

この家を買ったのは、日系一世のご夫婦との出会いから始まる。

我が家の前オーナーでもあるご主人の話だ。
日系企業(サンパウロ駐在)の人事部長としてブラジルに赴任してきたが、当時のブラジルは超インフレで不況真っ只中、会社はしばらくして日本へと撤退した。
「役員待遇で迎えるから日本へ帰って来い」
日本の本社は再三帰国をうながしたが、「僕は骨をうずめるつもりでブラジルに来た」「ブラジル人の首を切って自分だけのうのうと役員になれるか!」と帰国の要請を断り、ブラジルに住む決意をしたという。

ご主人はすでに40代。しかも、この時すでに奥さんのおなかの中には7番目の子供がいた。
しかも、ご主人は若い頃から体が弱く、寝たきりになったことさえある。
さて、この立場でどれだけの人が管理職の立場を捨てて途上国で一から人生を始められるだろうか?

前オーナー夫婦は退職金でクルマを買い、僕たちが今すんでいる街に引っ越してきた。
最初に始めた仕事は、朝市で仕事をする人たち向けに飲み物と食事を提供する小さな屋台。
Kombi(バン)に食器や食材、コンロなどを積み、野菜の朝市(青空市)が始まる朝5時から店を開けた。
当時小学生だった長男や長女は冬の凍える中、冷水でコップを洗い、家族を支えた。
仕事が終われば学校に通い、学校から帰れば仕込みの手伝いをした。
「パパィ、コップを洗う水は冷たかったけど本当にいい思い出だよ」、子供たちは笑ってあの頃を振り返るという。

それから25年近くの月日が過ぎた。

彼の子供たちは、脳外科医、弁護士など社会の中ですばらしい成功を収めている。
ある息子さんなどは、日本企業のトップからのたっての頼みで入社、ブラジル進出に欠かせない人材として活躍している。

ある日、そのご主人に「新しい家を建てるので、できればあなたにこの家を買って欲しい」といわれた。
25年近く、夫婦と子供7人の家族が一緒になって住み、人生を刻んできた家だ。
値切ることなく二つ返事した。苦労と運勢が染み込んだ家を値切ることは本心が許さなかった。

世界には多くの日本人が生きる場所を求めて根付いている。
その日本人達の多くは、日本人としてのアイデンティティをしっかり持ち、子供たちも国際感覚豊かだ。
しかし今までの所、日本という国はこれらの日本人を日本人として、日本に必要な人材として認めていない節がある。
実にもったいないことだ。もったいない、なんて言葉を世界ではやらせようとしている割にはね。
フランスなどは、フランス国民というだけで、フランス国外(海外)では上流師弟が通うフランス政府運営の学校に無料で通うことができる。
その気になれば、優秀な子弟は義務教育から大学まで無料だ。

海外で活躍する有名人の物語はいくらでも日本で報道されている。
海外で活躍する!でも、全て自己責任でね!?

それじゃ、世界に出ようよ!なんて簡単に若い人達に言えないと思うんだよ。おぢさんは!
ちなみに、世界に出るというもう一つの解は、その国で生きて生活しその国を愛することだよ。そこから自分のルーツと未来も見えるんだ。
せめて、開拓精神を受け継ぐ2世をサポートする体制ぐらいは作ろうよ。長い目で見れば安い投資だと思うよ。

ね、鳩山さん(笑
[PR]
by Pombo_Brasil | 2009-09-04 12:35 | スナップ・ブラジル

ブラジルの肖像 No.1 Cantor (ミリオンセラーの夢)

e0110461_16285923.jpg

写真は、街中のレストランなどで"セルタネージャ音楽"を流すティーンエイジャーの兄弟。
ブラジリアンドリームをかなえるために、十年近く前にお父さんと一緒に田舎町から出てきました。
写真中央の弟さんが6歳の時から人前でギターを弾き、プロを目指して音楽で生計を立てています。
ブラジルの音楽界で成功すれば、日本とは桁が違う収入と夢、名声がかないます。
実力と運の世界、広大なブラジルで適う夢はとてつもなくでかいのです!

セルタネージャ音楽はカントリー音楽と言えばよいのでしょうか。その中でもよりポップ調にアレンジしたセルタネージャは若者にも人気があります。
男女の愛や、ブラジルの夢、情熱、壮大な自然を歌いあげた音楽は聴いているだけで力が出てきます。

そして、なんと!僕たちの街の観光街が数日前、観光フェスティバルの目玉としてミリオンセラー・セルタネージャ歌手の「レオナルド(Leonardo)」を呼びました。
レオナルドはセルタネージャのカリスマ的存在です。
スポンサーはコカコーラと地方政府。人が集まる観光地なので、金はいくらでも出るのです。テレビや新聞も取材に来ていました。
しかもなんと入場料無料!コカコーラ太っ腹!!
e0110461_16281964.jpg

ブラジルを代表するセルタネージャ歌手のレオナルド(Leonardo)は、現在46歳。
これまでに売り上げたレコードは軽く数千万枚。そこらへんの歌手とは桁が違います。
趣味は、サッカーとジェットスキー(なんと、自家所有の牧場の中を流れる川でジェットスキーができる!)。
もちろん、自分の牧場内にサッカーのコートもあるそうですw。

傍から見ると、成功人生でうらやましい限りですが、98年にはデュオで一緒に歌っていたお兄さんが亡くなっています。
この時すでにミリオンセラーのデュエット歌手として大成功を収めていたのですが、お兄さんを亡くしたショックで歌手を続けられないほどに。
しかし、数年後にシングルの歌い手として再デビュー、次々とヒット曲を出します。
ところが、2003年に交通事故で大きな怪我を負い、そのリハビリに相当な時間をかけることになりました。
その怪我からもまた復活、彼は歌い続けています。

そんな彼だからなのでしょう、情熱、愛、そしてブラジルの夢を伝える歌は人の心を打つと思うのです。
試練を与えられた時、その試練をどのように受け止めて懸命に生きるか、その想いが人の人生を分けるのかも知れません。

レオナルドの代表曲のひとつ、「Eu deixaria tudo・全てを捨てて」。

[PR]
by Pombo_Brasil | 2009-08-09 16:29 | ブラジルの肖像

現像手法研究(アメリカンドキュメンタリー)

e0110461_16245110.jpg

先日、GettyimagesのHPで、なかなかすごいドキュメンタリーを発見。
http://www.reportage-bygettyimages.com/#p=features/Sugar_Millionaires
その他の特集はこちら
http://www.reportage-bygettyimages.com/#p=features/

キューバの写真に影響を受けたので、昨年から取り組んでいた写真の手法に現像手法を更に加えてみました。
マイナス補正に日中シンクロのよくある手法です。
画面構成では、右下のバットでベースボールの写真だという記号を加えています。
それと、画面に奥行き間を作って画面に動き、あとはストーリーを生み出すチャンス待ちです。
また、更新します。
[PR]
by Pombo_Brasil | 2009-07-06 16:25 | その他

Meu filho

e0110461_10162135.jpg

超久しぶりのアップ、ご無沙汰です。
昨年は公私共に「いろいろ」とありまして、年末頃より心身ともに疲労感が抜けずにおりました。
ま、年食うと精神・肉体共に回復は時間かかるね。

やっとのことで体力・気力が回復してきたので、そろそろ写真も気合入れていこうか!
ということで久しぶりに引っ張りだしたのが「EOS D2000」。

イケメンの長男がモデル。
狙いは「意思」。「目力」って大事。目を見ればいろんなことが分かります。

ブラジル空軍のサイトウ最高司令官(日系2世)のように大きく羽ばたいて欲しい。
サイトウ司令官のとてもよいインタビュー記事があります。こちら
「日本人に生まれてよかった・・・」と絶対に思えます。泣いても知らないョ。
[PR]
by Pombo_Brasil | 2009-04-15 10:27 | その他

次女のその後

遅くなりました。次女のその後ですが、楽しく学校へ通っています。
e0110461_8572374.jpg

いじめに対しては、学校へ相談する前に、友人夫妻を自宅に招いていじめ対策の講習を(笑

まず、旦那さん。昔いじめにあったがボクシングを身につけてやりかえしたとのこと。
即席のボクシング講習会です。
子供が一番やりやすいのは、相手の髪をつかんで鼻柱に一発。
次女は友人とパパを相手にパンチの練習。
パンチをするのが勇気がいるならば、「かみつき」も実に効果があるとのこと。

次に奥さん。さすがブラジル女性、むちゃくちゃ気が強いです(w
長男が学校で叩かれたことがあったそうですが、相手の子供をとっつかまえて説教くらわしたとか。
「次にうちの子供を叩いたらあんたを思いっきりひっぱたくわよ!わかってんの!」
「いいかげんにしないとあんただけじゃなくて、あんたの親までぶん殴るわよ!」

「ひえ~~~!」です。ブラジルの女性は美人が多いですが、本当に強いです。

で、僕達も翌週に学校が始まると、まずは小学校主任の所へ。
さすが私立です。主任から担任へしっかりと伝わり、担任がクラスの前で男の子達を指導しました。
ついでに、うちの嫁さんですが、いじめっ子をとっつかまえて早速説教くらわしてました。
効果ですか?次女は「学校が楽しくて仕方がない!」と言っています。

いじめは、親と学校(教育機関や地域社会)がしっかり対応すればある程度は防げるもののはず。
「生きることの楽しさ」、大人がしっかりと子供に伝えてあげたいですね。

ちなみに、ブラジルでは離婚率が非常に高く、さびしい思いをしている子供がたくさんいると思います。
両親の仲が悪かったり、家庭内暴力もすくなくないと聞きます。
いじめっ子も好きでいじめているわけではないでしょう(好きでいじめているバカは論外)。
それと、一人っ子も多いですね。生活・教育費が大変なので複数の子供を持つのは簡単ではないのです。
貧困家庭よりも、中流階級のほうに一人っ子は多いです。
お父さんとお母さんが仲良く迎えてきて兄弟が仲良く学校に通っている・・・そんな家庭を見つけるのはここブラジルでも簡単ではありません。

子供達のクラスメートとつきあっていても、寂しそうな顔をしている子供は多いです。
顔は心の現われ。

そんな現実に、実際のところはなにも出来ないのですが、せめて自分の子供をしっかりと愛して社会に送り出す。
そのぐらいはね。
[PR]
by Pombo_Brasil | 2009-03-16 09:17 | その他