<   2009年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

栄光からの転落

e0110461_752882.jpg

ブラジルには五百以上のプロサッカーチームがある。
僕が住む地方州だけでも、セリエA・B(1部・2部)あわせて40近くのプロチームがひしめき合う。
プロサッカー選手の数だけでも数万人と言われるブラジル、その競争の激しさは言わずとも分かる。
e0110461_853625.jpg

サンパウロ州のコリンチャンスにも似た黒白のユニフォームに身をまとった選手達。
ブラジルサッカーで最も歴史があるチームの一つ。
現在でこそ弱小チームだが、数十年前はサンパウロやリオデジャネイロの強豪達とわたりあってきたという。
資金のない中でチームへの強い想いを抱いて闘うその姿は、僕の撮影欲をかきたててきた。
e0110461_872246.jpg

しかし、ここ数年は目立ったスポンサーも付かず、戦力はじり貧。今年は手の施しようがないチーム状態だった。
e0110461_8113674.jpg

この日、チームの州リーグ2部落ちが決まった。
今日勝てば、最後の望みがつなげるはずだった・・・・。
前半で2点先取、しかし後半にチームはじり貧となり、追いつかれ、逆転された。
e0110461_875835.jpg

e0110461_882684.jpg

e0110461_885558.jpg

e0110461_892817.jpg

最後の笛がなり、選手たちは倒れこむ。
エースナンバーを付けた選手が倒れこんだまま起き上がらない。
サッカー選手としては年齢的にも終盤だろう。
この数年間、僕がサッカーを撮り始めた頃から同じチームで闘い続けてきた。
選手の移籍やレンタルが激しいブラジルの地方リーグでは、珍しいケースだと思う。
ボールボーイが心配そうに近寄り、放心した状態からゆっくりと起き上がる。
e0110461_8172560.jpg

彼の人生は、サッカーそして彼が愛するチームと共にあったのだろう。
e0110461_816526.jpg

今年、彼のチームのシーズンはもう終わってしまった。
ブラジルの地方リーグの契約は厳しい、チームが負ければ即全員解雇が待っている。
チームの選手たちは、他のチームからの引き抜きでもない限り、来年のシーズンまで仕事を探し家族を支えて生きていかなくてはいけない。

サッカーは続く、そして彼らの人生も。
僕は、サッカーと彼らの「フィールド上の人生」を写し続けるつもりだ。
e0110461_812664.jpg


追記:今回の写真は腕がなまっていることもあり、自分の満足度はかなり低いです。
ただ、どうしても2部落ちする彼らの写真を上げておきたかった。
ま、しばらくは緩い写真が続きますが、どうぞよろしくー。
それと、40Dもいいカメラですが、1D系と比べるとねぇ・・・キヤノンさん、APS-Cのセミプロ機だしてくれ。
そうじゃないとニコンに逝っちゃうぞ(爆
[PR]
by Pombo_Brasil | 2009-04-25 08:16 | サッカー・プロ

ボールボーイとピューリッツァー賞

e0110461_10142060.jpg

ご無沙汰のサッカー写真ですが、しばらくの間復活します。
最低でも、週1程度はブログをアップできるように努めますのでよろしく。
e0110461_10144620.jpg

さて、今年のピューリッツァー賞写真部門の受賞作品は見られました?

Breaking News Photography は こちら
Feature Photography は こちら

Feature部門の受賞はオバマ大統領の写真なのですが、(あくまで)個人的にはちょっと肩透かしです。
確かに黒人系大統領の誕生はエポックメーキングだし、"時代"を強く感じます。
国中が大統領選挙に興奮する、そのダイナミックさにもうらやましさとアメリカの底力を感じます。
受賞作品には、アメリカの時代と今が写っていると思う(たとえ一部分にせよ)。
ただし、個人的には時代やその象徴よりも、もっと時代の"生(命)"を写した写真を選んで欲しかった。
内向きに向かうアメリカではなく、外に関心を向けるきっかけを作って欲しかった。

時代の指標、骨太の写真が欲しい。

「文明の衝突」という言葉が言われてもう何年にもなる。
でも、カオスの中から見えてくる何かも必ずある。
そんな時代に生きながら、その何かを写真で表現してみたい。
たとえそれが、地球の片隅の小さな生の表現であったとしてもだ。
どんな被写体に向き合おうとも、そこに写るものは表現者の精神次第。

それにしてもハイチの写真はすごいよねー

PS:もう一度よく考えてみた再考を載せます(コメント欄にも)。
うん、今回のピューリッツァー賞は視点をしっかりと捉えて見ると面白いね。
写真を見る、記事を読む側にも教養と努力、真摯な姿勢が求められると思いました。はい。
皆さんも、ハイチとアメリカ歴史(黒人にまつわる)を予習してから今年のピューリッツァー賞を見てみてください。
米国は、金融危機も含めて自分を見つめなおそうとしています。
国民のレベル以上のメディアや政治家は出てこないもの、アメリカはやはりすごい国だと思います。
米国を嫌いな人、多いだろうけどね(苦笑)。
[PR]
by Pombo_Brasil | 2009-04-22 10:40

Meu filho

e0110461_10162135.jpg

超久しぶりのアップ、ご無沙汰です。
昨年は公私共に「いろいろ」とありまして、年末頃より心身ともに疲労感が抜けずにおりました。
ま、年食うと精神・肉体共に回復は時間かかるね。

やっとのことで体力・気力が回復してきたので、そろそろ写真も気合入れていこうか!
ということで久しぶりに引っ張りだしたのが「EOS D2000」。

イケメンの長男がモデル。
狙いは「意思」。「目力」って大事。目を見ればいろんなことが分かります。

ブラジル空軍のサイトウ最高司令官(日系2世)のように大きく羽ばたいて欲しい。
サイトウ司令官のとてもよいインタビュー記事があります。こちら
「日本人に生まれてよかった・・・」と絶対に思えます。泣いても知らないョ。
[PR]
by Pombo_Brasil | 2009-04-15 10:27 | その他