<   2008年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

主人を待つ

blog ranking(クリック)

街道脇の小さな飲食店で、アイスクリームを食べながらバスを待っていた。
主人を待っているのだろうか、一匹の犬が木陰で身動き一つせずにじっと座っていた。
e0110461_1204694.jpg

最近、何か動物を飼いたいという衝動が起きて困っている。

まあ、理由の一つはわかっている。フラストレーションだ。
我が家には3人の子供達がいる。小学3年の長女、1年の次女、4歳の長男だ。
上の2人は私立学校に通っている(これが高い・・・涙)。
実は、ここ1年ほど、妻と4人目の子供をどうするか悩み続けた。今も悩んでいる・・・ほんと。
「子供は宝」。そして子供にとって、兄弟は最高の贈り物だ。

我が家は、3人目が生まれたことを境に子供達の世界が一変した。
なにもないところから創造することを覚え、兄弟姉妹の中で人間関係を学ぶ。
おもちゃなど、最低限のもので大丈夫。彼らは遊びの天才だ。
2人と3人では、この世界がまったく違う。
事情は分からないでもないが、一人っ子はかわいそうだよ、お父さん、お母さん。
(もちろん、日本はいろんな意味で大変だろう)

ちなみに、我が家にはテレビゲームなどというものは影も形もない(ブラジルでは人気あるよ)。
その代わりといってはあれだが、学校では課外授業でバレエや体操をやっている。
運動神経がいい長女は、側転は自由自在だし、開脚もほぼ180度。初めて見た時は驚いた。
ブリッジや逆立ちなんてお茶の子さいさいだ。
(ちなみにボボちゃんは運動神経ゼロなのだ、ママィは体育の通信簿は5だったとか・・・)

話は戻る。
「もう1人いてもいいよね」。いつの頃からか、時折そんな言葉が口をついて出た。
子供にしても、兄弟姉妹が多いことは将来、大きな精神的な支えとなるだろう。
僕達は移住一世。はなから自分の人生を後世の為に犠牲にすることぐらいは覚悟しているが、
悲しいかな、健康と体力、経済力など自分達の器の大きさだけは簡単には変えられない。

子供3人、精一杯がんばって教育など人並み以上の環境を揃えることはできる。
だが、もうひとり、この国でそれなりのスタートラインに立てるだけの後押しをしてやれるか・・・
「子供は子供の人生を歩めばいいのだ」「なんとかなる」
この国では、そんな希望論は通じない(と思っている)。
そんな考えが通じるようなら、なぜ数十万人もの日系ブラジル人が日本へ出稼ぎに行くのだ。

犬、飼おうかな・・・でも、そんな弱い心の発露で飼われる犬もかわいそうだね。

子供達をワルテルに会わせてあげたいこの頃(苦笑)。人気ブログランキングへ
[PR]
by Pombo_Brasil | 2008-08-31 01:46 | スナップ・ブラジル

月夜を歩く

blog ranking(クリック)

月夜にブラジルの荒野を歩く、遠くに猿の鳴き声が聞こえる。
都会に馴染んだ心が、闇を恐れる。
e0110461_10465019.jpg

月夜もいいが、この荒野で観る星空は荘厳そのものだ。
空が天の川で真っ赤に染まり、銀河の中に生きていることを実感する。
宇宙の中に漂う、一つの魂の大きさ、重さをすべての感覚が教えてくれる。

先日、20年ぶりに開高健氏の「オーパ」を読んだ。
20年前には価値が分からなかった氏の文章が、雪崩のように矮小な僕のすべてを押しつぶした。
「なんなんだ、この圧倒的な才能(努力と呼ぶには失礼だろうか)は・・・」

許されるなら、開高健氏と一緒に今のブラジルを廻ってみたい。
偽らざる思いを抱いた。
「釣竿など持ちたくないよ・・今のブラジルは」などとは言われないだろうか。

「オーパ」の写真を見ながら、ブラジルを撮りまくってみたい衝動に駆られた。

もっと読みたい!→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by Pombo_Brasil | 2008-08-30 10:39 | 風景・ブラジル

阿波踊り in Brasil

blog ranking(クリック)

日本は、夏祭りのシーズンも終わりですね。ブラジルはこれからやっと春です。
今日は、ボボ・ブラジル風の「阿波踊り」を。オーソドックスな写真です。
写真はすべてサンパウロのカーニバル会場でのもの。収容人数5万人という巨大な会場です。
日本人移民百年祭での催し物の1つです。カーニバル会場での阿波踊りは2度と撮れないかも。
日本人移民祭の写真は、これ以上は上げられませんのでご容赦ください。
e0110461_22441946.jpg

カーニバル会場の通路のど真ん中からシンメトリーに。
もちろん撮影許可証を取っていますが、基本的に通路内での撮影は不可です。
では、どうするか。
「コミュニケーション」です。
現場の人達(実行委員や保安係)と仲良くなること。あとは場の雰囲気を読む。
人と違う写真を撮るには、渡辺健や木村拓也に振り回されているようでは駄目です(笑)。
e0110461_2245310.jpg

最後の写真は、会場外でサンバを踊りだした踊り子さん達。ブラジルですね~。
ブラジルは、苦難・艱難の後ろで幸せの女神が笑って待っている、そんな土地です。
e0110461_2246277.jpg

さて、これらの写真はすべてクリップオンストロボを使っています(550EX)。
マニュアル露出、ISO800固定です。Jpegオンリー。
このような状況下では、ボディは迷うことなく1Dmark2を持ち出します。理由は露出メーター。
1D系は、ファインダー内の右側で上下三段の露出過不足が確認できるだけでなく、その右側にストロボ補正値が出てきます。
これが、実に重要。安心かつ"比較的"確実に撮影ができます。
被写体、背景などの露出、ヒストグラムを確認しながらストロボ補正値を変えます。
ストロボ補正値と被写体露出のバランスを「当てる」ようになるには何千枚と撮るしかありません。
それでも、欧米のドキュメンタリーを撮るカメラマンのストロボワークには"降参"ですけど(苦笑)。

目指せ!「ストロボ博士」。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by Pombo_Brasil | 2008-08-28 23:04 | 日系ブラジル移民

ブラジルの写真雑誌

blog ranking(クリック)

ブラジルにも写真雑誌はあります。
ただし、趣味としての写真人口が日本とは比べ物にはならないので、種類も厚さも違います。
デジタル一眼を趣味で持っている、ということ自体が実に珍しいのです。
e0110461_4385858.jpg

上の写真はマーク3が出た当時のもの(かなり古いですね・汗)。
ブラジルの物価に相当すると、この手の雑誌は割高なので、僕は古本を買います。
最新機種などの情報ならネットのほうが早いし、豊富ですからね。
雑誌を買うお目当ては、写真・カメラマン特集や実践講座など。
写真のモデルメーキャップの実践講座などは、日本の雑誌でもやれば面白いと思いますが。
モデルへどういう指示を出すか、スナップの際にどうやってコミュニケーションをとるのか、などという実践的な記事を読みたいですよね。
基本、こういう事柄は経験するしかないですが、それでもねぇ・・・・
e0110461_4404532.jpg

この写真は、ある写真賞を取った写真作家の紹介記事。
EOS 5D + EF50 1.4 だけで、窓辺の人々を撮りためたものです。
記事を斜め読みしただけですが、読んでいて思うのは「コミュニケーション」です。
「カメラを構えず、被写体とコミュニケーションを多くとることに時間を費やした」(作者)
アイデアもさることながら、素人の被写体相手にこの世界を出せることに驚きました。
写真は、GRで簡単に複写しただけですので、画質が悪いのはご容赦を。

いかん、扁桃腺が痛い・・・人気ブログランキングへ
[PR]
by Pombo_Brasil | 2008-08-28 04:56 | その他

我慢できねぇ!

blog ranking(クリック)
e0110461_12583813.jpg

気合が入った写真を最近撮ってないと思うこの頃、体調が元に戻るまで我慢の日々だ。
たまにはサッカーの写真上げときます。

サッカー撮りたい!人気ブログランキングへ
[PR]
by Pombo_Brasil | 2008-08-26 13:09 | サッカー・プロ

想像力を掻き立てるような写真を

blog ranking(クリック)

さて、今日は写真の話。
e0110461_7251685.jpg

ニューヨーク在住時代の後半、2年間欠かさずに毎日続けた事がある。
クイーンズのアパートからマンハッタンの職場まで、地下鉄で往復2時間。
この時間をニューヨークタイムズ紙(NYタイムズ)を読むことに使った。
途中、クリスチャン・サイエンス・モニター紙を半年ほど購読したこともあったがさすがに両方買う金がなくて止めた。
独特な言い回しに文体、読みこなしが難しい新聞の一つだが、辞書を片手に読みまくった。

最初は半ページ読むのにも一時間以上かかった。
それでも、一年以上続けたある日、俗に言う大衆紙がすらすらと読めることに驚いた。
おかげで、いまだに発音と会話は超下手だが、英文を読むことだけは自信がある(笑)。

おっと、今日の話題はそんなことじゃない。

NYタイムズを読むうちに気づいたのが、ニュースや写真が持つストーリー性だ。
読者の想像・知的好奇心を掻き立てるような世界にのめりこんだ。
僕が、アメリカンスタイルのドキュメンタリー写真が好きなのは、この頃の影響が大きい。
(ま、好きだけど撮れないのは"腕ややる気がない"ということなので・苦笑)

話は変わって、
最近、ブラジル人フォトグラファーの写真をよく見るようになって大きなショックを受けている。
彼らが撮る写真はど下手か、天才のどちらかだ。
ど下手の写真などどうでもいいのだが、天才の撮る写真にはもうお手上げだ。

「これは、努力がどうのこうので追いつける世界じゃない」
しばらくの間、真剣に写真を止めようかと思ったほどだ(冗談)。

彼らが撮る写真は、ニュース、ウェディング、スポーツを問わず「アート」だ。
そして、美しいだけでなく、見るものの想像力を掻き立てるような世界観がある。
加えて、驚くのがそれらの写真が持つ「説得力」だ。
写真自体が持つ情報量は決して多くない。それなのに、見るものを納得させる「力」がある。
「写真」などという言葉に捉われているうちは絶対に撮れないと思うほどだ。

「こんな写真があったのか」
セバスチャン・サルガドはその最高峰の一つだろう。

観るものの想像力を掻き立てるような写真と文章。
僕が今後、挑戦しようと思っているものだ。

e0110461_726511.jpg

最近、いい写真撮ってないんだよね~(涙)。人気ブログランキングへ
[PR]
by Pombo_Brasil | 2008-08-26 07:58

"GR-D"で気楽にスナップ。

blog ranking(クリック)

GRDが手に入ったことでブログ更新もはかどりそうです(笑)
ブラジル中西部・写真の旅、バスの車窓から見える典型的な光景をどうぞ。

バスを待つ時間に。
e0110461_1450195.jpg

車窓から見える看板がなんとなく気になって。
e0110461_14505829.jpg

「ミランダ川」という名前のスーパーマーケット。
ミランダ川はパンタナール湿原に流れ込む川の一つです。釣りでも有名。
赤土の中に突如表れる街。
e0110461_14511613.jpg

地平線まで続くトウモロコシ畑。
米国の不作でとうろもこしの価格が上がったらいきなりこれです。去年は大豆でした。
昨年、知人が大豆に手を出しましたが、借金抱えてあきらめました。
最低でも数千万円単位の「現金」がないと、とても勝負できない世界です。いや、億単位かな。
e0110461_14513542.jpg

お気楽スナップもいいかな?人気ブログランキングへ
[PR]
by Pombo_Brasil | 2008-08-24 15:05

GR Digital Debut

blog ranking(クリック)

初代「GR Digital」がやってきた。
GRDの名手、必撮さんからのいただきもの。ありがとうございます!
e0110461_4321364.jpg

早速、出かける時に携帯してパチパチ撮り始めた。いいね~、これ。
市内の中央市場で、パステル(ブラジル風ギョーザ?)を食べながら宝くじに並ぶ人達を。
ついでに、その足で、知人のウェディングフォトグラファーにGRを見せびらかしに行く(笑)。

「今日は、面白いものを持ってきたよ」
と言いながら、黒くて精悍なGRDを取り出す。
「なんだそれ?」(きたきた・・・)

手に取りながら、
「え?ズーム付いてないの?単焦点のコンデジ?(目が輝きはじめた)」

彼、おもむろに、GRDからSDカードを抜き取った(えっ?)。
そして、僕がスナップしたきたばかりのデータを自分のコンピューターに読み込み始めた(おいおい)。
ま、こういうところが(どういうところじゃ!?)ブラジル人のいいところでもある(笑)。
最近じゃ、僕もこういう癖がつきつつあるので、日本に行ったら嫌われないかと心配している。

さて、話は戻ってデータの話。
画像をめくり、拡大しながら・・・・・「おおおお、こりゃレンズがいいね」。
はい、彼、興奮してます(笑)。

そして・・・・

「売ってくれ、いくらだ?」
「はい????」
「ウェディングのブックに使うモノクロスナップ用に使いたいんだよね」
「いや、これは売れんよ・・・・・いただきものだからね」
「5万(日本円換算)でどうだ?」
「う~~~~~~~~~ん(滝汗)」

必撮さ~~ん、いくら積まれても売りませんからね~(多分)。

ここで、一句。
「5万円、心がゆれた、人の道」

PS:下の記事、しばらくコメレスをお待ちください。

GRD2が欲しいこの頃。人気ブログランキングへ
[PR]
by Pombo_Brasil | 2008-08-24 03:59 | スナップ・ブラジル

混沌と光

blog ranking(クリック)
e0110461_10112134.jpg

ブラジルに限らず、南米のことを「混沌(カオス)の地」だと表現することがある。
限りなき「グレー(灰色)」の地。善と悪、美と醜の境界線などないに等しい。
この国で心折れずにまっすぐ生きていくことは難しい。
金、女、土地、享楽、ちっぽけな名誉、怒り・・・
人生と美の追求と嘯(うそぶ)きながら、人間の心が作りだすものの多くは醜い。
社会の根幹を、マフィア(泥棒)のような人間達が操ることへの憤りを感じないと言ったら嘘だ。

それでも、濁りない真珠のような、透明で暖かい人生の一瞬に出会うことがある。
「人生は一生懸命生きるに値するものだ」
とても大切な人生の秘密は、誰もが触れることができるものではない。

先日、知人のトラクター運転手(ブラジル人)の奥さんが州都に緊急搬送された。
四〇歳を超えて妊娠したのだが、元々心臓などが弱く、深夜に母子共に状態が悪化した。
州都から数時間かかる場所にすんでいるため、知人のクルマを飛ばした。
救急車で搬送など、一般庶民のブラジル人にはとても高額で支払えない。
e0110461_2305867.jpg

州都に着いたのが朝の四時、友人たちからかき集めた金を持って私立のクリニックへ駆け込んだ。
有名な私立のクリニックは、初診料だけで最低給料の一か月分が飛ぶような世界だ。
担当医いわく、「緊急手術が必要。ここでは無理、すぐに緊急病院へ搬送して!」
「羊水がほとんど出てしまっているから、早くしないと危ない!」
緊急病院にも、私立と公立がある。もちろん公立の緊急病院へ急いだ。
私立の緊急病院で手術、最低給料の半年分でも足りない・・・・・・生と死は平等ではない。

すぐに搬送した。
しかし、公立の救急病院では、父親の叫びが届かず母体が数時間もほっておかれた。
加えて、完全なナースのミスがあった。
なんと、患者のことを忘れてしまっていたのだという。

パニックに陥ったナースが医者を呼び、飛んできた時には赤ん坊の心臓はほとんど止まっていた・・・
「どうして呼ばなかったんだ!」。医者が憤りを叩きつけた。

緊急切開して取り出した赤ん坊はすでに息をしていなかった。
父親は赤子を医者の腕から取り上げると、病院中を狂ったように走り回り、「生き返らせてくれ!」と叫んだ。
天に向かって叫ぶような祈りさえも届かなかった。

もっていきようのない怒りと悲しみ。
「どうしてこんな目に会うんだ!」。
病院を、医者を、ナースを、運命を、そして天をも恨みかけた。
「俺がもっと稼いでいれば、(私立病院で手術も出来たし)こんな目に会わなかったんだ」
「あいつは(赤ん坊)最後まで生きようとがんばっていたのに・・・」
彼の搾り出すような声を聞いて、僕は思わず彼を抱きしめた・・・・
e0110461_232026.jpg

友人・知人の多くが彼に「病院と医者を裁判にかけるように」「罰を与えるべきだ」と訴えたという。

しかし、散々苦しんだ後、彼は妻と共に訴えないことに決めた。

「俺達が訴えたら、死んだ子供が悲しみ苦しむよ」

もちろん、医療事故に対して過ちを正すことも必要だ。それは絶対に間違っていない。
同じような悲しみ・苦しみが2度と起こらないようにするためにも。
でも、僕は彼の魂から搾り出すような告白を聞きながら、彼の心が生み出したものを尊重したいと思った。

暗い記事でごめんです。人気ブログランキングへ
[PR]
by Pombo_Brasil | 2008-08-23 00:51 | スナップ・ブラジル

アコーディオン奏者

blog ranking(クリック)
e0110461_1725770.jpg

e0110461_17265021.jpg

空間処理で写真は違ってくる。
でも、なんのための空間処理なのだろうか。テクニックが先走る写真など面白くもくそもない。
刻一刻と変わりゆく、音と光と演奏家の情熱の世界。
撮影後、モニターを見つめながらあまりにくやしくて、もっと撮ってみたいと思った。

ライブ撮影って楽しいね!人気ブログランキングへ
[PR]
by Pombo_Brasil | 2008-08-21 17:44 | その他