<   2007年 02月 ( 52 )   > この月の画像一覧

希望

blog ranking(クリック)
e0110461_2104861.jpg

人気blogランキングへ。なにか感じるものがあった方、ランキングアップにご協力お願いします。
[PR]
by Pombo_Brasil | 2007-02-28 20:03 | スナップ・ブラジル

blog ranking(クリック)
e0110461_5353153.jpg

wajiraさんのコメント(多民族国家ブラジル参照)に促されるように、子供達を学校に送った帰り道、商店街に寄ってビデオを買った。

ブラジルで空前の大ヒットとなった「フランシスコの2人の息子」

テレビで主人公の子供達が歌っているのを見たり、映画のワンシーンが流れるのを観て、いつか観たいと思っていた。

商店街で、ばったりと知り合いのメガネ店の女主人に会い、少し話し込む。
以前は、まるまると太っていたのが、驚くほど痩せていた。

「あんた、やせたなぁ・・どうした」
「病気でね、手術をしたり、色々ね」
「健康は失くして初めて分かるよね」
「本当ね、健康を失くすと全てを失った気持ちになるわ」
「健康と家族があれば、私はそれで幸せよ」
「お大事に、ご家族によろしく」

映画の感想は・・・素晴らしいの一言。

家族の絆、愛、夢、希望、人生の悲哀、全てがそこにある。

「あきらめるな」。

3月17日、日本全国でロードショー開始。
映像も最高、写真ファン必見です。

人気blogランキングへ。なにか感じるものがあった方、ランキングアップにご協力お願いします。
[PR]
by Pombo_Brasil | 2007-02-28 06:00 | スナップ・ブラジル

スナイパーの嗅覚

blog ranking(クリック)
e0110461_22535360.jpg

e0110461_22542073.jpg

この日の試合は、昨年の州選手権の覇者が州都でアウェイ(敵地)ゲームをする、ということもあってテレビ局が取材に入っていた。
昨年の州選手権の覇者(赤のユニフォーム)は、人口3万人に満たない地方の小さな街のチームだ。しかし強い。
州都(人口80万人)の大手新聞社をスポンサーに付けたチームでさえ歯が立たない。
日本のJリーグでは信じられない世界だと思う。

昨年の州選手権の覇者が動いた。

映像を扱うものは、時の空気・流れに敏感でなければ務まらない。
テレビ局の映像クルーも押さえ所をしっかりと掴んでいる。
激しく指示を出す監督の姿を残さずに収め始めた。

「試合が動く」

その場の空気を感じるものが感覚を同じくした。

e0110461_13086.jpg

時代の匂いを掴み、惑わされず己の信念を伝える。そんな写真を撮れるようになりたいと思う。

人気blogランキングへ。なにか感じるものがあった方、ランキングアップにご協力お願いします。
[PR]
by Pombo_Brasil | 2007-02-27 23:14 | サッカー・プロ

多民族国家ブラジル

blog ranking(クリック)
e0110461_641383.jpg

ブラジルは、アメリカにも劣らない多民族国家。

現住民族に加え、ポルトガル系、ドイツ系、日系、イタリア系、アラブ系、ユダヤ系、ありとあらゆる人種が混在している。

ブラジルにも黒人は多い。
植民地時代、「プランテーション農業」の労働力として600万人近い黒人奴隷がアフリカから連れてこられた。労働環境はひどく、多くの黒人が命を落としたという。奴隷制が終わったのは1888年。

もちろん、ブラジルにも目に見える形、見えない形での人種差別は存在する。
ただし、それはアメリカほどはっきりと見える“人種の壁”となって現れることは少ない。

ブラジルに初めて来た時、「人種の壁の“痛み”を感じない国だな」と素直に感動した。

その理由の一つをエウロ・ブランドンという研究家がこう記している。
「ブラジル人は快活・・その根底には非常に情趣に富み、合理では割り切れない神秘的なものを持ち、人との交わりではヒエラルキーや形式主義にとらわれることなく心から付き合う気持ちが強い」

ブラジルの大地が生んだ国民性なのだろうか。
闊達、かつ気まま、感性重視で超が付く個人主義。そのくせ、サッカーW杯などになると恐ろしいほど愛国心にあふれて一致団結する。

ブラジルの魅力ってなんだろう。

・・・・・

スタジアムの観客席で黒人の親子を見つけた。
写真を撮っていいか、と合図をすると、母親はだまって子供の帽子のつばを上にあげた。

「美しい・・・」

何故か、この言葉しか出てこなかった。

人気blogランキングへ。なにか感じるものがあった方、ランキングアップにご協力お願いします。
[PR]
by Pombo_Brasil | 2007-02-27 06:16 | スナップ・ブラジル

あきまへんわ。

blog ranking(クリック)
e0110461_075011.jpg

す、すみません、1日で写真ブログランキングに返ってきちゃいました(汗)。

節操のないブログですみません。
でも、写真ブログランキングの狭い世界に囚われたくないので、これからもいきなり遠征に行く予定です。

さて、気合入れていくよ!
これからは、基本的に1日おきにサッカー写真とそれ以外を組み合わせていきます。
色んなブラジル見たいでしょ!!
でもね、自分が感動できない写真は載せないつもりだから、変更もありです(爆)。

人気blogランキングへ。なにか感じるものがあった方、ランキングアップにご協力お願いします。
[PR]
by Pombo_Brasil | 2007-02-27 00:27 | サッカー・プロ

控え選手の祈り

blog ranking(クリック)
e0110461_1301194.jpg

ブラジルでは、地方プロクラブ所属選手の月給は、通常日本円にして10万円以下。
地方州のトップクラブでも、エースクラスで月給20万円以上もらえる選手は少ない。
これは、あくまでもレギュラー選手の額、弱小クラブの控え選手の給料は推して知るべし。

プロの世界は結果が全て。
数万人以上のプロサッカー選手がひしめきあうブラジルでは、毎日が生存競争だ。

同点で迎えた後半35分過ぎ、
切り札として呼ばれた若手選手(フォワード)。

プレッシャーに耐える表情を見せながら、胸に手をあてて祈りを捧げ始めた。

人気blogランキングへ。なにか感じるものがあった方、ランキングアップにご協力お願いします。
[PR]
by Pombo_Brasil | 2007-02-26 12:12 | サッカー・プロ

洞察力

blog ranking(クリック)
e0110461_1322414.jpg

e0110461_1324760.jpg

先に動いたのはアウェイ側の監督。

控えの選手(アタカンチ・フォワード)を2人呼ぶと次々に投入した。

ファインダーを覗きながら何故か、ワールドカップ・ドイツ大会の日本 X オーストラリア戦を思いだした。

人気blogランキングへ←これをぽちっとしていただけますと、Pomboのブログランキングが少しだけ上がります。
[PR]
by Pombo_Brasil | 2007-02-26 11:52 | サッカー・プロ

エースの反抗 後半25分 1:2

blog ranking(クリック)
e0110461_1395137.jpg

1点ビハインドで迎えた後半25分、雨上がりのフィールドの中で背番号「10」を軸とした反抗が始まった。

サッカーにも人生と同じで「流れ」がある。

「流れが変わった」。
ファインダーの中でそう思った瞬間、「10」の運動量が上がった。
e0110461_13102420.jpg

中盤から確実にボールをサイドに流し、執拗に同じ攻撃をかける。
後半35分、チームのエースストライカーが右サイドからボールを持ち込んで決めた。
e0110461_1311518.jpg

この時間で同点。
間違いなく、ここから両チームの監督が動く。

写真を撮影するポジションを両チームの監督が見える位置に変えた。

「面白い写真が撮れるかも」、アドレナリンが上昇、頭の中が覚醒し始めた。

人気blogランキングへ←これをぽちっとしていただけますと、Pomboのブログランキングが少しだけ上がります。
[PR]
by Pombo_Brasil | 2007-02-26 09:56 | サッカー・プロ

休養日

blog ranking(クリック)

e0110461_20372490.jpg

今日は休養日。
「パンタナール」のビデオを子供達とみながらしばし休息。
自然には癒されますね。

しばらく休んで、午後からはサッカー撮影です。

写真の線路は、10年以上も前に廃線となった旧パンタナール鉄道のもの。
昔はパンタナールを超えて、ボリビアまで鉄道がつながっていたそうです。
まだ見ぬ、多くの南米の土地に思いを馳せて。

ちょっと心が萎えていて、しばらく気合の入ったテキストは無理かも。
心の中から言葉が出てこない。
とりあえず、こんな時でも写真は撮らないとね。写真はうそつかないし。

今日は、心のお休みをいただきます。

つくづく、淡々と写真を撮ったりテキストを書いたりできるタイプじゃないんだな、と思います。
情熱の火がもう1度点くまで、のんびりと待つことにします。

人気blogランキングへ←これをぽちっとしていただけますと、Pomboのブログランキングが少しだけ上がります。
[PR]
by Pombo_Brasil | 2007-02-25 20:55 | スナップ・ブラジル

コミュニケーション

blog ranking(クリック)

e0110461_2044176.jpg

攻撃に参加している選手達がミーティングを行っている間、チームのリーダー格と監督は、審判団とコミュニケーションを取っていた。

地方の試合は99%テレビにも映らない。

なにが起こるかは、想像に難くない。

地方サッカー協会や審判団の裏話、どこでどう話が伝わるか分からないのでここではかけない。

審判(線審)の胸先三寸でオフサイドの取りようだって違う。

プロサッカーはフェアなスポーツ?違うね。

資金獲得・運用、政治(サッカー協会etc)、チーム運営、サポーターとのコミュニケーション。
運営側に全ての能力が必要とされる「現代の国摂り合戦」だと思う。

だから面白い。

・・・・・

敵陣サイドの線審とコミュニケーションが取れた瞬間。
審判の手を固く握りしめた選手がカメラの方を向いて笑った。

人気blogランキングへ←これをぽちっとしていただけますと、Pomboのブログランキングが少しだけ上がります。
[PR]
by Pombo_Brasil | 2007-02-24 21:08 | サッカー・プロ