カテゴリ:風景・ブラジル( 38 )

Fujifilm X-A1 XC16-50

e0110461_5111387.jpg

カメラ内で「Astia」現像後にLightroom 3で若干明瞭度とコントラストを上げただけ。
基本的にカメラ内現像そのままです。

【F-Foto】 サムレスト シルバー 『各社カメラ対応 サムグリップ』

富士フィルム NP-W126 互換バッテリー1500mAh FinePix HS30EXR /FinePix HS50EXR/ X-Pro1/ X-E1/ X-M1

FUJIFILM デジタルカメラミラーレス一眼 X-A1ダブルズームレンズキット シルバー F X-A1S/1650/50230KIT

FUJIFILM X-M1/X-E2/ X-A1/ XQ1対応 リモートレリーズ (RR-90互換品, JJC-S-F3)
[PR]
by Pombo_Brasil | 2014-04-01 05:28 | 風景・ブラジル

Fijifilm Xシリーズ

e0110461_5174419.jpg

e0110461_5352766.jpg

FujifilmのXシリーズにはまっている。
今、持っているのは廉価版のX-A1(ダブルズームキット)だが、たかが5万円のカメラでここまで写っていいのか、というぐらい恐ろしい描写をする。
キヤノンのように使いやすくないし、色々と使い勝手の悪いカメラだが、「写り」が凄いので、スポーツなど動き物の写真以外はキヤノンの出番はなくなってしまいそうだ。

ちなみに、上の写真はJPEG撮って出しそのまま。これが写る時代になってしまった。

カメラ・ライフ Vol.13 (玄光社MOOK)

【F-Foto】 サムレスト ブラック 『各社カメラ対応 サムグリップ』

フジフイルムXーPro 1 WORLD―新時代のビューファインダーカメラ (日本カメラMOOK)
[PR]
by Pombo_Brasil | 2014-03-19 05:40 | 風景・ブラジル

川の流れのように

e0110461_11503290.jpg

いつの頃からだろうか、ブラジルに来てから音楽を聞かなくなった。
高校、大学時代、あれほどはまっていた洋楽もとんとご無沙汰。
たまに楽しむ洋楽は、アメリカドラマの「スーパーナチュラル」の中で聞くぐらい。

遠征先のチームを追って、日曜日の午後早くにクルマを飛ばす。
幹線道路から抜けて、州を縦断する抜け道に入り込む。

見事だ、何十キロも何もない光景が続く。

手探りで助手席のカバンを探り、カメラを出す。
フトントガラスにカメラを押し付けて、どこまでも続く道を撮った。
写真右に写り込んでいるのは何かの反射だろう、まあいいや。

さて、先は長いし、たまには音楽でも聞くとするか。
音楽プレーヤーに手を伸ばす、ボブマーレー、ボストン、AC/DC、スティング、ロキシーミュージック

うーん、気分じゃない。

冬のソナタ、夏のかおり、美しき日々のサントラ?  こりゃママィの趣味だ。

おっと、これこれ。

美空ひばり「川の流れのように」

これがブラジルの大地に合うのよ。
人生、晴れの日があれば、雨の日もあるさ。
[PR]
by Pombo_Brasil | 2011-05-25 11:35 | 風景・ブラジル

シャカラ(農園)で過ごす週末

e0110461_650996.jpg

サッカーの撮影などがない週末、知人が管理する市郊外のシャカラ(農園)を訪れる。
訪問するのはきつい日差しが緩む午後の遅い時間、子供達を連れてクルマを飛ばす。

農園内にはたくさんの鶏が放し飼いにされ、子供達は農園内の池(写真のもの)で釣りを楽しみ、大人達はフットサルに興じる。
数ヘクタールはある農園だが、日本円にして数千万円程度。
ブラジルで成功した人達は、引退後をこうした農園で過ごすのが夢。もちろん僕もその1人だ。

さあ、今週もがんばろう!

PS:ちなみに、ブラジルではこういう話も出ています。
「(東日本大震災の)被災者をブラジルへ」(サンパウロ新聞)

More
[PR]
by Pombo_Brasil | 2011-05-24 06:56 | 風景・ブラジル

Terra do paixão 情熱の地

e0110461_1484422.jpg

郊外にある知人宅のパーティー、夕暮れの街から郊外に向けてクルマを走らせていた。
市街と郊外を分ける境界線に並び立つ新興住宅地。
「人生プランのお手伝いをします(〇〇市役所)、割引制度あり」の看板が目に入る。
抽選タイプの典型的な公共事業だ。

住宅街を抜けると、はるかに広がる空き地と遠方で金色に輝く雲が目に入った。
クルマを路肩に止めてカメラを構える。クルマが何台か通過する。クルマのガラス越しに僕を観察する人達。
遠くに見える新興住宅地に灯りが点り始めた。
灯りの中にいくつの人生があるのだろう。「生」の灯を強く、淡く、はかなく照らしながら。

ファインダーを覗いている僕の心に歌が聞こえてきた。


[PR]
by Pombo_Brasil | 2009-12-26 09:50 | 風景・ブラジル

Centro Oeste 中西部

e0110461_7342060.jpg

我が家から半時間もクルマを飛ばせば目に入る、中西部の何の変哲もない風景です。
[PR]
by Pombo_Brasil | 2009-07-28 07:36 | 風景・ブラジル

樹がある街

e0110461_15483752.jpg

僕の子供達が通う私立の学校は、授業態度が厳しく進度も速いことで有名だ。
「先生が厳しくて怖い」。僕の次女や友人の次男が、最初は先生のことを怖がった。
いい学校だ(笑)。先生は、畏怖と尊敬の対象であるべきだ。

数年前、長女を幼稚園部に通わせようとした際に、授業の様子を見せてもらった。
今でも、幼稚園年長組の教室のドアを初めて開いた時の驚きを鮮明に覚えている。
子供達が、姿勢正しく静かに先生の話に聞き入っていた。
「しつけ」という言葉が生きている、そう思った。
もちろん、放課後や休み時間は子供達は思う存分に走り回っているw。

それだけでなく、自然保護や健康維持、スポーツ、麻薬対策の教育などにも力を入れる。
僕の長女は炭酸飲料やフライドポテトを食べたがらない。
「学校で炭酸飲料やファーストフードが良くないと学んだから」だという。
また、水や自然の大切さを学ぶために副読本を買って感想文を提出、自然保護についてインターネットで調べ物をしてノートに書き出す。長女は9歳だ。
さらには、警察署から専門家を呼んで麻薬の怖さや犯罪と闘う勇気を学ぶ。
数ヶ月に渡る警察官の出張講座が終了した後には、警察署の署長さんが学校を訪問して終了証を学生に手渡す。
僕の長女も、妻と一緒に終了式に参加した(僕は仕事で行けなかった)。
(信じられないかも知れないが、ブラジルでは小学生が麻薬に手を出すことがある、日本もいつそうなるか)。

僕達が住む場所は、南米のゴールデントライアングルに近い。毎日のように麻薬密売や殺人の記事が出る。
ブラジルの中でも非常に混沌とした街の一つだが、それでもこの街の中に佇む大きな樹のように、正しい心の上にしっかりと根を張って生きることはできる。

自然の写真を撮り出して僕達が住む街に新たな視線を得ることが出来た。

「樹がある街」

地の果てだが、根っこを張って生きていくには悪くないと思う。
[PR]
by Pombo_Brasil | 2009-07-26 15:51 | 風景・ブラジル

キーワードは30 続編 Part2 「牛のいる風景」

e0110461_1154288.jpg

夕陽を撮るポイントを探してクルマを飛ばしていた時のことだ。赤い牛がいる光景が視界の横に入った。
「絵になる」、一瞬でそう思った。
道路は片側一車線、クルマを500メートルほど先のクルマ溜りに止めてカメラを担いで急いで戻った。
牛が動いたら構成が崩れる。
道路と牧場を隔てる大きな長いくぼみ(雨季には川になる)と生い茂った雑草が目に入る。それを超えなければ牧場の金網には近づけない。
途中には小さな蟻塚がいくつもあった。蟻塚をふまないようにくぼみと雑草の茂みを越えた。

牧童がいないのを確認した上でカメラを金網越しに構える。人がいれば手を上げて挨拶して撮るのは基本。
カメラは遠目にはライフルに見える場合もあるため、間違えられれば危険。どの牧場にも自衛用のライフルぐらいは置いてある。
ここは日本じゃない。自分の身は自分で守るのが基本。襲われても警察は基本的にあてにならない。

ぶれを防ぐために体とカメラを柵と金網によりかける。金網の突起が体に刺さる。
さあ、夕陽を探して先を急ごう。
[PR]
by Pombo_Brasil | 2009-07-26 01:29 | 風景・ブラジル

キーワードは30 続編 Part1 「大地の夕陽」

e0110461_1355516.jpg

写真ブログ界の「ジャイアン」、もとい(汗)「下町の怪人」が名づけた「キーワードは30」
先日、僕は労体(老体?)に鞭打って「ブラジルの夕陽がみたい」と言う彼のリクエストに答えるために、クルマを30分走らせた。
そして、下町の怪人はチャリンコを30分走らせて、とても素晴らしい東京の夕陽を見せてくれた。

僕が撮った写真はご承知の通り、しかーし!Photo.netではあの2枚でも最高点(7点)を誰からももらえなかった。
(いいんだもん、なれあいのポイントなんて欲しくないしー。←オイオイ実力だろ)

でも、でも

くやしいーーーーーーーo(*≧д≦)o″))

ま、評価はともかく、ネイチャーの面白さにすっかりはまってしまった(笑)。
ネイチャーって面白いじゃん!(え?おねーちゃんだともっと面白い?うちのママィに冗談は通じません・汗)

で、今回は自発的に「キーワードは30プラス」のプチドライブ・・・ガソリン代かかるなぁ。
前回は夕焼けは撮れたが、夕陽は撮れなかったしね。日本行ったら下町の怪人にラーメンおごってもらわないと・・・
地平線に沈む夕陽じゃないけど、いいかなー。

「キーワードは30続編Part2」は正攻法の牛風景写真が登場予定です。

PS:これも現像はACDSeePro3_Beta版、宣伝費請求できるか?
[PR]
by Pombo_Brasil | 2009-07-24 23:23 | 風景・ブラジル

道路は続く

e0110461_14145758.jpg

首都ブラジリアへと続く道をさらに北へ、夕陽のロケ地探しは今週も続く。
撮影にまとまった時間が取れるのは日曜日しかない。労体(老体?)に鞭打って昼寝から起き上がり、ハンドルを握る。
いざ探してみると、なかなかこれといった場所を探すのは簡単じゃない。

ブラジルでは信じられない価格で初代EOS-1Dを再導入、セリエBのシーズンが9月から始まるのでテストシュート中。
再導入の決め手となったのが、中古1Dの値段に加えてACDSeePro3のBeta版の使いよさ。
閲覧、選択に加えて、出したい色やトーンが個人的にだけど非常に追い込みやすいので、購入決定です。

9月のシーズン開始までは未公開のサッカー写真なども公開予定ですが、予定は未定です(爆)。
[PR]
by Pombo_Brasil | 2009-07-20 14:31 | 風景・ブラジル