カテゴリ:ブラジルの肖像( 1 )

ブラジルの肖像 No.1 Cantor (ミリオンセラーの夢)

e0110461_16285923.jpg

写真は、街中のレストランなどで"セルタネージャ音楽"を流すティーンエイジャーの兄弟。
ブラジリアンドリームをかなえるために、十年近く前にお父さんと一緒に田舎町から出てきました。
写真中央の弟さんが6歳の時から人前でギターを弾き、プロを目指して音楽で生計を立てています。
ブラジルの音楽界で成功すれば、日本とは桁が違う収入と夢、名声がかないます。
実力と運の世界、広大なブラジルで適う夢はとてつもなくでかいのです!

セルタネージャ音楽はカントリー音楽と言えばよいのでしょうか。その中でもよりポップ調にアレンジしたセルタネージャは若者にも人気があります。
男女の愛や、ブラジルの夢、情熱、壮大な自然を歌いあげた音楽は聴いているだけで力が出てきます。

そして、なんと!僕たちの街の観光街が数日前、観光フェスティバルの目玉としてミリオンセラー・セルタネージャ歌手の「レオナルド(Leonardo)」を呼びました。
レオナルドはセルタネージャのカリスマ的存在です。
スポンサーはコカコーラと地方政府。人が集まる観光地なので、金はいくらでも出るのです。テレビや新聞も取材に来ていました。
しかもなんと入場料無料!コカコーラ太っ腹!!
e0110461_16281964.jpg

ブラジルを代表するセルタネージャ歌手のレオナルド(Leonardo)は、現在46歳。
これまでに売り上げたレコードは軽く数千万枚。そこらへんの歌手とは桁が違います。
趣味は、サッカーとジェットスキー(なんと、自家所有の牧場の中を流れる川でジェットスキーができる!)。
もちろん、自分の牧場内にサッカーのコートもあるそうですw。

傍から見ると、成功人生でうらやましい限りですが、98年にはデュオで一緒に歌っていたお兄さんが亡くなっています。
この時すでにミリオンセラーのデュエット歌手として大成功を収めていたのですが、お兄さんを亡くしたショックで歌手を続けられないほどに。
しかし、数年後にシングルの歌い手として再デビュー、次々とヒット曲を出します。
ところが、2003年に交通事故で大きな怪我を負い、そのリハビリに相当な時間をかけることになりました。
その怪我からもまた復活、彼は歌い続けています。

そんな彼だからなのでしょう、情熱、愛、そしてブラジルの夢を伝える歌は人の心を打つと思うのです。
試練を与えられた時、その試練をどのように受け止めて懸命に生きるか、その想いが人の人生を分けるのかも知れません。

レオナルドの代表曲のひとつ、「Eu deixaria tudo・全てを捨てて」。

[PR]
by Pombo_Brasil | 2009-08-09 16:29 | ブラジルの肖像