カテゴリ:食事ネタ( 8 )

ブラジルラーメン

blog ranking(クリック)
e0110461_22421443.jpg

今日の昼食はレストラン「Hong Kong」のラーメン。10レアル(約600円)なり。
鶏がらだしの正統派。調味料がすこし強いが、サンパウロのなんちゃってラーメン屋より百倍まし。
チャーシューも柔らかくて激ウマ。「うーん、マンダムっ!」
ブラジルで日本食を作るのは、食材が高いし味もイマイチなので実にむずかしい。
ブラジルに来て最初に日本食を食べた時は、星一徹になりかけた(笑)。

中華料理店だけど、経営は日系人の方です(現地仏教会の偉いさんでもある)。
ふらふら、ちゃらちゃらしている若者が嫌いで、へたなことを言おうものなら説教を食らうのがオチ。

天然記念物のような日系人に会いたいと思ったらブラジル → 人気ブログランキングへ
[PR]
by Pombo_Brasil | 2008-06-02 22:53 | 食事ネタ

門外不出のチーズケーキ

blog ranking(クリック)

知人が販売しているチーズケーキが今回の記事。
e0110461_20255725.jpg

「早く食べなきゃ!」
で、ピント、写りこみも含めて撮影は超いいかげんなのでご容赦を(笑)。
水滴が付いているのは冷蔵庫から出したばかりなので、これもご容赦。

大事なのは、写真より、このチーズケーキの由来です。
日経移民の血を引く知人、ある日、大阪の街を歩いていると、行列が出来ているチーズケーキのお店が目に入ったそうです。
彼のお母さんは、常々「ブラジルに帰っても手に職が付くようにしなさい」と言っていたそうで、
「これだ!」と思った彼は、その足でそのまま、お店の主人に「作り方を教えてください!」と頼みに行ったそうです。

もちろん、最初はけんもほろろに追い返されたそうですが、
お母さんと一緒に幾度となく頼みに行って、それなりの謝礼と一緒に弟子入りを認められたとか。
それなりの謝礼・・・まぁ安くはないそうです。門外不出のレシピと製造方法だそうですから。
ちょっとした年収に相当?・・・まぁ想像にまかせます(笑)。

お味ですか?レアではなくてスポンジ系ですが、飽きのこないさっぱり系です。
きつい味の甘みが多いブラジルのお菓子の中で、まるでオアシスのような味と言えば分かりやすいかな。

大阪で生まれてブラジルに移住したチーズケーキ、食べてみたいですか?

オレ・ワタシも食いたい!と思ったら→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by Pombo_Brasil | 2008-03-08 20:37 | 食事ネタ

最近の昼食

blog ranking(クリック)

ひさびさのメシネタです。
最近は、昼飯を作るのがおっくうなので、近所の市場近くにあるメシ屋で済ませます。
ランチ二人分(写真)で、500円弱。
フィレ肉(コントラフィレ)のステーキにライス、フェジョン(豆スープ)にetc。
ライスはお代わり自由なので、僕と長女・次女には十分すぎます。
e0110461_22522831.jpg

食いモンぐらい安くないとやってらんねぇ!→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by Pombo_Brasil | 2008-02-16 22:56 | 食事ネタ

シュラスコランチ、400円なり。

blog ranking(クリック)

相原さんの飯ネタ続きに「リベンジ」です。
e0110461_15465727.jpg

e0110461_15472030.jpg

e0110461_16132858.jpg

最近、我が家ではまっているランチ。
店主の叔父さんが1人で切り盛りしている小さなお店です。

シュラスコ食べ放題で、なんと400円!
ご飯、フェイジョン(豆の煮付け)、サラダなどが取り放題。
新鮮な野菜や食べ物を出してくれるので安心して食べられます。
席数20もない、自宅を改造した小さなお店ですが、隠れ家的雰囲気で最高です。

値段が値段なので、お肉は2級品クラス。
しかし、シュラスコ店で何十年と働いてきたご主人だけあって肉の扱いは抜群。
絶妙な味付けと焼き方です。
この値段でここまで食わせるランチのお店には今まで出合ったことがありません。
安いシュラスコ店だと、どうしても肉の味が平坦で二度と食べようとは思いません。
ただし、ここは別格です。

長女と次女が通っている学校に近いので、週に2回ぐらいは通ってしまいます。
いやぁ・・・極楽です。

追記:コメレス少々お待ちください。

人気ブログランキングへ ← このやろー!と思った方も応援オネガイします。
[PR]
by Pombo_Brasil | 2007-11-10 16:00 | 食事ネタ

テレレ(冷やしマテ茶)

サッカーがオフシーズンなので、しばらくは雑ネタが続きます。
ついでにデジタル一眼レフの懐かしの名機「EOS D2000」で遊びましょう。
e0110461_1811569.jpg

中南米の代表的なお茶に「マテ茶」があります。
通常は、緑茶かローストしたものを日本茶のように温めて飲むのですが、
パラグアイやブラジルの暑い地方では、マテ茶を冷やして飲みます。

飲み方は簡単、マテ茶の葉っぱをコップに放り込んで、冷水をそそぎます。
フィルター付きストロー(ストローの先にフィルターがついています)を使って飲みます。
こうして飲むマテ茶のことを「テレレ」と言います。

水が「キンキン」に冷えているほうが美味いので、ペットボトル(大)に注いだ水を凍らして使います。
ビタミン・ミネラルに加えて、食物繊維も豊富。
肉食中心で、とにかく暑いブラジル西部には欠かせない飲み物です。
ちょっと苦くて癖のある味ですが、テレレを止められなくなったらブラジルに溶け込んだ証拠。
私達の家族はみんな大好きです。

美容と健康の味方、「マテ茶」を飲もう!
アルゼンチン大使館「マテ茶」紹介ページへGO!
e0110461_18113125.jpg

今回は、Camera Raw 3.7で現像しました。
[PR]
by Pombo_Brasil | 2007-10-16 18:27 | 食事ネタ

シュラスコ職人

blog ranking(クリック)

シュラスコは誰が焼いても美味しいというものではない。
肉の選び方に始まって、牛の部位ごとの味の違いや焼き方、極めるには何年もかかる。
シュラスコの写真をお見せする前に、今日は「シュラスコ職人」を紹介させてもらおう。
e0110461_2333964.jpg

彼は、この道20年、「シュラスコ道」一筋の本物の職人だ。
自分でも店を持っているが、パーティーなどに呼ばれれば、道具一式を持って参上する。

「高い肉や俗に“1番品質”と言われている部位の肉にこだわるのは素人だぜ」
「個人的には、“2番品質”と言われている肉にこそ、深い味わいがあると思っているんだ」
「知ってるか?実は、安い肉のほうがビタミンなどの栄養が豊富なんだぞ」
「もちろん、2番品質の肉を御すのは長年の腕があってこそ」
「今度、うちの店に来いよ。シュラスコの食べ方ってやつを教えてやるからよ」

おっちゃんと暫く「シュラスコ」について語り合い、僕はうなずき役に廻っていた。
次第に、シュラスコを語るおっちゃんの顔が輝きはじめる。

「写真を撮っていいか?」
ちょっと恥かしがりながらも、「いいよ」と言ってくれた。

一枚勝負だ。

e0110461_035782.jpg

さて、

日本に帰る度に思うのだが、どうも日本の肉が物足りないと感じることが増えた。
もちろん、高い肉は柔らかくて美味い。
だが、なんというか、コクのある深い旨みが日本の牛肉には欠けている。

ブラジルの牛肉は、肉の部分ごとに味が驚くほどに違う。
シュラスコの醍醐味は、その味の違いを楽しむこと。
肉をかみ締めると、ほどよく焼けた肉の匂いと交わって、口の中になんとも言えない深い味わいが広がる。
脳が興奮する。まさに至福のひと時だ。

だから、
本当に美味いシュラスコを食べたければ、ブラジルに来るしかない。
牛の種類も日本とは違う。こちらの牛はこぶ付き牛。

ブラジルの本場でシュラスコを食べてみて欲しい、
「やわらかい肉が旨い肉」
なんていうアホな固定観念が宇宙の果てまで飛び去ってしまうことを請合う。

人気blogランキングへ。 ← 次はシュラスコ写真です。びっくりするよ。
[PR]
by Pombo_Brasil | 2007-08-28 23:58 | 食事ネタ

C級グルメ / パステウ編

blog ranking(クリック)

さて、C級グルメ第2弾は「パステウ」です。
e0110461_15253567.jpg

そんなにお腹が空いていないけど、なにか食べたい時、僕は軽食屋さんに飛び込みます。
軽食屋さんのメニューは基本的に、パステウとサウガード、フルーツジュースなど。

パステウは写真手前に写っているものです。
パン生地風の皮の中に、色んなものを詰めて油で揚げます。
奥のショーケース内に見えているのが、サウガードと言われる揚げ物類です。

パステウの基本はチーズか牛肉。
僕が食べているのは牛肉とたまねぎ、ねぎなどをミックスしたもの。うまいです。
他にも、ピザ風に色々つめたもの、カニカマ、チキン、えび(これはマジにうまい)など、多種多様なものが入ります。
一つ、R$1.50(90円)ぐらいです。
写真左側のソースは、こちらのの“ママさん”特製のもの。
揚げたてあつあつのパステウに特製ソースをつけてほおばると・・・・・
外はカラッと揚がっているのに、中はジューシーな肉と玉ねぎ。
それらが、渾然一体となって、まったりと口の中でとろける、まさに食の桃源郷。

「うーん、最高!」

もちろん、果汁100%のオレンジジュースも一緒です。これが120円。

今日のランチはしめて「210円」でした。

人気blogランキングへ。 ← 「こんちくしょー、うまそうなもん食いやがって」と思われた方、ボタンでもどついてください(笑)。
[PR]
by Pombo_Brasil | 2007-07-29 15:38 | 食事ネタ

C級食事ネタ / ビジネスランチ

blog ranking(クリック)

B級ならぬ、C級食事ネタです。
市内には、ランチ専門店がたくさんあります。
安いところではR$3(180円)、高いところでR$8-R$12(500円-800円)ぐらい。
e0110461_9421960.jpg

今日は、市中に私用があったので、街中で昼食を済ませました。
肉類・ご飯・サラダなど各種取り放題(1回だけ)でR$6(350円)、地方の昼食としては比較的高い方です。
僕は小食なので少ししか取りませんが、周りをみていると、みなさん山盛りです(笑)。

時間に追われていて、適当に盛り付けたあとで後悔、「ブログ用に綺麗に盛り付ければよかった」。
仕方がないのでとりあえず、一枚です。今度リベンジしましょう。

客層はビジネス関係の方が中心です。
日本の感覚で見れば、安いと思うでしょう。
ただし、こちらの地方では労働人口の半分が2万円以下の給料で家族を抱えて生活しています。
景気も庶民レベルではそれほど良くなっていると実感できません。
商売を始めた人の7割から8割が3年以内に撤退していると聞きます。

ブラジルでは、こちらで子供を生めば、違法滞在者にも永住権に似た形の半永久ビザが出ます。
子供はもちろんブラジル国籍。憧れのブラジルに移住できます!

ただし、
途上国には日本人向けの仕事は少ないので、商売を始めることが基本です。
本気で移住したいなら最低一千万円ぐらいは用意してください。冗談抜き。
家族持ちならもっと必要でしょう。
もちろん、人によって大きな差があります。一文なしでもやれる人はやれる。
それでも、現実は数字との戦いなので、最初の数字はできるだけあったほうが持久戦に耐えられます。

まぁ、景気に文句を言っても仕方がないので、メシ食ってがんばりましょう!

人気blogランキングへ。 ← C級でよろしければ・・・笑
[PR]
by Pombo_Brasil | 2007-07-27 09:37 | 食事ネタ