カテゴリ:スナップ・ブラジル( 162 )

忠犬ハチ公と防犯

確か先月だと思うが、ブラジルのテレビでリチャード・ギア主演の「忠犬ハチ公」をやっていた。
最後のシーンでうるうるしてしまったのは、仕方がないというものだ。あれは泣ける。

ブラジルにも犬好きが多いが、防犯の意味で飼われているケースも少なくない。
我が家に昨年来た「ハチ」もそうだ。雑種だが、プードルが混ざっているので頭がいい。

e0110461_9363156.jpg

自分の立ち位置を良く分かっているようで、我が家に関係のない人間が近づくと吠える。
加えて、子供達の良い遊び相手にもなっているようで、「この子が来てよかったねー」と本当に感謝している。
小型犬だが、防犯上、とても役に立つ。犬がいるだけで防犯効果が顕著に出てくるのだ。

昨年の話になるが、夜中に門戸のカギを壊されて庭の中に入られ、長女が買ったばかりの自転車が盗まれた。
奇跡的に、盗まれた瞬間に地元の警備員が通りかかり、泥棒は自転車を置いて逃げ去った。
我が家は市の中心街で治安がとても良いほうだ。それでも我が家の近所はみな防犯設備を常備した上で犬も飼っている。
高圧電線を壁の上に張り巡らしているのは我が家だけではなく、近所の家はほとんどがそうだ。
市郊外の治安の悪い地区になると、強盗が白昼堂々と出没、被害にあったことのない家のほうが珍しいということになる。
冗談ではなく、本当の話だ。

我が家も「ハチ」が来るまでは夜中に物音がすると、1脚を手にして家の外を伺ったりしたものだが、
犬が来てからは、安心して寝られるようになった。

e0110461_9365521.jpg

こうして書いているとブラジルは怖いところだと思うかも知れないが、要は安全感覚に対する「なれ」だ。
廻りの環境に対する緊張感を身につけること。こちらに住んでいれば自然と身につく。
しっかりと気を付けていれば怖い目にあうことも滅多にない。

街の中で、時折だが日本人観光客を目にすることがある。
日系人と日本人観光客、すぐに見分けはつく。あれだけ無防備な人達も滅多にいない(笑)。
それだけ、日本という国は治安で誇れる国だろう(最近はそうでもないようだ)。
緊張感など、生きる上で必要になれば身につければいいだけの話かも知れない。
[PR]
by Pombo_Brasil | 2011-08-03 10:01 | スナップ・ブラジル

教育

日が沈みゆく競技場にたたずむ少年。
e0110461_11544051.jpg

今年から、3人の子供たちを公立の小学校に入れている。
昨年までは市内の進学校に入れていたのだが、小学生3人で日本円にして年間100万円以上という経費にとうとう音を上げてしまった。
ブラジル地方での100万円なので、日本の都市部なら少なく見積もっても400万円以上に相当するだろう。
学費に教科書、制服、副教材、軽食代、クラスメートとの「おつきあい」費。
なぜ私立?私立と公立の教育レベルの差が大きく、しかもブラジルは日本を凌ぐ学歴社会。子どもの将来のためにも教育投資が欠かせないと踏んだからだ。
ブラジルでの教育レベルによる生涯収入の差は日本のそれに比べて何倍、何十倍にもなる。

私立では「おつきあい費」もバカにならない。
クラスメートから毎月何度も届く「誕生日会」「交友会」への招待状、これが親にとっては結構な恐怖(笑
「プレゼント」を買うだけで毎月のように恐ろしい金額が飛ぶw
私立の有名校だと親達も金持ちが多い。会場貸切で数十万円などという誕生日パーティーを平気でやるのだから、あまり安いプレゼントも持たせられない。
クラスメートの自宅に招かれることもあるが、これも手ぶらではなかなかいけない。呼ばれた家は全てプール付の豪邸だ。

クラスメートのご両親に「お父さんも少しゆっくりしていきましょう!」と言われて思わず一杯(笑)。
プールサイドで極上のシュラスコを食べながら、備え付けのホームバーでボジョレーヌーボーを開ける・・・いかん、こんなことを毎度のように経験していたら自宅に帰った時のギャップが大きすぎる(爆

実際、子ども達も「なぜ、自分達だけ違うのか」と思うようなことも少なくなかったと思う。
学友の家には大型プールやプラズマテレビ(日本の価格の何倍もする)が当然のようにあり、学友の部屋には専用のコンピューターやテレビ、色とりどりの家具、夢のような数(額)のおもちゃが転がっている。
世の事情が分からない次女などは「家に大きなプールがほしい」「なぜ、うちにはないの?」と言い出す。
今となっては親子そろって貴重な体験をしたと思っているのだが。

で、今年からは思い切って公立校にしたのだが、きっかけとなったのは商売仲間のパレスチナ移民のおばあさん。パレスチナ紛争で国を出てきた移民一世で、ブラジルで放送されたNHKの「ハルとナツ」を見て涙が止まらなかったという苦労人だ。
学費で悩んでいるのを打ち明けると、色々と相談にのってくれた。
「公立校で"モデル校"というのがあるから応募してみるといいよ、学校の設備も質も悪くないって話だよ」。

“モデル校”というのは、地方政府で小・中学校のモデルケースを作り、そのレベルに向けて他校の水準を上げていくということで作られた模範校だ。
その“モデル校”は、人口80万人の我が街にたった3校しかない(市内には100校以上の小・中学校がある、ブラジルの地方はまだまだ子どもが多いのだ)。
僕たちの街では、学校は教区制ではなく自由応募制。全てが抽選で選ばれる。
行きたい学校が見つかればインターネットで市教育局のサイトに登録、抽選で外れれば他の学校にまわされるシステム(インターネットがなかったころは、入学申請をするために夜中から学校の前に並んだそうだ)。コンピューターがない家はネットカフェに行くしかない(コンピューターがない家が多いのでネットカフェはそこら中にある)。

抽選結果を待つこと一ヶ月・・・

初のモデル校応募で次女と長男の2人が“当選”した。
アップタウンの上流階級が住む地域にある公立の新設校、市が最も力を入れている学校の一つだ。
入学登録で学校を訪問した折、学校の責任者に「初めての応募で2人が当たるなんてすごく運がいい」「入学希望者が後を絶たないので・・・」などと言われてしまった。
当然ながら学費は無料なのだが、それ以外にも教科書、かばん、制服、課外活動費(フットサル、空手、クラシックバレエなど)、軽食が無料。運動靴までもが無料で配られるのには本当に驚いた。

最初は、公立校の雰囲気に馴染みにくかった子ども達だが、今では学校がすっかり気に入ってしまった(とは言っても私立時代の楽しいイベントの数々は忘れられないのだろう)。
パパィとママィも私立のスノブな学友のご両親達とお付き合いをしなくてすむので気が楽だw

私的には、公立校の入学日に驚いたのは人種の違い。
私立校では、学生(学童)の9割方は白人か白人系だったが、公立校では白人率は1割。僕たちの街の人種比率から言えば、公立校がその比率に近いのだ。
いかに社会の上層部を白人が占めているか、これでもわかるというもの。

話は変わり、浮いた教育費は少人数システムの学習塾(公文式に近い)に投資することに決めた。
目標は、3年後に長女と次女を我が街にある「陸軍付属学校(中学・高校)」の入試にパスさせることだ。
僕たちの街にはブラジル軍の西部方面司令本部があり、軍の施設が非常に多い。「陸軍付属学校」はもともと陸軍士官の子女教育のための学校なのだが、一般にも門戸を解放している。
「陸軍付属学校」の教育レベルはブラジル国内トップレベル、「学生の将来は保証されている」とまで言われる学校だ。
ただし、競争率は20倍近く、地方の秀才が競って入学試験を受ける。

ブラジルでは、受けた教育がキャリア・人生の多くを決定する。
もちろん、教育や収入が人を必ず幸せにするわけではない。
それよりも、親や社会が質の高い教育の場・機会を与えることで、将来、その子ども達がより多くの人を幸せにできる可能性を作り出せると思う。
我が子が幸せになるなら、そのように幸せになってほしいと願う。
それこそ、本来あるべき一つの「教育」の姿ではないだろうか。

下の写真は次女と長男が通うモデル校。
e0110461_11554419.jpg

[PR]
by Pombo_Brasil | 2010-03-05 11:56 | スナップ・ブラジル

Feliz Natal! (Merry Christmas)

e0110461_9115877.jpg

e0110461_9123811.jpg

ママィと一緒にクリスマスイブの夜に泣いてしまった日本の童謡と「清しこの夜」。
アンドレ・リュウ ( Andre Rieu ) の「Christmas With Andre Rieu」。このDVD最高です。
タスマニアのカメラマンがこれを観たら涙が止まらないと思う。賭けてもいいね(笑)。
移民政策や戦争など、故郷の土を2度と踏むことなく亡くなった多くの同胞たちにこの歌が届きますように。



e0110461_9463234.jpg

[PR]
by Pombo_Brasil | 2009-12-25 09:20 | スナップ・ブラジル

近況と来年

写真は家の近くでバドミントンに興じる次女、後ろの壁の裏側は私営のフットサルコート。
e0110461_1071418.jpg

いやはや、長い間ご無沙汰しておりました。棚上げになっている記事も多く、本当に申し訳ないことです。
こちらと言えば、疲労困憊の中でとてつもなく忙しい年末のスケジュールをこなしておりました。
家族5人、地球の裏側で生き抜いております。

写真は初代1Dで撮影、ACDSee Pro3で現像。
ACDSee Pro3は、個人的に非常にツボにはまっている現像・管理ソフト兼ビューワです。
他の現像・管理ソフトのほうが人気はあるでしょうが、人の好みなど知ったこっちゃありません。
来年の地方リーグ戦は、この組み合わせで撮影・現像する予定です。

もう一度「突き抜けた写真」を撮ることに焦点を絞ります。

話は飛び、これは個人的な備忘録。
今年は色々な意味でためにためた膿が出てきた1年、本当になにもしないうちに終わってしまいました。
特に一昨年、やむにやまれぬ事情で体力・精神的にかなり追い込まざる負えなかったのが効いています。
今年1年は、ストレスと疲労で新陳代謝系に異常をきたし、疲労から腰と足を痛めてまともに歩けないような状態が何ヶ月も続いていました。
やっと体調異常が終息に向かいつつはあるのですが、あと1年ぐらいは無理はできない感じです。
実は、ブラジル代表などの撮影でも、激痛に足をひきずりながら撮影してました。
撮影はポジショニングやアングルが非常に大切なのですが、ローアングルひとつに顔を歪める有様。
まあ、一時はベッドから起き上がるにも苦労したので、かなり良くはなっています。
来年は再度、地方リーグの撮影に情熱をこめて取り組むつもりなので、ママィに強く薦められているウオーキングをやるしかないようです(笑)。

ちなみに、来年の5月頃に1ヶ月ほど日本に一時帰国します。
長女と一緒です。ママィと次女、長男はお留守番、だって家族全員で帰国したら百万円コースです(笑)。
基本的には地元(四国)に滞在していますが、東京にも2週間ほど滞在します。
外国人・海外永住者だけが買える「JR Pass(JR乗り放題切符)」を買っていくので、四国では色々と廻ってみるつもり。
長女も、おじいちゃんやおばあちゃんと会える日本旅行を楽しみにしています。
次はいつ日本に帰れるか分からないので、機材も買い込まないと(笑)。
ブログで知り合った皆さんにもできるだけお会いしたいですね、帰国間近になりましたらまたブログでお知らせします。
日本までの飛行機代で破産してますので、日本食おごってください!(半分冗談)。
[PR]
by Pombo_Brasil | 2009-12-21 10:07 | スナップ・ブラジル

世界に出ようよ!なんて簡単に言えない。

e0110461_13483127.jpg

僕たち家族が住んでいる家は、人口80万の大都市の中心街にほど近い場所にある。
築30年以上の古い家だが、部屋数も多いし子供たちが自転車で走り回るぐらいの庭もある。
そして、この家には前オーナーの人生と想いがつまっている。

この家を買ったのは、日系一世のご夫婦との出会いから始まる。

我が家の前オーナーでもあるご主人の話だ。
日系企業(サンパウロ駐在)の人事部長としてブラジルに赴任してきたが、当時のブラジルは超インフレで不況真っ只中、会社はしばらくして日本へと撤退した。
「役員待遇で迎えるから日本へ帰って来い」
日本の本社は再三帰国をうながしたが、「僕は骨をうずめるつもりでブラジルに来た」「ブラジル人の首を切って自分だけのうのうと役員になれるか!」と帰国の要請を断り、ブラジルに住む決意をしたという。

ご主人はすでに40代。しかも、この時すでに奥さんのおなかの中には7番目の子供がいた。
しかも、ご主人は若い頃から体が弱く、寝たきりになったことさえある。
さて、この立場でどれだけの人が管理職の立場を捨てて途上国で一から人生を始められるだろうか?

前オーナー夫婦は退職金でクルマを買い、僕たちが今すんでいる街に引っ越してきた。
最初に始めた仕事は、朝市で仕事をする人たち向けに飲み物と食事を提供する小さな屋台。
Kombi(バン)に食器や食材、コンロなどを積み、野菜の朝市(青空市)が始まる朝5時から店を開けた。
当時小学生だった長男や長女は冬の凍える中、冷水でコップを洗い、家族を支えた。
仕事が終われば学校に通い、学校から帰れば仕込みの手伝いをした。
「パパィ、コップを洗う水は冷たかったけど本当にいい思い出だよ」、子供たちは笑ってあの頃を振り返るという。

それから25年近くの月日が過ぎた。

彼の子供たちは、脳外科医、弁護士など社会の中ですばらしい成功を収めている。
ある息子さんなどは、日本企業のトップからのたっての頼みで入社、ブラジル進出に欠かせない人材として活躍している。

ある日、そのご主人に「新しい家を建てるので、できればあなたにこの家を買って欲しい」といわれた。
25年近く、夫婦と子供7人の家族が一緒になって住み、人生を刻んできた家だ。
値切ることなく二つ返事した。苦労と運勢が染み込んだ家を値切ることは本心が許さなかった。

世界には多くの日本人が生きる場所を求めて根付いている。
その日本人達の多くは、日本人としてのアイデンティティをしっかり持ち、子供たちも国際感覚豊かだ。
しかし今までの所、日本という国はこれらの日本人を日本人として、日本に必要な人材として認めていない節がある。
実にもったいないことだ。もったいない、なんて言葉を世界ではやらせようとしている割にはね。
フランスなどは、フランス国民というだけで、フランス国外(海外)では上流師弟が通うフランス政府運営の学校に無料で通うことができる。
その気になれば、優秀な子弟は義務教育から大学まで無料だ。

海外で活躍する有名人の物語はいくらでも日本で報道されている。
海外で活躍する!でも、全て自己責任でね!?

それじゃ、世界に出ようよ!なんて簡単に若い人達に言えないと思うんだよ。おぢさんは!
ちなみに、世界に出るというもう一つの解は、その国で生きて生活しその国を愛することだよ。そこから自分のルーツと未来も見えるんだ。
せめて、開拓精神を受け継ぐ2世をサポートする体制ぐらいは作ろうよ。長い目で見れば安い投資だと思うよ。

ね、鳩山さん(笑
[PR]
by Pombo_Brasil | 2009-09-04 12:35 | スナップ・ブラジル

お知らせ

そろそろサッカーに復帰します。シーズンはすでに第4節(4週目)なんですけどね。
e0110461_2092111.jpg

3月にはフラメンゴ(ジーコがいたチームね)がブラジル杯でやってくるので、それも撮影予定。
基本的には撮影よりもフラメンゴを観るのが目的(笑)。
セリエAの試合なんてめった生(しかもピッチ)で見れるものじゃないですから。

追記:毎晩、次女と一緒に寝ています。しっかりと愛してあげて学校へ行く力をつけてあげるつもり。
身近な人を愛すること、基本を忘れていたことを今回の事件で気づかされた。
愛されていると実感する子供が増えれば・・・・
[PR]
by Pombo_Brasil | 2009-02-23 19:53 | スナップ・ブラジル

イジメ(いじめ)に負けるな!

さて、僕が珍しく子供達の写真と話題を出したのにはわけがある。次女が「いじめ」にあっているのだ。
海外にもいじめはある。むしろ米国やブラジルでは日本より暴力的だ。
e0110461_14283369.jpg

NY在住時代、クイーンズ地区で中国人大家が住む一軒家の地下室に住んでいたことがある。
金がなかったのだ。地下室にベニヤ板一枚で部屋をしきって密入国の中国人達と一緒に生活していた。
家賃は月150ドル。ワンルームのアパートが700ドルぐらいしていた時代の話。
その大家の子供達が、毎日のように黒人や白人の学生達からいじめられて帰ってきていた。
“あざ”や“擦り傷”などはいいほうで、血を流して帰ってくることも。
「このままだと命にかかわる」ということで、大家家族はその後、子供のためにニュージャージーへ引っ越した。

ブラジルでもいじめはいくらでもある(もちろん良い公立学校もある)。
サンパウロに住む知人は、どうしてもお金の工面がつかずに息子2人を3カ月ほど公立へ入れた。
その3カ月、子供達は毎日にようにあざを作って帰ってきた。
学校のいじめっ子の一人が家のすぐ近くに住んでいたのだが、その両親が子供を感情的に叩く人だったらしい。
「いじめないでほしい」と相手の両親と子供に言ってもダメだ。
モンスターペアレンツとモンスターチャイルドには倫理や道徳は通じない。
いじめられたらやりかえす、もしくは「力」を見せるしかない。

ただし、世の中には心やさしくてどうしようもない子だっている。
我が家の次女がそのケースだ。僕には分かる・・・・・
家庭を持ったり守る対象が出来て初めて、周りの環境に抗う力や勇気を得る人もいる。

次女のケースは、私立で「いじめ」というのは少ないのだが、その少ないケースに当たってしまったわけだ。
次女が「学校に行きたくない」と言い始めたので、色々と学校の話などを聞いていたのだが、
そのうちに「数人の男の子にバカにされる」というような話が出てきた。
そして、昨日は学校で数人の男のに追いまわされたうえで、蹴りを入れられたりはがいじめにされた。
学校へクルマで迎えに行くと、次女がなきじゃくっていた。

「許せん!!!」、マグマが爆発していじめっ子をとっつかまえて怒鳴りつけてしまった。
担任や主任がすでにいなかったので、週明けに学校へ怒鳴り込む(いやいやお話です)つもり。
いじめは、100%いじめっ子といじめっ子の親が悪い。
いじめられるほうにも問題がある?冗談じゃない、グローバルスタンダードはいじめっ子に問題ありだ!

対処は色々ある。大手の歴史ある私立学校なのでその辺はきっちり対処できるようになっている。
まず、最初は担任に説明した上で、いじめっ子にちゃんと次女に対してあやまらせる。
その次は、いじめっ子か次女のクラスを変えてもらう。
いじめっ子とその親にカウンセリングを受けさせるのも当然。学校付のカウンセラーがいる。
それでもダメなら、いじめの証拠を集めた上で弁護士から書類を出させる。大体はこれで、学校は本気になっていじめに対応する。
ま、証拠なんか集めなくても弁護士つれていってちょっと脅せば・・・・というのは実際に友人が使った裏ワザ。弁護士は交渉事のプロなのだ。

子供を守るのは親の努め。どこまでも守ってやるから安心しな!
ついでにいじめっ子、容赦しないしどこまでも追い込んでやるからな!いじめっ子の人権は反省してから考えてやる。
[PR]
by Pombo_Brasil | 2009-02-22 14:28 | スナップ・ブラジル

今年もよろしく!

新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い申し上げます。
先日、妻の実家に不幸があったため、皆様の所を訪問する形でのご挨拶は控えさせていただきます。
ママィと子供達は日本、パパィはひとりぼっちのお正月です(笑)。
e0110461_2391312.jpg

写真ブログ界をご無沙汰しておりますが、写真は撮っておりました(ほとんどが仕事ですが)。
国際会議の仕事でアメリカの編集者に強烈に批評されたりと、まあ色々とありましたが、
プレッシャーと格闘しながら写真を撮るのが好きなのだと今更ながらに実感したこの年末です(笑)。

話は変わりますが、今年最後の最高の出会いが、今は亡きある写真家(写真展)との出会いでした。
ブログ上で写真家の名前は伏せます。
僕が日本へ行くことがあれば、写真集は持って行きますので(笑)、その時をお楽しみに。

青年時に両親とブラジルへ農業移住。
写真好きがつのって、農作業をしながら写真を撮り、後に写真館を営業。
死ぬまでまったくの無名だったが、死後、お孫さんが写真を広く公開。
ブラジルの名だたる収集家や財団がコレクションに参加しています(日本では無名でしょう)。

写真に対する情熱、人生への想い、人生を愛し芸術を愛する心が伝わってきます。
日常の中に潜む美への想い。そう、写真は"想い"から始まるのです。
僕の写真に対する向き合い方を根底から変えるようになった出会いです。

今月、家の離れに簡易撮影・編集スタジオを作ります。今年はどんな人生が待っているのかな~。
e0110461_013247.jpg

e0110461_239506.jpg

皆さんに、今年1年、幸が訪れますように・・・。
[PR]
by Pombo_Brasil | 2009-01-01 00:28 | スナップ・ブラジル

祈りが届く時

e0110461_9201215.jpg

[PR]
by Pombo_Brasil | 2008-12-12 09:25 | スナップ・ブラジル

ノブレス・オブリージュ

e0110461_3484066.jpg

「ノブレス・オブリージュ」、社会的な地位には義務が伴うという言葉がある。
いわゆるところの「高貴なる義務・責任」というやつだ。

日本では、麻生総理大臣が公務を終えた後に、ホテルの高級バーに通っているのが話題になっているらしい。

「アホじゃないか」。
本当に幸せな国だね。

ひがみや妬みを売り物にする前に、自分がなにをできるか考えようよ。日本人。

写真は、カナダのジャスティン・トルドー議員。
カナダの多文化主義を築く礎となった伝説の故ピエール・トルドー首相の長男だ。

ジャスティン氏の環境・国際問題に関わるスピーチに聞きほれてしまった。
政治家のスピーチに聞きほれたのは、「CHANGE」(フジテレビ)のキムタク総理以来だ(笑)。
2世議員というところも何故かキムタク演じる「朝倉啓太」に重なる・・。

それにしても、ファインダーを覗いていても実に大きなオーラが伝わってくる。
こんな人物を撮影したのは生まれて始めてだ、ほんと。
思わず、マナブさんブログの「オーストラリア緑の党」のボブ・ブラウン党首を思い出した。
親の七光りもあるが、それ以上にピエール元首相が残した「血と魂(精神)」が長男から滲み出す。
ブラジルにはこういう政治家、なかなかいないねぇ・・・・・汗。日系議員ぐらいか。

「他人は関係ない。自分がどう生きるか、それが問題なんだ」。
ファインダーを覗きながら、本当にそう思った。
小人ボボちゃんもがんばろう!

おっと写真撮るのを忘れないようにしないと。
スピーチを聞きながら、人物に対するイメージを描く。後はそれをどう表現するかだ。
ジャスティン氏の場合は、まっすぐな姿勢(瞳)と芯が通った燐とした明るさが印象的だった。

ジャスティン議員は、弟さんをスキーの事故でなくしている。
その事故がきっかけで社会活動をはじめたとか。
明るく社交的な中に垣間見える"静かに燃える芯の強さ"。
悲しみが人を強くすることもあるのだろうかと、ふと思った。
[PR]
by Pombo_Brasil | 2008-10-24 04:25 | スナップ・ブラジル