カテゴリ:サッカー・その他( 35 )

サッカー少年の瞳

e0110461_45709.jpg

「カフー!カフー!」

撮影する僕の背後からひときわ大きな声で黒人系の選手(サイドバック)を応援する声が聞こえた。
声の主が気になって後ろを振り向くと、1人のサッカー少年が目に入った。
プロクラブの少年チームの生徒だ。

プロクラブは、テストを通じて才能ある少年をいつも探している。
特に才能を認められた場合には、練習費が免除され、シューズやユニフォーム等も支給される。
もし、世界的な選手を発掘すれば、選手の生涯を通じて膨大な金額がクラブに入り込む。
才能発掘と育成はクラブ運営に欠かせないものだ。

少年の話だ。
印象的な瞳に惹き付けられ、親指を立てながら「写真いいか?」と聞く。
親指を立ててポーズを取る少年。
写真を撮り終えて、再び親指を立てながら笑顔を見せると、はにかみがちな笑顔が返ってきた。

強い瞳を持つ少年だ。
サッカー選手を目指すサッカー少年の中には、時折こういう瞳を持った子がいる。
強い意志を持ち、競争の中でもまれて身につけるたくましさ。
三浦選手(カズさん)が、このような環境に飛び込み、セリエAでレギュラーを張ったことに今更ながら驚く。
ブラジルへサッカー留学することさえが、パイオニアだった時代の話だ。

もし、ブラジルへ今、サッカー留学をしたいのなら、あえて地方を選ぶのも選択肢だ。
地方にも育成力のあるいいクラブがある。
その代わり、地方では周りに日本人はいない。地方ならば遊ぶ場所も少ないので逃げ場所はない。
僕が住んでいる地方には、2人の若い東洋人選手がいる(チームは別)。
そのうちの1人は高校時代にブラジルへ飛び込み、毎日サッカーに明け暮れたという。
彼らのうち、1人は州選手権の得点王を狙っている。もう1人は今年からプロ枠に入った。
才能に加えて、強い精神力がなければできない話だ。

ハングリーな精神は生い立ちだけが産むものではない、自分の心の中に埋もれているはずだ。
[PR]
by Pombo_Brasil | 2011-05-23 05:31 | サッカー・その他

相棒

e0110461_23302025.jpg

ブラジルの競技場では乱闘騒ぎは日常茶飯事。
サポーター同士の衝突で、過去には死者まで出したことも。

競技場に睨みをきかす相棒達に西日が当たっていた。

南米の地で“比較的”安全に暮らすこつは「危険の匂い」を嗅ぎ分けることだ。
シチュエーションにあわせた緊張感の持ち方、時間と慣れが解決する。

先日のことだ、日系人の知人宅に強盗が入った。

プールが二つにフットサル、テニスコートがある豪邸。
朝7時前、子供を学校に送ろうとクルマのガレージを開けたところ、三人組の拳銃強盗が押し入ってきた。
家族全員を縛り上げ、金品のありかを聞くために拳銃の柄でなんども家人の頭を殴りつけた。

クルマ、貴金属、現金などを全て持ち去られたというが、「命があっただけでもよかった」と・・・
もちろん、警報機もついているが、このような状況では警報機も役に立たない。
事件のトラウマで何ヶ月も苦しんだという。
映画のような話だが、僕の知人には警官隊と強盗団の撃ち合いに巻き込まれて、流れ弾を受けた人も。
交差点で拳銃強盗に襲われて、逃げようとして頭に銃弾を打ち込まれて即死した人もいる。

何事もなく平穏無事にブラジルの地で生きている僕達家族だが、一家の主として兜の緒を締めなおす必要があると感じた。
兜の緒?うん、慣れから緊張感が抜けた時が一番危ないからね。
[PR]
by Pombo_Brasil | 2009-10-27 23:25 | サッカー・その他

Ottimo! & セバスチャン・サルガド(Sebastião Salgado)

e0110461_13341839.jpg

やっぱり応援してもらうなら美人がいいよねー!
ちょいと忙しいので、続きの更新はまたあとで。

ブラジルを代表する写真家の一人、セバスチャン・サルガドの特集を組もうかと考えているんだけど、読みたい人います?
今、興味があってNYタイムズとかガーディアン誌(イギリス)あたりの特集を片っ端から読み込んでいるところ。
こっちで写真集も探しているんだけど、超高い!!!!(苦笑)
個人的には、サルガドの写真は初期の「Worker」や「Terra」が好き。

サルガドって日本では何度も写真展をやっているし有名だけど、日本語のネット情報少なすぎ。
これだと、写真展見るにしても作家や作品の背景や屋台骨となっている世界観を掴むのが難しい。
日本語オンリーってやっぱり情報的にも視点的にも足りない部分が出てくる。
かといって英語もこれまた、視点的に偏る部分が残る(南米に住むと良く分かる)。
個人的な理想は、あと数ヶ国語を読みこなせるだけの言語力が欲しいと思う最近です。

あくまで理想だけどねーw(その前に努力しろって・笑)
[PR]
by Pombo_Brasil | 2009-10-25 05:37 | サッカー・その他

ボールボーイ No.2 / 今週のピックアップブロガー

blog ranking(クリック)

今週のピックアップブロガー、もう読みました?NED-WLTさん。
e0110461_2392670.jpg

ブログのレベル高すぎ・・・・こんな方の後にならなくてよかった・・・・写真もうまいし(汗)。
心に残る言葉が多くでてきます。
「いくら稼いだかではなく、どのようにして稼いだか」
「仕事は量より質、家族との時間は量が(も)大事」
共感します。
さらに、僕は「親がどう生きるか」が大事だと思っています。
子供には見えない部分が大きいけれど、親の精神は子供にも伝染する。
そう思って自分を振り返ると・・・やばいねぇ(苦笑)。

そんなボボちゃんでもクルック! → 人気ブログランキングへ
[PR]
by Pombo_Brasil | 2008-06-04 23:19 | サッカー・その他

ワシントン!リベルタドーレス杯。

blog ranking(クリック)

今日は、仕事放り出して「リベルタドーレス杯」をみんなで応援(苦笑)。
リベルタドーレス杯は、南米最強クラブを決めるカップ戦です。
ベスト4が決まる試合の一つ。サンパウロFC対フルミネンセでした。
周りはサンパウロFCファンが多いんだけど、オイラは心の中でフルミネンセを応援。
ん?だって、フルミネンセには元浦和のワシちゃん(ワシントン・FW)がいるじゃん!!

で、ワシちゃんが最後の最後、ロスタイムで値千金のヘディングを決めちゃいました!
フルミネンセがベスト4進出決定です。
e0110461_16235051.jpg

e0110461_16243295.jpg

ちなみに、ベスト4の相手は、「ボカ・ジュニアーズ」。ぐおおおおおおおお!撮りてぇ!

撮影パスはあるんだが・・・・遠い(汗) → 人気ブログランキングへ
[PR]
by Pombo_Brasil | 2008-05-22 16:32 | サッカー・その他

かかってこいや!

blog ranking(クリック)

怖そうですね、軍警察のお兄さん達。
でも、左端の監督さんもぶちきれてます。
e0110461_4223947.jpg

ただね、
ブラジルの審判に逆らうのはやめましょうね。警備の人達が只者じゃないです。
軍警察です。ライフルで実弾装備してます。
軍警察のお兄さん達が本気になったら、腕の一本や二本じゃすみませんよ。
麻薬マフィアや強盗団を相手にしているような兄ちゃん達です。
実弾の中をまじに潜り抜けてきてます、やめたほうがいいです。
いい子にしてるのが一番です。

「でも、オレはあのジャッジが納得できないんだよ!なんであれがファール(PK)なんだよ!」
よーく分かります。
覚悟してかかりましょう。
監督さんは、このままぶちきれて、あらゆるものに八つ当たりしながら退場しました。

人気ブログランキングへ ← いや、間近で撮ってるとまじに怖いんだって。
[PR]
by Pombo_Brasil | 2007-12-16 04:29 | サッカー・その他

写真ブログの危険性について

blog ranking(クリック)

少年サッカーにもドラマはある。
e0110461_14405964.jpg

先日、SportsShooter.comというアメリカの報道・スポーツ系写真家達のサイトに面白い記事があった。
「まだ若い写真家達がすべきこと、してはいけないこと」という題の記事だ。
サンフランシスコ・クロニクル紙のスタッフフォトグラファーとサイト関係者のインタビュー記事。

詳しい説明は避けるが、当該の写真家による印象的な言葉が多かった。

「新聞や雑誌の編集者に実力を売り込むつもりなら、有名人や一大イベントの写真は意味がない」
「ワールドシリーズや有名人の写真なんて誰もが見飽きている。それよりも感動的なリトルリーグの組写真のほうがずっと編集者の印象に残る」
というものだ。

つまり
「何を撮りたいのか、何を写真で表現したいのか」が本質だというものだ。

その後には、僕を含む多くの写真ブロガーにとって聞きたくない言葉も続いていた。
「インターネットは危険だ」
「サイトやブログで“すごい写真だね”“いいね”などのコメントが並び、錯覚に陥ることでつぶれてしまう」
「プロの目による厳しい評価がない世界だ」

「写真の師を持つこと」
「建設的な批判と正直な意見、それでいて侮辱的でない言葉」
「そんな批評の中で写真の組み立てを勉強してきた」
「一定のレベルに達したら、あとは自分次第、自分との戦いだ」

建設的な批判にさらされることが少ない写真ブログの世界。
独りよがりの世界に陥る恐ろしさを常に意識していないと成長は止まってしまう。

以前、「これはどうだ!」という写真が撮れて、絶賛コメントが続いたことがある。
そこに一言、カギコメで「画面構成が甘い」との指摘が入った。
その指摘は実は自分でも気づいていたことだったが、目をつむろうとしていた自分がいた。

他人の写真を批評、特に批判することは恐ろしいことだ。
へたをすれば、その人の才を奪ってしまう。
ただし、僕のブログに限って言えば、鍵コメのアドバイスほどありがたいものはない。
過去の写真を見返しながら、今になって当時のアドバイスを理解できることも多い。

写真で何を表現したいのか。
まだまだひよっ子なので、皆様よろしくお願いします。

写真の批評に関する鍵コメ大歓迎!ただし、建設的なものをヨロシクね。

人気ブログランキングへ ← ま、今日はこんなところで。
[PR]
by Pombo_Brasil | 2007-12-10 14:21 | サッカー・その他

サッカー楽しんでる!?

blog ranking(クリック)

こんなプロ予備軍が数十万人もいるんだよ。
日本のサッカー少年達へ、心してかかっておいで。世界は広いよ!
e0110461_21584899.jpg

超広角のスナップ写真がうまくなりたい人は、スポーツ写真を撮ってみたら?
刻一刻と変わる状況の中で、瞬時の判断を迫られるサッカーなどは材料には悪くない。
少年サッカーなら、入門用としてはいいかもね。
高校サッカー以上が本当はオススメだけど、「絵になる」選手を追うことが一つの秘訣。

この写真は、ファインダーから時々顔を離して少年達とコミュニケーションをとりながら、
画面内では、黄金分割や観客席の人物などの要素を短い時間で判断している。
超広角の基本は「自分が動くこと」。上下左右、距離も含めて三次元で写真を捉える。
micca師匠の言う「球面理論」がまさにそれ。
写真の師匠の理論や説明は、自分が実戦して体得して始めて意義あるもの。

まだまだ、知らない世界が多いんだなぁと思わされるこの頃なのだ。

人気ブログランキングへ ← まだまだいくぞー!
[PR]
by Pombo_Brasil | 2007-12-09 22:01 | サッカー・その他

シュート!

blog ranking(クリック)

ブラジルサッカーの裾野は驚くほど広い。
e0110461_2112324.jpg

地球の裏側にある、片田舎の街にもプロサッカーチームがある。
試合の合間に、ボールボーイの子供達がプロ選手を相手にPKの練習。
サッカーシューズを買うお金などない。草履に裸足だ。
「はだしだから“いいシュート”が打てない」はただの言い訳だ。
それでも、気合のないボールには厳しい言葉をかけながら、時には親身になって指導する。

子供達の相手をしているのは、2部リーグのサブゴールキーパー。
2部リーグ(1部リーグの一部)の選手達はウイークデーは他の仕事をこなしながら練習する。
サッカーが好きでたまらないのだと思う。

来年は、そうした2部の選手達にも目を向けてみたい。
ブラジルサッカーの醍醐味は決して日の当たる部分にだけあるのではないと思う。

人気ブログランキングへ ← ゴールの網が目にかかってるのでボツにした写真。
[PR]
by Pombo_Brasil | 2007-12-09 21:18 | サッカー・その他

オッス!

blog ranking(クリック)

ウッス!歯みがいたか!?(このノリ分かる人は年がばれるよ)。
8時だよ全員集合は、タライ落としが好きだったなぁ。みんなはどう?
写真は、地元チームのサポーターのおっちゃん、自分の車までチームカラーに塗っています。
e0110461_15354378.jpg

激忙しくてちょっとブログさぼってました。
まあ、息をしていればネタはあるわけで。

まずは庭の手入れのお話。
庭の木や草が伸び放題で「なんとかしないといけない」と思いながらも、放っておいた。
ところが、グアバの木の枝が、壁の上に張りめぐらしている防犯用の電気鉄線にかかり始めた。
そろそろ限界だ、そう思っていると・・・

家の前で誰かが手を叩いて呼んでいるので(手を叩くのはブラジル風の訪問の合図です)出てみると一人のオッチャンがいた。
自称庭師。世の中うまくできているものだ。

「庭師なんだが、金に困っているのでなんでもいいから仕事をくれないか?」
「家族に今日の食べ物を買わないといけないんだ」

庭師と言っても簡単な仕事しかできない感じに見えた。
それでも、おっちゃんの真剣な眼を見ては、仕事を頼まないわけにはいかなかった。
その日は出かける用事があったので、また明日来てくれないか?というと
「少しだけでもいいから前払いしてくれないか?その代わりオレの道具を置いていくから」

ブラジルでは、仕事の前払いは絶対100%厳禁。
(前払いをするとろくな仕事をしないし、へたするとそのままバックれる)、
しかし、オッチャンの眼を見て「これは真剣だ」と思った。
「金が返ってこなくてもいいから少しだけ払ってやろう」と思い、若干のお金を渡す。

次の日、時間通りにオッチャンは現れた(ブラジルでこれはすごいよ)。
そして、荒れ放題の庭や木を見事なまでのスピードで片付け始めた。
いや、驚いた。あとも綺麗に掃除してある。

伐採した木や草は100リットルの袋に12袋ほどにもなった。
それだけの仕事をたったの4時間で片付けた。
約束どおりの残金を渡して、オッチャンに「ありがとう」と言った。

帰り際、オッチャンに「庭の手入れはまめにやったほうがいいよ」と言われた。
「前庭を掃除している時にサソリを2匹見つけて殺したよ、毒は強くないけど気をつけないと」。

オッチャン、サソリ見つけたら呼んでくれないと、写真撮ったのにさ(笑)。

人気blogランキングへ。 ← また来週ー(あれ?)。
[PR]
by Pombo_Brasil | 2007-08-25 16:15 | サッカー・その他