カテゴリ:未分類( 69 )

Fujifilm X-A1 XC50-230mm

e0110461_212487.jpg


JPEG撮って出しでこれが写る(若干のアンシャープマスクのみ)。
サッカー以外はキヤノンを使わなくなってしまいました。

【F-Foto】 サムレスト ブラック 『各社カメラ対応 サムグリップ』

FUJIFILM デジタルカメラミラーレス一眼 X-A1本体 シルバー F FX-X-A1S

【Amazon.co.jp限定】ETSUMI 液晶保護フィルム デジタルカメラ液晶ガードフィルム FUJIFILM/X-M1専用 ETM-9170
[PR]
by Pombo_Brasil | 2014-03-27 06:07

ボールボーイとピューリッツァー賞

e0110461_10142060.jpg

ご無沙汰のサッカー写真ですが、しばらくの間復活します。
最低でも、週1程度はブログをアップできるように努めますのでよろしく。
e0110461_10144620.jpg

さて、今年のピューリッツァー賞写真部門の受賞作品は見られました?

Breaking News Photography は こちら
Feature Photography は こちら

Feature部門の受賞はオバマ大統領の写真なのですが、(あくまで)個人的にはちょっと肩透かしです。
確かに黒人系大統領の誕生はエポックメーキングだし、"時代"を強く感じます。
国中が大統領選挙に興奮する、そのダイナミックさにもうらやましさとアメリカの底力を感じます。
受賞作品には、アメリカの時代と今が写っていると思う(たとえ一部分にせよ)。
ただし、個人的には時代やその象徴よりも、もっと時代の"生(命)"を写した写真を選んで欲しかった。
内向きに向かうアメリカではなく、外に関心を向けるきっかけを作って欲しかった。

時代の指標、骨太の写真が欲しい。

「文明の衝突」という言葉が言われてもう何年にもなる。
でも、カオスの中から見えてくる何かも必ずある。
そんな時代に生きながら、その何かを写真で表現してみたい。
たとえそれが、地球の片隅の小さな生の表現であったとしてもだ。
どんな被写体に向き合おうとも、そこに写るものは表現者の精神次第。

それにしてもハイチの写真はすごいよねー

PS:もう一度よく考えてみた再考を載せます(コメント欄にも)。
うん、今回のピューリッツァー賞は視点をしっかりと捉えて見ると面白いね。
写真を見る、記事を読む側にも教養と努力、真摯な姿勢が求められると思いました。はい。
皆さんも、ハイチとアメリカ歴史(黒人にまつわる)を予習してから今年のピューリッツァー賞を見てみてください。
米国は、金融危機も含めて自分を見つめなおそうとしています。
国民のレベル以上のメディアや政治家は出てこないもの、アメリカはやはりすごい国だと思います。
米国を嫌いな人、多いだろうけどね(苦笑)。
[PR]
by Pombo_Brasil | 2009-04-22 10:40

ブラジルには関西人が似合う?

その昔、インドを放浪していたときに気づいたのが日本人旅行者の「関西人」の多さだ。
商売人の気質が強い関西人だからこそ、何事にも交渉が必要なインドに会うのかもしれないと当時は思った。
e0110461_861523.jpg

さて、中南米も実は関西人が会うのではないかと思っている。
とにかく、“これ”という値段がないものが多いし、相談事で役所に出かけてもとにかく交渉次第で事が進む。

細かい事ではパンク修理も胸先三寸。
「おっちゃん、これ修理するのいくらや」
ちょっと間が空いて、目がちらちらとこっちを見る(おーおー、値踏みしとるわ・・・)。
「うーん、ちょっと込み入った仕事やな(どこがや!)、これでどうや・・」と値段をふっかけてくる。
相場さえ分かっていれば簡単、相場の値段を言ってお互いに納得する値段で落ち着く。

で、いきなり話は変わるが、今日は、長女と次女、長男の学校(小学校と幼稚園)の値段交渉の日だ。
学校は市内でも有名な進学校。スポーツにも力を入れていて、フットサルではブラジル代表(女性)も出している。
幼稚園から大学(医学部まである)まで揃っていて、「勉強するならここ」という感じの学校。
午後3時に校長室に行くと、すでに4組の親御さんが待っていた。みな、学費交渉が目当て。
控え室の親御さん達が緊張しているのが分かる(笑)。

補足説明をするが、ブラジルでは私立学校が信じられないほどに多い。
公立学校のレベルがあまりにも低いためだ。
田舎に行けば「雨が降って傘がないから行けない」という理由で先生が学校に来ないこともある。
本当の話だ。
また、僕の知人には公立小学校へ子供を送っていたものの、校長先生に
「あなたの子供さんは良く勉強が出来ます。このまま公立学校に入れておくには忍びない」
「経済状況が大変なのも分かりますが、なんとかして私立学校に入れてあげてください」と言われた。
そんなこんなで、教育に熱心な親は、着るもの食べるものを削ってまでも子供を私立学校に入れる。

さて、20分ほど待ってやっと僕の番だ。
もちろん、身なりはそれなりに整えている。本気で良い学校を探しているという姿勢を見せるためだ。
校長「(白々しく)どのようなご用件でしょうか?」
僕 「いやぁ、子供の学校を探してましてね。いろいろ(な学校)と交渉しているところです」
僕 「学校を探しているのは、僕の子供3人と知人の子供3人、合わせて6人です」
(校長の顔付が変わったのを見逃さない・・・大口の客なのだ)
校長「そうですか、で、どちらの学校を交渉中ですか?(きたきた~)」
僕 「アップタウンの〇〇学校です、かなり良い条件をいただいています」
校長「え?そこの学校に今日の朝電話したら、もう定員オーバーで締め切ったという話ですよ」
僕 「(きたきた~~~~!)定員の件は大丈夫です、もう2週間も前から交渉していますから」

その後も話は続く、どこそこの学校はどうこう、教育方針が〇〇など・・・
お互いに化かしあいだ(笑)。

で、唐突に向こうが紙を出してきて条件を提示する。
校長「授業料の20%引きでいかがでしょう」
僕 「いや、30%は引いていただきたい」
校長「分かりました。25%引き、これ以上は無理です」
僕 「そうですか・・・・知人と相談してみます」

席を立とうとすると、
校長「最後のオファーです、入学金を割り引きします」
僕 「悪くないですね、考えておきます(よっしゃ!)」

ま、こんな感じでブラジルの楽しい日々は続く。
関西人なら願ってもない楽しい国ではないだろうかと思うのだが。
え?ステレオタイプで関西人を見るなって?失礼しました~
[PR]
by Pombo_Brasil | 2009-01-28 08:06

野球ファンと来年の話

blog ranking(クリック)
e0110461_10133096.jpg

e0110461_1014195.jpg

e0110461_10152673.jpg

e0110461_10163091.jpg

ブラジルの日系社会ではベースボール(Beisball)が盛んだ。
大きな日系社会がある街にはほとんどといってよいぐらい球場があるし、少年スクール、セミプロのチームもある。
サンパウロに行けば、素晴らしい球場にヤクルト・ベースボール・スクールもある。
将来は、間違いなくブラジル出身の野球選手が日本や大リーグで活躍するに違いない。

日曜日の午後、ブラジルの各都市の野球場には、日系人やブラジル人の野球ファンが集う。
真剣にボールを追う選手達に、野次を飛ばすおじさん達。ビールやマテ茶片手に人生を楽しむ。
こんなすばらしい空間があったのか・・・いやはや、サッカーに気をとられていた(苦笑)。

僕は野球大国(笑)の愛媛出身、野球が嫌いなわけがない。
少年時代は、学校から帰ればランドセルを投げ出して町内の友人達と空き地で野球。
ジャイアンツの帽子を被り、ファールボールを田んぼの中で泥まみれになって拾っていた。
運動オンチにも関わらず、「甲子園だ!」などと夢みていたっけ。

こりゃ、しばらくは野球撮らないとねぇ・・・・

さて、来年の話になるが、実は小さな農地(2ヘクタール)を買わないかという話が来ている。
ママィが実に乗り気(最近、知人の農場を手伝ったりして農業にはまっている・笑)。
政府の土地の払い下げなので(開墾済)、資金融資も税金控除もなんでも付いてくる。

僕も前向きに検討中なのだが、農地の場所が今住んでいる場所からクルマで数時間の所。
周りは、牧場やとうもろこし、大豆畑がどこまでも広がる大地。
日本の方から見れば、「地球の果て」かも知れない。
生活、仕事、住居、子供の教育、すべての環境が変わる。
さて、どうなることやら・・・・

来年の話は鬼が笑う。しかし、撮れるうちに写真を撮っておこうと思う。

ドラマみたいな人生だと自分でも思う。 → 人気ブログランキングへ
[PR]
by Pombo_Brasil | 2008-09-16 10:42

男達の世界 No.15 「情熱ベースボール」

blog ranking(クリック)
e0110461_10183691.jpg

[PR]
by Pombo_Brasil | 2008-09-15 10:09

男達の世界 No.14 「サムライ」

blog ranking(クリック)
e0110461_7555192.jpg

[PR]
by Pombo_Brasil | 2008-09-15 07:58

想像力を掻き立てるような写真を

blog ranking(クリック)

さて、今日は写真の話。
e0110461_7251685.jpg

ニューヨーク在住時代の後半、2年間欠かさずに毎日続けた事がある。
クイーンズのアパートからマンハッタンの職場まで、地下鉄で往復2時間。
この時間をニューヨークタイムズ紙(NYタイムズ)を読むことに使った。
途中、クリスチャン・サイエンス・モニター紙を半年ほど購読したこともあったがさすがに両方買う金がなくて止めた。
独特な言い回しに文体、読みこなしが難しい新聞の一つだが、辞書を片手に読みまくった。

最初は半ページ読むのにも一時間以上かかった。
それでも、一年以上続けたある日、俗に言う大衆紙がすらすらと読めることに驚いた。
おかげで、いまだに発音と会話は超下手だが、英文を読むことだけは自信がある(笑)。

おっと、今日の話題はそんなことじゃない。

NYタイムズを読むうちに気づいたのが、ニュースや写真が持つストーリー性だ。
読者の想像・知的好奇心を掻き立てるような世界にのめりこんだ。
僕が、アメリカンスタイルのドキュメンタリー写真が好きなのは、この頃の影響が大きい。
(ま、好きだけど撮れないのは"腕ややる気がない"ということなので・苦笑)

話は変わって、
最近、ブラジル人フォトグラファーの写真をよく見るようになって大きなショックを受けている。
彼らが撮る写真はど下手か、天才のどちらかだ。
ど下手の写真などどうでもいいのだが、天才の撮る写真にはもうお手上げだ。

「これは、努力がどうのこうので追いつける世界じゃない」
しばらくの間、真剣に写真を止めようかと思ったほどだ(冗談)。

彼らが撮る写真は、ニュース、ウェディング、スポーツを問わず「アート」だ。
そして、美しいだけでなく、見るものの想像力を掻き立てるような世界観がある。
加えて、驚くのがそれらの写真が持つ「説得力」だ。
写真自体が持つ情報量は決して多くない。それなのに、見るものを納得させる「力」がある。
「写真」などという言葉に捉われているうちは絶対に撮れないと思うほどだ。

「こんな写真があったのか」
セバスチャン・サルガドはその最高峰の一つだろう。

観るものの想像力を掻き立てるような写真と文章。
僕が今後、挑戦しようと思っているものだ。

e0110461_726511.jpg

最近、いい写真撮ってないんだよね~(涙)。人気ブログランキングへ
[PR]
by Pombo_Brasil | 2008-08-26 07:58

"GR-D"で気楽にスナップ。

blog ranking(クリック)

GRDが手に入ったことでブログ更新もはかどりそうです(笑)
ブラジル中西部・写真の旅、バスの車窓から見える典型的な光景をどうぞ。

バスを待つ時間に。
e0110461_1450195.jpg

車窓から見える看板がなんとなく気になって。
e0110461_14505829.jpg

「ミランダ川」という名前のスーパーマーケット。
ミランダ川はパンタナール湿原に流れ込む川の一つです。釣りでも有名。
赤土の中に突如表れる街。
e0110461_14511613.jpg

地平線まで続くトウモロコシ畑。
米国の不作でとうろもこしの価格が上がったらいきなりこれです。去年は大豆でした。
昨年、知人が大豆に手を出しましたが、借金抱えてあきらめました。
最低でも数千万円単位の「現金」がないと、とても勝負できない世界です。いや、億単位かな。
e0110461_14513542.jpg

お気楽スナップもいいかな?人気ブログランキングへ
[PR]
by Pombo_Brasil | 2008-08-24 15:05

可憐

blog ranking(クリック)
e0110461_2451638.jpg

たまにはこんな写真も・・・
出先からほとんど電話回線並のネットで接続しています。
ブログアップとコメントレスが難しくなっていますのでご容赦を。

そろそろサッカーに戻ります → 人気ブログランキングへ
[PR]
by Pombo_Brasil | 2008-05-28 02:56

鳥の巣かな?

blog ranking(クリック)
e0110461_9593363.jpg

鉢植えの小さな木の間に何かを発見。5センチぐらいのものです。鳥の巣?
なんでしょうねぇ・・・・不思議。
すみません、多忙のためにコメントレスが遅れます。

かわいいでしょ? → 人気ブログランキングへ
[PR]
by Pombo_Brasil | 2008-05-27 10:00