花鳥風月 / ラーメン大盛りの話

blog ranking(クリック)
e0110461_145488.jpg

e0110461_147843.jpg

写真でまったりとしていただいた所を申し訳ないが、下の大盛り写真の話を一つ。
「花より団子」「月見団子」っていうじゃないですか。

ブラジルでも地方によって食習慣がかなり違う。日本と同じだ。
ブラジル西部は亜熱帯だということと、肉食文化中心だったのもあるのだろう。
汁系のものを食べる文化があまりない。
下の写真のラーメン(SOBA)も、元々はこちらの文化には存在しないものだ。

だから、ラーメン(SOBA)のスープを楽しむという食文化がない。
「麺を食べる」ことが基本なのだ。

10年ほど前に、牧場を経営する日系人(1世)が日本食レストランを開いた。
オープン時に、目玉商品の一つとして日本風の「ラーメン」を始めた。
しこしこ麺を手打ちで作り、みそ・醤油味の「かなり凝った」スープをなみなみと注いだ自慢の一品のはず。

ところが・・・・・ブラジルのお客さん達からは文句が殺到した。

「オイ!おまえんところでは水を飲まして金とるんか!」
「オイ!なんや、このけちけちした麺の量は!」
断っておくが、ブラジルにはや〇ざはいない。マフィアは腐るほどいるけど(笑)。

それだけではない、味も見ないうちからテーブルに備え付けの醤油をどぼどぼと入れ始める。

ほとほと困り果てた後に、麺の量を増やし、「お願いですから、醤油を入れる前にスープを飲んでみてください」と顧客教育を始めた。
所変われば・・・・ってやつだ。日本の常識はブラジル西部の非常識(苦笑)。

ということで、下の写真のような「ラーメン」が登場することになる。分かった?

今日は自宅でチキンカレー。ブラジルの鶏肉は美味いよ! → 人気ブログランキングへ
[PR]
by Pombo_Brasil | 2008-06-03 14:27 | 風景・ブラジル
<< 連作 ボールボーイ No.1 ブラジルラーメン >>