激突! 大学病院のお医者さん

blog ranking(クリック)

長女と次女にお留守番を頼んで、パパィは午後3時からフィールドへ。
今日はお気に入りのチームの試合なのだ。
前半が終わっても、全然いい写真が撮れてない。腰が引けてるんだよね。
なんかね、最近スッキリした頭で写真撮ってないなぁ・・・と。

ハーフタイムの時間、救急車に乗っていた笑顔が素敵な日系人のお兄ちゃんと世間話。
近くの大学病院のお医者さんだという。
サッカーの試合には救急車の待機が絶対必要。法律で決まっている。

「医者になるのって経済的にも競争も大変でしょう?」
「うん、本当に大変だよ」
「子どもの頃から、目的観と訓練意識を持ってしっかり勉強しないとダメだよ」
「大変だね、医者になるのは」

「そうだね。でもね、医学部を出てからが本当の医師人生の始まりなんだ」
「金も稼がないといけないし、医師としての自覚も失っちゃいけない」
「職業としての意識と倫理観、それに医者として世を渡っていく努力が求めらるんだよ」
「医者って大変な職業だけど、僕は大好きだよ」

後半の開始を告げる笛がなった。
握手をして、名前をお互いに告げて別れた。
いつしか、頭の中のもやもやは消えていた。

「さあ、気合入れて撮るぞ!」

e0110461_921195.jpg

偉大なるマンネリに!→ 人気ブログランキングへ


[PR]
by Pombo_Brasil | 2008-02-18 09:44 | サッカー・プロ
<< 緊急ドキュメンタリー / 次女... 君は誰ですかー!? ボボ13への道 >>