現場主義と距離感

blog ranking(クリック)

よく、写真雑誌に「プロの機材選び」などという特集がある。
僕も昔はそういう特集を好んで見ていたが、最近、こんなアホらしいものもないと思う。
もちろん、参考程度にして楽しむのは人の勝手だが・・・・・・
こんな特集を組んだ雑誌が売れるから「機材先進国」「写真文化後進国」になる。

写真機材は、人それぞれの撮影環境によって変わるはず。
同じ撮影テーマにしても、対象によって必要な機材や設定は違うはずだ。
サッカーとて同じ。
プロサッカーの撮影というと、最高級機にヨンニッパが定番。
僕も、Jリーグの撮影ならその機材で撮ると思う。

ただし、僕が撮っているのは、地方プロのブラジルサッカー。
ピッチから1・2メートルと離れない場所で撮影できる。
選手やボールが飛んでくることも多いので、機材1台にレンズ1本でいつでも動けるようにする。
現状では、APS-C機と高倍率ズームの組み合わせがベストだ。

“距離感”が地方プロサッカーの身上。
僕は僕の写真を撮る。

e0110461_20365490.jpg

e0110461_20381310.jpg

e0110461_20373572.jpg

↓↓↓ 強烈なパスを受けた瞬間。ファインダーを覗いていて、これはマジに怖かった。この後、逃げました(遅いって・笑)。
e0110461_21165872.jpg

人気ブログランキングへ ← 今日のは練習写真。この先が楽しみだと思ったらね。
[PR]
by Pombo_Brasil | 2008-01-28 21:06 | サッカー・プロ
<< ブラジルサッカー復活! 華のように >>