ブラジルサッカー復活!

blog ranking(クリック)

今期初めてのプロ・サッカー撮影。

ブラジル中西部、マットグロッソドスル州・州選手権セリエA。
今期は色々あって、とうとう第三節(第三週目)が撮影デビューとなった。
もちろん、明日の夜、日本へ発つママィには断りを入れてある。

「写真バカに嫁いだから仕方がないわ。痺れるような写真を撮ってきてね、あなた。チュ!」
なんて、送り出してくれるのならいいが・・・・・
「帰りに、ケーキのお土産忘れないでね!(スタジアムそばにおいしいケーキ屋がある)」と言われた。
現実はこんなものだ。諸君。

加えて、どうも今期はサッカー写真に対する障害が多い。
やっと撮れると思ったら、雨の中で撮影しているうちにEOS 20Dがうんともすんとも言わなくなる。
縦位置グリップとボディの接点の接触が原因だったと分かったのは家に着いてから。

仕方がないので、途中から、キスデジ(EOS KissDN)をメインカメラに切り替える。
何故か理由は知らないが、2年目ということもあって、今日は実に落ち着いている。
どうしようもないほどのシャッタータイムラグが、1枚1枚と切るうちに、自然と体に染み込んでいくのが分かる。

「大丈夫、大丈夫、今日はいい写真が撮れるよ」。
肩肘を張らない、それでいて、染み込むような写真を撮りたい。

e0110461_823344.jpg

今期からRaw撮影始めました。1枚1枚を大切に撮りたい。

人気ブログランキングへ ← キスデジも使えるじゃん!と思ったら。
[PR]
by Pombo_Brasil | 2008-01-28 21:34 | サッカー・プロ
<< あの空はつながっているから。 現場主義と距離感 >>