ブラジルのタバコ広告は恐ろしい

blog ranking(クリック)

1枚目の写真、なにげないマルボロの広告に見えますが、右下のほうに写真が・・・
e0110461_8533452.jpg

写真はタバコの吸いすぎから末期の肺がんにかかった患者さんです。
「喫煙は肺がんを誘発します」と書かれてあります。
“可能性がある”とかそんな遠まわしの表現ではありません(汗

次行きましょう。これはすごいです・・・
e0110461_8563760.jpg

「タバコの吸いすぎはインポになります」
ひえー!(笑 みなさん、大丈夫ですか?

ブラジルではタバコはそれほど高くありません、マルボロが1箱200円ほど。
国産タバコなら、100円もしません。
また、日本ほどの喫煙大国ではないですが、タバコをたしなむ人は多い。

ただし、喫煙の健康障害等に関する規制は厳しく、タバコの有害性をはっきりと販売所や各タバコのパッケージに掲載しなければなりません。
ここにパッケージの写真はありませんが、今日見た写真のようなものが、タバコパッケージの裏“1面全部”に印刷されています。

今日お見せした写真などはまだ良いほうで、中には喫煙女性が出産した奇形児のホルマリン漬け写真などもあります。

加えて、写真の下のほうには、タバコを止めたい人のために相談に乗る、フリーダイヤルの番号が書いてあります。

知人のタバコ好きの女性は「パッケージの写真を見ると恐ろしくなるので、紙で隠すわ」と言います。

僕はタバコを吸いませんが、他人が吸うのは「マナーさえ守ってもらえれば・・・・・」。
受動喫煙は嫌ですね。受動喫煙に関して、日本はちょっと遅れているような気がします。
ブラジルですか?嫌ならはっきり言えば済む話ですから(笑

人気ブログランキングへ ← 昔はヘビースモーカー。アレがアレで止めました(笑
[PR]
by Pombo_Brasil | 2007-11-08 09:18 | スナップ・ブラジル
<< 日本人に生まれて。 残したい家族写真 >>