街のカメラ修理屋さん

blog ranking(クリック)

我が街、唯一のまともなカメラ修理店です(もどきは他にもいくつか見たことがある)。
左のついたて奥が修理場になっています。
e0110461_854857.jpg

いかにも誠実そうな50代半ばの店主の方が応対してくれました。
用事は簡単なもので、愛用の「EF-s11-22」の調整をできるか聞きに行っただけです。

ノートパソコンで何点か問題の写真を見せて、店主が言うには、
「この手のレンズ(超広角ズーム)は微妙な調整技術と測定器が必要なんだ」
「サンパウロの修理業者に送れば直るよ、彼らはレンズ用の測定器もそろえているから大丈夫」
「そうだねぇ、郵送料込みで2万円ぐらいかな」

以前、知り合いのフォトグラファーに聞いた時はもっとかかるような話だったので少し驚き。
早速、サンパウロの業者に連絡しましたが、まずはデータを見たいので写真をメールで送るようにとの指示。
2万円で愛用のレンズが調整できるなら安いもの、早く修理に出そう。

奥の壁にかかっている写真は元フォトグラファーだった店主が撮っていたもの。
イエス・キリストの大きな肖像画がかかっているのはお国柄です。
e0110461_8543947.jpg

店内では中古カメラも売っています。
ニコンのF3もありましたが、価格は日本の倍以上。
シグマの28-200(Nikonマウント)の新品がありましたが、6万円でした(驚)。
e0110461_8552735.jpg

カメラ店があるのは、中心街の歴史あるビルの2F。
こんなボタン式のエレベーターに載ったのは久しぶりです。
エレベーターにはドアを開けて入ります(懐かしいですね)。

人気blogランキングへ。 ← ありゃ、スナップご用達の“DOMKE F-2”が左すみに写ってしまった(汗)。
[PR]
by Pombo_Brasil | 2007-08-06 08:46 | サッカー・プロ
<< 我が青春のドンケ FIFA公認球 >>