“力の差”を埋めるもの 前編

blog ranking(クリック)

人生でハンデを背負った時、人は何に頼るのだろうか。ブラジルサッカーは“知恵”と“勇気”を僕に与えてくれた。
ブラジルサッカーは僕の「ライフワーク」だ。
e0110461_10494033.jpg

州リーグの決勝トーナメント、豊富な資金力を誇る覇者と練習環境さえまともにない弱小チームがぶつかった。
赤のユニフォームのチームは州内から最高クラスの選手を集め、立派なホームグラウンドまで持つ。
対する黒のユニフォームのチームは、レンタルフィールドで週に2回だけの合同練習。控え選手の層となると絶望的だ。
そんなチームだが、覇気だけはどのチームにも負けていない。
e0110461_11125790.jpg

e0110461_1115468.jpg

資金面で苦労しながらも、熱狂的なサポーターの応援を受けて、決勝リーグまで残ってきた。
そして、強豪が揃う決勝リーグでも、「絶対に勝てる」という信念を得るためにあらゆる手段を尽くす。

競技場の反対側に陣取ったコーチ。選手の動きを高所から見つめ、情報を監督に伝える。
州リーグでは始めてみる試みに、「このチームは勝てると信じているのだ」と悟った。
e0110461_22344385.jpg

しかし、
後半開始15分、必死に食らい付いてきたがついに均衡を崩される。
それでもチーム全体の覇気は決して緩まない。更に気迫のこもったプレーが続く。
e0110461_10434648.jpg

e0110461_10443778.jpg

e0110461_10461353.jpg

ファインダーを覗きながら、次第に僕も信じ始めていた。
フィールドでカメラを構える者に与えられた特権。
選手が放つオーラ、チームの気迫、その場を支配する運命の力を感じる。
何故、世界中でサッカーが愛されるのか。

僕は、その「かけら」を感じ始めていた。

続く

人気blogランキングへ。 ← やっぱりサッカー写真はイイね!
[PR]
by Pombo_Brasil | 2007-07-20 11:25 | サッカー・プロ
<< フィールドで出会う夕焼け 祈り。 >>