RED Digital Camera / 秒間60コマの世界。

blog ranking(クリック)

EOS D2000(EOS 1N)のシャッタータイムラグは55ms。
e0110461_0441762.jpg

「秒3コマ」しかないが、20Dに比べると瞬間を押さえるのは、はるかに楽だ。
ただし、正直な所、機材などなんでもいいと思っている。
スポーツ写真で飯を食うなら話は別だが、今は、撮りたい写真が撮れればいい。
手元の機材で表現できるものを求めればいい、それだけの話。
はっきりいっておバカさんだ(笑)。

それでも、興味が尽きないのがアメリカのスポーツ写真の世界。
インターネットでアメリカのスポーツ写真家達の動向を知り、つぶやきを聞くのは面白い。
彼らの間で話題に上がっているデジタルカメラがある。
「RED DIGITAL CAMERA」。デジタルムービーカメラだ。
e0110461_23421574.jpg

秒間60コマ(全てRaw)。12メガピクセル。
基本はムービー用途だが、スチルも撮れる。サンプルはこちら
スティーブン・スピルバーグが、次の映画をこれで撮るらしい。
e0110461_23432973.jpg

アメリカの一線のスポーツ写真家達は、機材の進化で技術と表現が変わる・・・と感じている。
もし、これらの機能が次世代のEOS 1D系カメラに搭載されたら、スポーツ写真に革命が起こるかも知れない。
彼らは真剣にそんなことを考えている。
シャッターチャンスを押さえる技術、ここぞという場面で押さえるカン。
そうした「売り物」の価値が下がり、違う感性、技術、表現を求められる時代が来る、と感じている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

機材も大事だけど、より大きなスタンスで写真を捉え、そして磨くべきものがある。
もちろん、蓄積した「技術」は決して無駄にはならないはず。
生意気だけど、僕はそう思っている。
e0110461_23424896.jpg

e0110461_234451.jpg

人気blogランキングへ。 ← すげーー、なんじゃこれ!と思ったらお願いね(笑)。
[PR]
by Pombo_Brasil | 2007-07-07 00:40 | サッカー・プロ
<< SportsShooter.com 緊急掲載 / ちょっといい男。 >>