勝者の時間

blog ranking(クリック)
e0110461_21244342.jpg

写真ブログ仲間のカプチさんも奮戦していることだし、今日は硬派ネタで。

試合はあっけなく決まった。

カウンター気味になった攻撃から、交代したばかりの選手2人が敵陣にボールを持ち込んで勝ち越しゴール。
あとは地方試合独特の展開・・・・。

わざと相手選手にぶつかってはこけて痛がる。
試合は中断、時間稼ぎ。勝つためならなんでもやる。
地方のプロ試合で、最近はやりの「シミュレーション」という反則はまず取らない。

ブラジル人は「したたか」だ。
純粋さとしたたかさが同居した面白い人達だと思う(笑)。

試合終了の笛が聞こえた。

選手達を笑顔で迎えるコーチ陣。
交代して結果を出した選手2人が監督・コーチに抱きかかえられる。

ファインダーの中でその笑顔を見て震えがきた。

「勝者にのみ許された“癒し”の時間」がそこにあった。
e0110461_21251180.jpg

世の大人達よ、子供達に「闘うこと」を教えよう。

敗者が辿る現実がどれほど厳しいか、「勝ち組」のあなたたちが一番よく分かっているはずだ。

「ゆとり」という言葉で多くの子供達の将来を奪い、今また、わけのわからない言葉で現実を濁す。
「敗者」に残されるものはない。すくなくとも現実世界では。

努力し、闘ったからといって勝てるわけではない。

ただし、闘った者にしか分からない世界がある。
人生の充足感がある。

試合になると目を血走らせる選手達の透きとおった笑顔を見ながら、この写真を伝えなくてはならない、と思った。
e0110461_21253522.jpg

追記:
ブレ写真で申し訳ありません(汗)。

人気blogランキングへ。なにか感じるものがあった方、ランキングアップにご協力お願いします。
[PR]
by Pombo_Brasil | 2007-03-02 20:43 | サッカー・プロ
<< 仲良し3人組 帰り道 >>