EF300 2.8L IS & EOS 7D

e0110461_8344030.jpg

e0110461_9181438.jpg

e0110461_8305082.jpg

e0110461_8321678.jpg

EF300 2.8L IS & EOS 7D。写真は全てほぼノートリミング。
この組み合わせ、デイゲームに限って言えば反則級の撮りやすさ(実戦投入済)。
必要があるからこその単焦点大口径なのだが、うーむ凄い。
これでEOS-1Dマーク4と新型ヨンニッパの組み合わせになったらいったいどうなるのか。
そのうち、この組み合わせも必要になるでしょう。
(EOS 7Dはいいカメラなんですが、夕方以降やナイターは駄目。コントラストが落ちるとAFの限界が露呈)

あとは、望遠単焦点でどのように「自分の写真」を構築するかだね。

それと、EOS 7D搭載のオートライティングオプティマイザ。色々と試してみました(今日の写真は機能オフ)。
確かに、後処理の必要性が少なくなって楽ではあるけど、予測の出来ない怖さがある。
「え?なんでこのシチュエーションでいきなりオーバー?」。これが本番で出ると怖すぎ。
実戦では、今の所封印したほうがいいとの結論。
スピードライトを多用する現場では効果があるかも。

ま、今日はこんなところで。
[PR]
by Pombo_Brasil | 2011-07-08 09:09 | サッカー・プロ
<< お先真っ暗 戦術確認 >>