予測と対応

この写真は「近況」の一コマ前の写真です(先の写真は画面左右のみをトリミング)。
e0110461_0365165.jpg

サッカー写真は予測が大事ですが、特に僕のように右目の視力がほとんどなく左目でファインダーを覗くフォトグラファーには、予測という行為が非常に重要になります。
フリーキックが蹴られた後に、裸眼でスピードや角度から落下地点を予測、すぐにファインダーをのぞきます。
もちろん、それ以前にも選手の動きを見ながら落下地点の予測は行います。
撮影はあくまでシングルショット(ドライブモードは高速連射に設定)が中心、連射でいい瞬間は撮れません。選手達の動きを撮影しながら、予測にしたがってアングルを変更、この場合は左にカメラを振ります。
そうすると、先の「競り合い」のような写真になります。

この写真は中央選手の「眼」に触発されて切った一枚です。
[PR]
by Pombo_Brasil | 2010-02-28 00:43 | サッカー・プロ
<< ダイレクトシュート&号泣 近況 >>